HOME  > 中小企業M&Aサポートの代表日記  > M&A  > 訪問介護・居宅介護事業会社3/7:事例3:「こうして私は会社を売却しました。」中小企業のM&A実例
カテゴリ

中小企業M&Aサポートの代表日記 - 訪問介護・居宅介護事業会社3/7:事例3:「こうして私は会社を売却しました。」中小企業のM&A実例

訪問介護・居宅介護事業会社3/7:事例3:「こうして私は会社を売却しました。」中小企業のM&A実例

カテゴリ : 
M&A
執筆 : 
2017-5-8 5:38
「こうして私は会社を売却しました。」中小企業のM&A実例/事例3:訪問介護・居宅介護事業会社のケース(第3回/全7回)〜従業員を託すのに最良な買い手を求めて〜
「戦略上の理由から会社を譲渡」

譲受候補先B社のご紹介
その後引き続き数社を紹介するも交渉が進まない中、A社長が不安を抱き始めたちょうどその頃、B社が譲受を強く希望してきました。B社長はIT関連会社を経営していますが、父親の介護を自ら続けてこられ、介護事業の重要性を痛切に感じていました。早速トップ面談を行ったところ、B社長からA社の営業エリアやA社長の誠実な人柄が気に入ったので、ぜひ話を進めたいとの連絡がありました。

交渉の結果、A社長が譲れない条件として最初から挙げていた、雇用条件が従前どおりに守られることも快諾され、他条件については、弊社に一任頂いていた為、最終的には好条件で調整が出来ました。M&Aスキームは、新会社を設立してA社から訪問介護事業の事業譲渡を受ける形としました。事業譲渡は、契約上の地位は継承されないため、契約関係は全て再契約の必要があり、リスク要因となります。そこは譲渡会社A社長の全面的な協力を得たうえで、いよいよM&Aの実行段階へ進むことになりました。
(第3回終/全7回)
中小企業のM&A実例/事例3:訪問介護・居宅介護事業会社のケース(第1回)
中小企業のM&A実例/事例3:訪問介護・居宅介護事業会社のケース(第2回)
中小企業のM&A実例/事例3:訪問介護・居宅介護事業会社のケース(第4回)
中小企業のM&A実例/事例3:訪問介護・居宅介護事業会社のケース(第5回)
中小企業のM&A実例/事例3:訪問介護・居宅介護事業会社のケース(第6回)
中小企業のM&A実例/事例3:訪問介護・居宅介護事業会社のケース(第7回)
  • 閲覧 (1645)
« « 2019 1月 » »
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2

M&Aに関する無料相談受付中(秘密厳守)

03-6860-8272(平日9:30〜18:00)

メールでのお問い合わせ

株式会社中小企業M&Aサポート

M&Aコンサルタントの視点・論点

小規模から中規模M&Aの話題など、中小企業のM&Aについてお届けします。

Facebook
ツイッター