HOME  > コンテンツ  > 成功事例  > 焼き肉レストランの店舗売却成功事例/理由:後継者問題/事業譲渡

焼き肉レストランの店舗売却成功事例/理由:後継者問題/事業譲渡

  売却企業 買収企業
事業内容 焼き肉レストラン 焼き肉レストランチェーン
売上高 0.7億 30億
エリア 関西 関西
M&Aの理由 後継者不在 新店舗出店(事業拡大)
M&A手法 事業譲 渡
詳細 繁華街の好立地で炭火焼肉を売りにしているX社の社長は67歳。長年の立ち仕事の影響で腰に持病を抱えていました。妻と二人暮らしなので、後継者はおらず、引退して年金暮らしをしたいと考えていました。

一方、同様に関西地域でチェーン展開している焼き肉レストランの社長は41歳で、M&Aを利用して焼き肉店業態から韓国料理への展開も行い、将来は上場を夢見ていました。

幸い売り手には大きな負債がなかったので、秘密保持契約締結後、店舗図面と店舗別収支などを開示しました。買い手が案件に興味を持ったのでトップ面談を行い、面談の中で買い手企業の社長が「私にX社の後継ぎとして頑張らせて頂きたい」と深く頭を下げました。それがきっかけで、売り手と買い手は信頼関係を築くことができ、条件面もスムーズに交渉が進み、3か月という短期間での成約となりました。

M&Aに関する無料相談受付中(秘密厳守)

03-6860-8272(平日9:30〜18:00)

企業価値算定(無料)

メールでのお問い合わせ

 

プリンタ用画面
前
食品スーパーの売却成功事例/理由:後継者問題/株式譲渡→事業譲渡
カテゴリートップ
成功事例
次
調剤薬局2店舗の売却成功事例/理由:資金調達/事業譲渡

M&Aに関する無料相談受付中(秘密厳守)

03-6860-8272(平日9:30〜18:00)

メールでのお問い合わせ

株式会社中小企業M&Aサポート

M&Aコンサルタントの視点・論点

小規模から中規模M&Aの話題など、中小企業のM&Aについてお届けします。
Facebook
ツイッター