HOME  > お知らせ  > M&A ニュース  > ベネッセホールディングスがオンライン英会話サービスのぐんぐんの株式追加取得
M&A ニュース : ベネッセホールディングスがオンライン英会話サービスのぐんぐんの株式追加取得
投稿日時: 2018-02-10 (324 ヒット)

ベネッセホールディングスがオンライン英会話サービスのぐんぐんの株式追加取得

子供向けオンライン英会話サービス

2018年1月17日

通信教育大手のベネッセホールディングスが、オンライン英会話サービスのぐんぐんの株式を追加取得したことが2018年1月17日明らかになった。2015年にベネッセHDとぐんぐんは資本業務提携を締結したが、提携関係を更に強化し、出資比率は34.1%に達する。
ぐんぐんはスピーキング力を重視したオンライン英会話サービスを展開しており、日本の英語教育の変革を見据え、ベネッセは実践的な英会話サービスを目指す。

コメント

日本の英語教育は変革期を迎え、2020年度より小学校5年生からの英語教育スタート等、小学校・中学校・高校のすべてのフェーズにおいて、英語教育が導入されます。英語の「読む、聞く、書く、話す」4技能の育成が重視されるようになり、中でも課題と言われているのが話す力と言われています。
今回のベネッセによる資本強化は、子供向け英会話のニーズの高まりを受けたものと思います。
ベネッセは、今後、ぐんぐんと自社の通信教育「進研ゼミ」とを連携させていくことを予定しているようですので、子供達が実践的な英語を学ぶ良い機会になるのではないでしょうか。


印刷用ページ 

M&Aに関する無料相談受付中(秘密厳守)

03-6860-8272(平日9:30〜18:00)

メールでのお問い合わせ

株式会社中小企業M&Aサポート

M&Aコンサルタントの視点・論点

小規模から中規模M&Aの話題など、中小企業のM&Aについてお届けします。

Facebook
ツイッター