HOME  > 中小企業M&Aサポートの代表日記  > M&A  > 進学塾2/7:事例2:「こうして私は会社を売却しました。」中小企業のM&A実例
カテゴリ

中小企業M&Aサポートの代表日記 - 進学塾2/7:事例2:「こうして私は会社を売却しました。」中小企業のM&A実例

進学塾2/7:事例2:「こうして私は会社を売却しました。」中小企業のM&A実例

カテゴリ : 
M&A
執筆 : 
2017-2-20 14:38
「こうして私は会社を売却しました。」中小企業のM&A実例/事例2:進学塾のケース(第2回/全7回)〜基本合意後破談になり、当社へ相談に来られたケース〜

A社の企業価値算定
A社長から「いくらで売れるのか」というご質問があったので、まずは企業価値算定をしました。

【A社の定性面(補足)】
(1)塾講師、家庭教師の派遣、紹介事業も行っている
(2)一般労働者派遣業、有料職業紹介事業の認可を所有している
(3)譲渡後も社長・役員は残留を希望(職位等は相談)

【A社の定量面】
直近売上高:300百万円
直近償却前利益:20百万円
(1)売上は年々減少傾向だが、黒字で推移している
(2)社長含め、役員への貸付金が約40百万円ある
早く譲渡したいというご希望だったことや、直近3期分の決算書やヒアリング、M&Aにおける学習塾の業界動向等から、評価額は8,000万円と算定し、ご提案したところ、ご理解頂けました。

譲受先のご紹介
弊社は譲受先としてB社が最適だと判断しました。B社は不動産管理業ですが、B社長は教育がとても大切だという思いが強く、英会話スクールの譲受を希望していました。
そこで、B社にA社をご紹介しました。A社が集客力があり、某難関校の合格率が業界随一であること等、非常に魅力ある進学塾だということをお伝えしたところ、B社長はすぐにA社長に会いたいとのことでした。
両社のトップ面談でB社長はすっかりA社長の教育論が気に入り、ぜひ話を進めたいとのことでした。
(第2回終/全7回)

中小企業のM&A実例/事例2:進学塾のケース(第1回)
中小企業のM&A実例/事例2:進学塾のケース(第3回)
中小企業のM&A実例/事例2:進学塾のケース(第4回)
中小企業のM&A実例/事例2:進学塾のケース(第5回)
中小企業のM&A実例/事例2:進学塾のケース(第6回)
中小企業のM&A実例/事例2:進学塾のケース(第7回)
  • 閲覧 (1299)
« « 2019 1月 » »
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2

M&Aに関する無料相談受付中(秘密厳守)

03-6860-8272(平日9:30〜18:00)

メールでのお問い合わせ

株式会社中小企業M&Aサポート

M&Aコンサルタントの視点・論点

小規模から中規模M&Aの話題など、中小企業のM&Aについてお届けします。

Facebook
ツイッター