HOME  > コンテンツ  > 成功事例  > 調剤薬局2店舗の売却成功事例/理由:資金調達/事業譲渡

調剤薬局2店舗の売却成功事例/理由:資金調達/事業譲渡

  売却企業 買収企業
事業内容 調剤薬局チェーン 大手調剤薬局チェーン
売上高 20億 300億
エリア 首都圏 東北
M&Aの理由 資金調達 新規出店(事業拡大)
M&A手法 事業譲 渡
詳細 首都圏で調剤薬局を4店舗経営しているN社は、近隣病院の改修工事のため、大幅な売上減少に苦しんでいました。N社の社長は今後の借入金返済等を考え、4店舗のうち2店舗を売却し、借入金の圧縮を決意しました。

一方、東北地方で展開している調剤薬局チェーンR社は年間10店舗ペースで出店する計画があり、東北から首都圏に向けて店舗拡大を図っていました。N社から秘密保持契約書を締結後、店舗図面、賃貸借契約書、店舗別収支などを提出してもらい、R社に情報開示を行いました。条件調整等を経て、事業譲渡契約書を締結しました。4店舗のうち2店舗を売却したN社であったが、事業譲渡代金で借入金の大部分を返済できたおかげでキャッシュフローも良好になり、将来的にはM&Aで買収も検討したいと考えるまでになったそうです。

M&Aに関する無料相談受付中(秘密厳守)

03-6860-8272(平日9:30〜18:00)

企業価値算定(無料)

メールでのお問い合わせ

 

プリンタ用画面
前
焼き肉レストランの店舗売却成功事例/理由:後継者問題/事業譲渡
カテゴリートップ
成功事例
次
ホームページ制作会社の売却成功事例/理由:家庭の事情/株式譲渡

M&Aに関する無料相談受付中(秘密厳守)

03-6860-8272(平日9:30〜18:00)

メールでのお問い合わせ

株式会社中小企業M&Aサポート

M&Aコンサルタントの視点・論点

小規模から中規模M&Aの話題など、中小企業のM&Aについてお届けします。
Facebook
ツイッター