HOME  > コンテンツ  > 第三者へ会社を譲渡する利点

第三者へ会社を譲渡する利点

第三者へ会社を譲渡する利点 ご承知の通り、企業経営においては何事においても変化に適応していくこと・適応できることは非常に重要であり、成長に不可欠な要素であるといわれております。先を見据えて成長を続けようとする企業にとって、時代の変化に合わせた運営や経営方法の選択が多用化してきております。

近年注目されているM&Aを活用した「事業承継」、「会社売却」、「事業譲渡」もまた、時代の変化によってニーズが高まっているものであり、会社の従業員にも経営者にとっても様々なメリットがあります。
こちらでは第三者へ会社を譲渡する利点をご紹介いたします。

存続発展へ向けて

会社を譲渡する大きなメリットは、時代の移り変わりに対応した形で企業の存続を可能にするということです。廃業になってしまうと今まで積み重ねてきた努力も形に残すことができなくなります。
基本的には会社名を変えずに譲渡することが可能なので、長年積み重ねた会社の実績も譲渡することによって形を残したまま継続・存続ができるようになるのです。存続することができるということは、手放した後もさらに発展させることが可能となります。

優秀な人材の雇用継続

優秀な人材をリストラしなくてはいけない状況を招いてしまうのではないかと、不安を抱えられている方もたくさんいらっしゃるかと思います。事業譲渡にこのようなイメージを持たれているか方もいらっしゃるかもしれませんが、実際には第三者に会社を譲渡することによって、優秀な人材のスキルを維持・発展させることが可能になる場合の方が遥かに高いのが実情です。

さらに、譲渡会社の従業員はもちろんのこと、譲渡会社の経営者様と買い手となる経営者にとっては大きなメリットが生まれる可能性の方が高いのも実際といえます。

経営者様の譲渡対価

廃業をしてしまっては多額な損を生み出すことになってしまうケースが多いですが、第三者へ会社を譲渡する際に工夫をすることにより譲渡益に対する税金を低く抑えることも可能になる場合があるので、廃業する場合と比べると多額な手取額を残すことができます。
譲渡を成功させるためには、対価にどのぐらいの差が発生するのか事前に比較してみることをおすすめします。

第三者へ会社を譲渡するメリットはこのようにたくさんあります。企業様からの事業譲渡、会社譲渡に関する相談をお待ちしております。
会社の売却を成功させるポイントもご紹介しておりますので、是非ご参考ください。
秘密を守って無料でお話を聞かせていただきますので、ご安心してご利用いただけます。

 

M&Aに関する無料相談受付中(秘密厳守)

03-6860-8272(平日9:30〜18:00)

企業価値算定(無料)

メールでのお問い合わせ

 

プリンタ用画面
前
救済型(企業再生型)M&Aについて
カテゴリートップ
TOP
次
会社譲渡後の処遇

M&Aに関する無料相談受付中(秘密厳守)

03-6860-8272(平日9:30〜18:00)

メールでのお問い合わせ

株式会社中小企業M&Aサポート

M&Aコンサルタントの視点・論点

小規模から中規模M&Aの話題など、中小企業のM&Aについてお届けします。
Facebook
ツイッター