HOME  > 中小企業M&Aサポートの代表日記  > M&A  > M&Aのアドバイザーが知る「現場におけるM&Aマナー」/事例1:訪問介護のケース(第2回/全4回)
カテゴリ

中小企業M&Aサポートの代表日記 - M&Aのアドバイザーが知る「現場におけるM&Aマナー」/事例1:訪問介護のケース(第2回/全4回)

M&Aのアドバイザーが知る「現場におけるM&Aマナー」/事例1:訪問介護のケース(第2回/全4回)

カテゴリ : 
M&A
執筆 : 
2015-12-8 22:43
M&Aのアドバイザーが知る「現場におけるM&Aマナー」/事例1:訪問介護のケース(第2回/全4回)

訪問介護事業売却を希望するC社と、歯科医院を複数運営するD社との最初のトップ面談はとても和やかに行われました。M&Aによる両社の事業の相乗効果も明確になり、順調にM&Aが進むかに見えました。

M&Aの条件のすり合わせ
トップ面談を重ねて条件のすり合わせを行いましたが、基本合意直前に売り手C社長が譲渡時期を変更し、半年ほどずらしてほしいと言ったのがきっかけとなり、買い手D社長が、この半年間業務提携を結び、両社で訪問介護事業を運営した後に、改めてM&Aを検討したいと言い出し、結局M&Aは破談となりました。

M&A破談後の両社
売り手C社・・・その後別の譲受希望会社E社をご紹介、幸いにも雇用条件が従前どおりに守られ、好条件で成約に至りました。

買い手D社・・・両社の事業エリアが近隣であり、C社の訪問介護事業の顧客基盤がしっかりしていて従業員のモチベーションが高いため、自社の訪問歯科事業との間に大きな相乗効果が見込めましたが、C社と破談した後、なかなか希望通りの譲渡希望会社と出会えず、譲受完了には至っていません。

M&Aアドバイザーから見たM&A失敗の原因
このケースで、基本合意直前に急にM&Aの交渉が決裂してしまったのには、大きく2つの原因がありました。
(第2回終/全4回)

M&Aのアドバイザーが知る「現場におけるM&Aマナー」/事例1:訪問介護のケース(第1回)
M&Aのアドバイザーが知る「現場におけるM&Aマナー」/事例1:訪問介護のケース(第3回)
M&Aのアドバイザーが知る「現場におけるM&Aマナー」/事例1:訪問介護のケース(第4回)
  • 閲覧 (1873)
« « 2019 1月 » »
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2

M&Aに関する無料相談受付中(秘密厳守)

03-6860-8272(平日9:30〜18:00)

メールでのお問い合わせ

株式会社中小企業M&Aサポート

M&Aコンサルタントの視点・論点

小規模から中規模M&Aの話題など、中小企業のM&Aについてお届けします。

Facebook
ツイッター