HOME  > コンテンツ  > 企業価値を高める手段

企業価値を高める手段

企業価値を高める手段 M&Aの成功を実現させるためには、日頃から少しでも企業価値を高めておくことも重要です。実際に企業価値を高めるために、どのようなことが必要なのかについて簡単に触れてみたいと思います。

自社の現状把握

実は、経営者が会社や現場の詳細な状況を把握できていないというのは、意外と珍しいことではありません。
納得できる企業価値で譲渡すためには、交渉をしていくことも重要なポイントになります。より有益な交渉を進めるためには、自社の現状を把握しておく必要があります。
現状を細かく把握しておくと共に、自社の強みとなる部分も把握しておくことをおすすめします。

労務関連の費用を整理する

労務関係の費用を整理することも企業価値を高める手段の一つです。従業員が交通事故や入院をした場合に借入した貸付金などは営業外損失として整理しておきましょう。
M&Aを実現するとなると、従業員の退職も考えられますので、事前に対策をとっておくことが重要になります。
従業員が退職した場合に発生する、退職金や今まで未払いにしていた残業代や社会保険料なども企業価値に大きな影響を与えますので、M&Aを実現させる機会にしっかりと整理しておくことをおすすめいたします。

定性的環境の整備

企業価値を高めるためにこのような手段をとることも大切ですが、価値を高めることに注目するのではなく、値下げ防止対策を取り入れることも重要なポイントになります。
M&A交渉を行う時に欠かすことができない経営管理資料の整備をきちんと行っておくことで、買手に信頼感を与えることができるようになります。

企業価値を高めて会社を売却したいとお考えの経営者様は、どうぞお気軽にご相談ください。秘密厳守による無料相談も行っております。

 

M&Aに関する無料相談受付中(秘密厳守)

03-6860-8272(平日9:30〜18:00)

企業価値算定(無料)

メールでのお問い合わせ

 

プリンタ用画面
前
会社譲渡後の処遇
カテゴリートップ
TOP
次
事業承継における企業価値算定法・その1コストアプローチ

M&Aに関する無料相談受付中(秘密厳守)

03-6860-8272(平日9:30〜18:00)

メールでのお問い合わせ

株式会社中小企業M&Aサポート

M&Aコンサルタントの視点・論点

小規模から中規模M&Aの話題など、中小企業のM&Aについてお届けします。
Facebook
ツイッター