HOME  > お知らせ  > M&A ニュース  > 電子債権応用技術研究所がTranzaxに株式譲渡、完全子会社に
M&A ニュース : 電子債権応用技術研究所がTranzaxに株式譲渡、完全子会社に
投稿日時: 2017-09-11 (64 ヒット)

電子債権応用技術研究所がTranzaxに株式譲渡、完全子会社に

2017.9.8
電子債権応用技術研究所(東京都江東区 EMCAT)は同社の発行済株式の全部を金融とITを融合したFintechベンチャーであるTranzax(東京都港区 EMCAT)に2017年8月31日に譲渡し、連結子会社となった。
電子債権応用技術研究所は金融機関による中小企業の事業性評価業務を支援するサービスを展開している。独自の売掛債権分析トラッキングによる事業性評価に関する技術とシステムを所有。今回の株式譲渡は発行済みの株式100%でこれにより、同社の資本金は300万円から1,000万円に増資となる。

Tranzaxはこの買収により、EMCATの売掛債権評価モニタリングサービスなどの技術や、グループ会社のサービスによる売掛債権の電子記録債権化を組み合わせた新たなフィンテック・プラットフォーム開発を目指す。


【関連情報】
【M&A ニュース】
日立が液晶パネル製造装置事業を譲渡
電気通信工事のミライト・ホールディングスがシンガポールのLAN配線施工会社を買収
焼肉チェーン店「牛角」のレックスがコロワイドの傘下に
スウェーデンのセキュリティサービス会社がNTTコムに株式譲渡
NTTデータがアメリカのIT人材派遣会社を買収へ


印刷用ページ 

M&Aに関する無料相談受付中(秘密厳守)

03-6860-8272(平日9:30〜18:00)

メールでのお問い合わせ

株式会社中小企業M&Aサポート

M&Aコンサルタントの視点・論点

小規模から中規模M&Aの話題など、中小企業のM&Aについてお届けします。
Facebook
ツイッター