HOME  > 中小企業M&Aサポートの代表日記  > M&A  > 英会話スクール6/7:事例4:「こうして私は会社を売却しました。」中小企業のM&A実例
カテゴリ

中小企業M&Aサポートの代表日記 - 英会話スクール6/7:事例4:「こうして私は会社を売却しました。」中小企業のM&A実例

英会話スクール6/7:事例4:「こうして私は会社を売却しました。」中小企業のM&A実例

カテゴリ : 
M&A
執筆 : 
2017-7-18 6:26
「こうして私は会社を売却しました。」中小企業のM&A実例/事例4:英会話スクールのケース(第6回/全7回)〜長年の夢であった夫婦で世界旅行へ〜
「会社譲渡決断から僅か3ヶ月でスピード譲渡」

3)筆者による回想録及び分析

(1)M&A成功のポイント
【特色ある英会話スクール】
・講師が全員教員免許を持つネイティブ講師のみなので、利用者の満足度が高い
・ネイティブ講師は英国で現役教師をリクルートし、日本で雇用するノウハウがある

A社の講師は、全員教員免許を持っている外国人講師のみを採用しているので、ただ英語が話せるだけの講師を採用している他の英会話スクールとは違い、利用者の習熟満足度が高いという特長がありました。
また、講師の採用活動は英国で行い、日本で社宅や社員寮等を提供し、トラブルなくしっかりと管理していくノウハウがありました。従来と同様の高レベルの講師を獲得できるよう、講師の採用活動等もしっかり引継ぐことを快諾したことも、買い手の信頼を得、譲受の大きな後押しになったと感じています。

【両社のシナジー効果】
・売り手はITの活用の必要性をした、時代に合ったカリキュラムに切り替えていく必要性を感じており、一方、買い手はパソコン・スマートフォン向けに、英会話事業・幼児教育事業のアプリを運営しており、リアルの店舗のカリキュラムや実績を求めていた。
・買い手にとって、譲受後に自社の事業もA社も双方が伸びる可能性が具体的にしっかりイメージ出来た。

【社長の人間性】
・仲介会社である弊社を信頼してくれ、アドバイスをしっかり聞いてくれた。
・譲渡金額以外の条件について当社に一任してくれた。
・社長自らM&Aに対し真摯に向き合い、誠実に対応した。
(第6回終/全7回)

中小企業のM&A実例/事例4:英会話スクールのケース(第1回)
中小企業のM&A実例/事例4:英会話スクールのケース(第2回)
中小企業のM&A実例/事例4:英会話スクールのケース(第3回)
中小企業のM&A実例/事例4:英会話スクールのケース(第4回)
中小企業のM&A実例/事例4:英会話スクールのケース(第5回)
中小企業のM&A実例/事例4:英会話スクールのケース(第7回)
  • 閲覧 (919)
« « 2019 1月 » »
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2

M&Aに関する無料相談受付中(秘密厳守)

03-6860-8272(平日9:30〜18:00)

メールでのお問い合わせ

株式会社中小企業M&Aサポート

M&Aコンサルタントの視点・論点

小規模から中規模M&Aの話題など、中小企業のM&Aについてお届けします。

Facebook
ツイッター