HOME  > 中小企業M&Aサポートの代表日記  > M&A  > 英会話スクール7/7:事例1:事業部売却!M&Aによる企業再生の道
カテゴリ

中小企業M&Aサポートの代表日記 - 英会話スクール7/7:事例1:事業部売却!M&Aによる企業再生の道

英会話スクール7/7:事例1:事業部売却!M&Aによる企業再生の道

カテゴリ : 
M&A
執筆 : 
2017-11-13 5:35
連載「事業部売却!M&Aによる企業再生の道」
●本業の柱であった事業部門を売却しこれから伸びる事業部門の経営資源にあてた事例:英会話スクールのケース(第7回/全7回)
〜マンション投資事業に注力するため、本業の英会話スクールを売却〜

M&A完了後の買い手の状況
買い手B社長は、従業員発表で問題を引き起こしてしまい、順調な船出とはいかなかったのですが、学習塾チェーン運営で培った生徒確保や講師雇用のノウハウを活かし、英会話スクール事業は好調に推移しているようです。C氏を中心に、従業員との信頼関係も出来てきました。
A社長の頃はスクールの生徒は女性の社会人がほとんどでしたが、今は子供向け英会話レッスンを始めてかなり盛況だそうで、B社長の変革の精神が従業員たちと共有できるようになったようです。

M&A完了後の売り手の状況
一方、売り手A社長は譲渡後弊社がお会いすると、随分印象が違っていました。今まではどちらかというと大人しいイメージのA社長でしたが、表情も明るく晴れやかです。A社長の不動産管理事業が、銀行から求められていた借入金の圧縮も間に合っただけでなく、英会話スクール事業売却益を利用した更なる資金投入によって再生でき、好転したこともあるでしょう。しかし、英会話スクール事業を譲渡したことによって、人を雇用していく重圧から抜け出せたのが、A社長にとっては大きかったようです。
A社長が「人を雇うことは、自分にとってはその人の人生を背負うような気持だった。自分の経営手腕によって、その人の人生を左右してしまう。今は一人でやっているので、本当に気が楽になったよ。」と笑顔で話していたのが印象的でした。
(第7回終/全7回)


事業部売却!M&Aによる企業再生の道/事例1:英会話スクールのケース(第1回)
事業部売却!M&Aによる企業再生の道/事例1:英会話スクールのケース(第2回)
事業部売却!M&Aによる企業再生の道/事例1:英会話スクールのケース(第3回)
事業部売却!M&Aによる企業再生の道/事例1:英会話スクールのケース(第4回)
事業部売却!M&Aによる企業再生の道/事例1:英会話スクールのケース(第5回)
事業部売却!M&Aによる企業再生の道/事例1:英会話スクールのケース(第6回)
  • 閲覧 (66)
« « 2017 11月 » »
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 1 2

M&Aに関する無料相談受付中(秘密厳守)

03-6860-8272(平日9:30〜18:00)

メールでのお問い合わせ

株式会社中小企業M&Aサポート

M&Aコンサルタントの視点・論点

小規模から中規模M&Aの話題など、中小企業のM&Aについてお届けします。
Facebook
ツイッター