タクシー会社(一般乗用旅客自動車運送業)のM&A・会社売却

タクシー会社(一般乗用旅客自動車運送業)を売る・・・

「自分のタクシー会社(一般乗用旅客自動車運送業))はM&Aによる売却は難しいのでは?」
「実際に買い手が現れるのだろうか?」


などとお考えの方、清算や廃業をお考えになる前に一度弊社にご相談下さい。(相談料無料)

きっとお役に立てるアドバイスができると思います。

更新日:2019年2月7日

タクシー会社のM&A-会社売却

 

タクシー会社のM&A・売却の可能性は?

タクシー会社の売却の成功可能性は、総合評価で最高ランクのSランクとなりました。弊社ではタクシー会社の譲渡サポートの実績が多数あり、これまで多くのご相談を頂いております。

弊社データベースには、現在すでに数十社に上るタクシー会社の譲受を希望している企業様の登録がございますので、ご紹介することが可能と存じます。

また、実際に譲渡の交渉行う際に課題となるのが、タクシー会社の場合は運転手の確保が非常に重要となりますので、第一に譲渡後も従業員の継続勤務が最重要課題となります。その他は営業エリアや車両が新型の車両の導入有無や予約センターや配車の担当者の継続勤務等があります。

財務的には、土地建物が自社所有である場合はその不動産の対応や借入金の問題などが挙げられます。

認可の問題等、タクシー会社の売却には様々な検討課題がございます。

もちろん、ケースにより様々ですので、どうぞご遠慮なくご相談ください。

タクシー会社のM&A・売却の可能性、人気度、注目度の弊社データ

 

タクシー会社(一般乗用旅客自動車運送業)

タクシー会社(一般乗用旅客自動車運送業)の市場規模が大きく下落している。市場規模は約2兆2,455億円であったのが、7年間で約2,000億円程度減少している(減少率は7%程度)。

市場規模が縮小しているにもかかわらず、タクシー会社(一般乗用旅客自動車運送業)の事業者数は規制緩和により平成14年の7,046件から大幅に増加し始め平成21年には12,786件と約45% も増加した。

平成21年には規制を再強化したことで、増えすぎたタクシー会社もようやく増加に歯止めが掛かったものの、不景気による消費低迷の影響も大きく受ける業界特性からも非常に厳しい状況が続いている。資金繰りに苦しむタクシー会社も増加している。

このような環境のもと、市場規模に対して事業者数が多すぎる状態であるタクシー会社(一般乗用旅客自動車運送業)のM&Aは活発化すると思われる。

タクシー会社(一般乗用旅客自動車運送業)の経営指標

 

タクシー会社(一般乗用旅客自動車運送業)の動向

・過当競争の中、ユニークな戦略を打ち立てる事で業績を伸ばしているタクシー会社も存在している。

・京都のエムケイは低料金を武器に営業基盤の拡大に成功している。また、福岡のトマト交通は顧客の乗車場所、曜日、時間帯などをデータ化し需要予測を立ることで区立的、効果的な配車を行う事で業績を伸ばしている。

 タクシー会社(一般乗用旅客自動車運送業)の市場規模

 

法人タクシー(一般乗用旅客自動車運送業)の事業者数

 

タクシー会社(一般乗用旅客自動車運送業)のM&Aのメリット

タクシー会社(一般乗用旅客自動車運送業)のM&Aのメリットは、譲渡企業、買収企業別に以下のようなものが挙げられます。

譲渡企業のメリット

後継者問題を解決でき社会的信用を維持したまま安心してリタイアできる
従業員の雇用維持ができる
個人保証や担保を外すことができる
事業の将来不安の解決ができる
創業者利益が得られる

 

買収企業のメリット

規模のメリットを享受できる(原価低減、間接コスト低減など)
新規顧客、新たなノウハウ、優秀な人材などの獲得ができる
成長スピードの飛躍的な向上ができる

 

タクシー会社(一般乗用旅客自動車運送業)のM&Aの案件情報

タクシー会社(一般乗用旅客自動車運送業)の売却情報  タクシー会社(一般乗用旅客自動車運送業)の買収情報

弊社では、タクシー会社(一般乗用旅客自動車運送業)のM&A情報を多数保有しており、リーズナブルな料金体系で小規模なM&Aから本格的なアドバイスを行っております。

非掲載の売却情報・買収情報も多数ございますので、下記「無料相談お問い合わせ先」までお問い合わせ下さい。

無料相談お問い合わせ先

メールにて無料相談 お電話:03-6860-8272 FAXお問い合わせフォーム