HOME  > コンテンツ  > 中小企業のM&A事情

中小企業のM&A事情

M&Aは今や中小企業にとって身近な存在

M&A成約件数は最近10年間驚異的な増加をしています。特に近年では未上場企業、特に資本金5,000万円以下の中・小規模M&Aが大部分を占めるようになりました。今やM&Aは中小企業にとってすっかり身近な存在となっています。

M&Aによる事業承継ニーズの拡大

近年では、多くの中小企業において、社長が引退するまでの今後数年間のあいだに、事業承継問題を解決しなければならないという事態が発生しています。中小企業M&Aサポートはそのニーズにお応えしていきます。

小規模M&Aの件数は大幅に増えています
  • 資本金1,000万円以下の企業の小規模M&Aの件数が最も多いです。
  • 資本金5,000万円以下の企業のM&Aが約4分の3を占めています。
  • 60歳以上の中小企業のオーナー社長が大幅に増加しており、事業承継問題を抱えています。

M&Aに関する無料相談受付中(秘密厳守)

03-6860-8272(平日9:30〜18:00)

企業価値算定(無料)

メールでのお問い合わせ

 

プリンタ用画面
前
M&Aとは
カテゴリートップ
TOP
次
M&Aの手法

M&Aに関する無料相談受付中(秘密厳守)

03-6860-8272(平日9:30〜18:00)

メールでのお問い合わせ

株式会社中小企業M&Aサポート

M&Aコンサルタントの視点・論点

小規模から中規模M&Aの話題など、中小企業のM&Aについてお届けします。
Facebook
ツイッター