HOME  > コンテンツ  > 中小企業M&Aに関するご質問集  > 事業承継をするにはどのような方法がありますか?

事業承継をするにはどのような方法がありますか?

Q. 自分自身で創業し、長年経営してきました。年齢的なこともあり、経営者人生を引退したいと考えていますが、事業承継をするにはどのような方法がありますか?

A. 事業承継には、親族に引き継ぐ、社員等による事業承継、M&Aを活用し、第三者に引き継ぐ方法、会社の清算があります。

従業員やヘッドハンティングした人物に引き継ぐ方法の場合、個人保証を外すことが困難なケースが多いです。また、特に注意したいのは、会社を清算する場合です。会社を清算する場合、創業者利益を得るどころか、現金の持ち出しになるケースが多いのです。

承継させる後継者がいない場合は、M&Aを活用すれば、個人保証や担保を外すことが出来、創業者利益を手にすることが出来ます。

当社は、経営人生の引退を確実にサポートいたします。ぜひご相談ください。(相談料無料


→無料相談をメールで申し込みたい方はこちら
→無料相談を電話で申し込みたい方は03−6860−8272 まで(電話受付 平日9:30〜18:00)
また、譲渡情報の掲載をご希望の場合は譲渡(売却)情報登録フォームよりご登録をお願いいたします。
譲渡(売却)情報登録はこちら(登録料、掲載料は無料です)

M&Aに関する無料相談受付中(秘密厳守)

03-6860-8272(平日9:30〜18:00)

企業価値算定(無料)

メールでのお問い合わせ

 

プリンタ用画面
前
自分のようなケースでも、後継者を探してもらえるのでしょうか?
カテゴリートップ
中小企業M&Aに関するご質問集
次
自分の子供に会社を引き継いで引退したいと考えていますが、問題なく引き継ぐにはどのようにしたらよいでしょうか?

M&Aに関する無料相談受付中(秘密厳守)

03-6860-8272(平日9:30〜18:00)

メールでのお問い合わせ

株式会社中小企業M&Aサポート

M&Aコンサルタントの視点・論点

小規模から中規模M&Aの話題など、中小企業のM&Aについてお届けします。
Facebook
ツイッター