HOME  > 中小企業M&Aサポートの代表日記  > M&A  > 経営者や会社の出口戦略について
カテゴリ

中小企業M&Aサポートの代表日記 - 経営者や会社の出口戦略について

経営者や会社の出口戦略について

カテゴリ : 
M&A
執筆 : 
2009-11-16 12:20
中小企業を経営されているオーナー経営者であれば、おそらく一度は考えたことがあると思います。

それは、「自分自身や会社の最後はどうするのか?」についてです。

本来、会社は永続的に経営されていくべきですが、中小企業の場合は現実的には創業オーナーと会社が一体となっており、創業者が引退してしまうとその会社は大きく弱体化してしまうケースが非常に多いのが実情です。

また、銀行などから借入をしている場合や、商材などを掛け仕入をしている場合などは、ほぼ100%個人保証をしていて簡単には外すことができないようになっています。

仮に、社内から後継者候補が出てきたとしても、その新社長に担保提供が可能な個人財産などが豊富にあるとか、経営能力がよほど評価できる経歴や実績がある場合などを除けば、社長交代に対する理解を得るのは非常に困難です。

ケースにもよりますが、現社長に加えて新社長についても連帯保証を重畳的につけなければならないことになり、現社長は連帯保証が付いている以上、経営から退くことがかえってリスクになってしまうことから引退できないということになってしまいます。

それに対して、M&Aは連帯保証人の解除がスムーズに行えるだけでなく、創業者利益を手にしてハッピーリタイアすることが可能になります。

また、会社にメリットのあるM&Aを行うことができれば、買い手企業との相乗効果も得られ従業員の雇用環境の向上や会社がさらに発展できる礎にもなります。

まさにM&Aはオーナー経営者と従業員、取引先といったステークホルダーのWin Winの実現を可能にします。
  • 閲覧 (4909)
« « 2019 1月 » »
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2

M&Aに関する無料相談受付中(秘密厳守)

03-6860-8272(平日9:30〜18:00)

メールでのお問い合わせ

株式会社中小企業M&Aサポート

M&Aコンサルタントの視点・論点

小規模から中規模M&Aの話題など、中小企業のM&Aについてお届けします。

Facebook
ツイッター