HOME  > コンテンツ  > 業界別のM&A  > 人材紹介会社のM&A・会社売却

人材紹介会社のM&A・会社売却

人材紹介会社を売る・・・

「自分の人材紹介会社はM&Aによる売却は難しいのでは?」
「実際に買い手が現れるのだろうか?」


などとお考えの方、清算や廃業をお考えになる前に一度弊社にご相談下さい。(相談料無料)

きっとお役に立てるアドバイスができると思います。

更新日:2019年2月4日

人材紹介会社のM&A-会社売却


人材紹介業のM&A・売却の可能性は?

人材紹介業は人気、注目度ともに高く、売却の可能性の総合評価はAランクと非常に高い評価となりました。たdし、人材紹介会社のコンサルタントによって業績が大きく左右されてしまうような属人的要素がある場合は、要注意となります。

人材紹介業のM&A・売却の可能性、人気度、注目度の弊社データ

 

2018年 人材紹介業M&A動向

平成28年12月の求人広告件数は、前年よりも約2割以上増加。そして平成29年7月において求人サイトと言うインターネットの媒体が、求人広告掲載件数でフリーペーパーの2倍以上の約74万である。

それに総合人材サービスが信用金庫と提携と言う意味でのM&Aを行っており、人材不足への対策を講じている。

また大手企業の求人情報サービス業の売上高は、平成29年2月単独でディップが約33000百万円でトップであるが平成29年3月連結でエン・ジャパンが約32000百円を有しているので、こちらのM&Aをチェックしておくべきである。

他にも平成22年から27年において約3百万人の求人数の増加が見受けられる。ただ内訳として、有料職業紹介事業が約2百6十万人を占めているので無料職業紹介事業より経済的にはこちらに着目を要する。

後、人材派遣業業界では就労ブランクのあるアラフィフ主婦による低単価派遣・紹介サービスも展開されている。しかも職業紹介・労働者派遣業が、全企業478件において前年比で経常利益が約120%も拡大。

2018年 人材紹介業業界の現在の課題

飲食やサービス業などで特に人が足りていないのである。

それに加え、外国人留学生と日本人の要望並びに求人サイトの活用の違いを認識し企業側がそれらをどのように生かしていくべきか考えることが重要。

更には、中小企業においてただ単に人員を得るのではなく大企業に行きがちな有能な人員の確保が望まれている。逆にアラフィフ層だけに着目すると、人材紹介業業界で人材が足りていないにも関わらず、有効求人倍率が0.84倍なので状況が異なる。

2018年 人材紹介業業界の展望

平成29年8月にウィルグループで、外国人向けの広告が掲載され出しており今後M&Aで更に加速する可能性を有している。

また中小企業において、人員獲得の手法が模索されているため、M&Aなどにより大企業を出し抜くような方法が出て来る。

次に、人材紹介市場が平成25年から27年度においてM&Aなどが行われて毎年約200億円以上成長しており、今後も同じかそれ以上の市場拡大が見込める。上記以外にも、民営職業紹介の事業者数が平成24年から27年で1682まで増加してきておりM&Aも使われていることがうかがわれる。

ちなみに、紙媒体に代わってインターネットでの職探しが増してきていることから長期雇用に関するサイトも出現してきている。


担当からのコメント

アラフィフ層だけに限るならば有効求人倍率が0.84倍であることから、そこをもう一度再教育して企業に雇わせるために、教育機関とその層の人材派遣事業者のM&Aにより業界全体の人材不足がなくなっていくのではないかと思います。

また外国人向けの求人サービスがインターネットの場でも拡大しているので、あえて外人を雇用して新たにその本国の言語を学ぶ時間を短縮しその本国の有名企業と日本の企業のM&Aが進んでいくのではないでしょうか。

中小企業では有能な人材が特に足りていないので、アラフィフ層と外国人層の中でも、能力の高い存在と企業とのM&Aが発生することになると思われます。

人材紹介会社のM&Aのメリット

人材紹介会社のM&Aのメリットは、譲渡企業、買収企業別に以下のようなものが挙げられます。

譲渡企業のメリット

後継者問題を解決でき社会的信用を維持したまま安心してリタイアできる
従業員の雇用維持ができる
個人保証や担保を外すことができる
事業の将来不安の解決ができる
創業者利益が得られる

 

買収企業のメリット

規模のメリットを享受できる(原価低減、間接コスト低減など)
新規顧客、新たなノウハウ、優秀な人材などの獲得ができる
成長スピードの飛躍的な向上ができる

 

人材紹介会社の案件情報

人材紹介会社の売却情報  人材紹介会社の買収情報

弊社では、人材紹介会社のM&A情報を多数保有しており、リーズナブルな料金体系で小規模なM&Aから本格的なアドバイスを行っております。

非掲載の売却情報・買収情報も多数ございますので、下記「無料相談お問い合わせ先」までお問い合わせ下さい。

無料相談お問い合わせ先

メールにて無料相談 お電話:03-6860-8272 FAXお問い合わせフォーム


過去の人材紹介業のM&A動向

2017年 人材紹介会社

人材紹介会社を単独で行っている事業者は少なく、人材派遣・請負業と人材紹介会社を兼業でおこなっている会社がほとんどである。

人材紹介会社のサービスは一般登録型、サーチ型、再就職支援型の3つに大別される。

一般登録型は求人会社と求職している個人のマッチングを行い、その仲介をするサービスである。サーチ型とは求人企業のニーズに合わせたスペックの人材を引きあわせていくサービスであり、ヘッドハンティングと呼ぶ場合もある。再就職支援型は企業のリストラなどで大量に人員削減を行う場合などにアウトプレースメントとしての受け皿を人材紹介会社に依頼をし求職者のコンサルティングなども含めたサービスを実施する。

人材紹介会社の再就職支援事業は、本来は景気が悪化すると再就職支援の需用は拡大すると言われている。今後も再就職支援の需用は高まると見られる。

職業紹介・労働者派遣業の経営指標

  

2017年 人材紹介会社の動向

・本来、アウトプレースメントは費用が多くかかることから大企業が大量に人員削減を実施する際に人材紹介会社に依頼し1〜2年程度かけていたが、近年はコスト負担を減らすために半年程度で再就職先を見つけるように要請するようになってきている。

・大手人材サービスの売上高が落ち込んでいる。日経流通新聞「第27回サービス業総合調査」では、平成20年度の人材サービス業の売上前年対比はマイナス3.4%となっている。背景には正社員の求人件数の減少があるとみられる。

・中小企業の人材派遣業、人材紹介業はM&Aによる再編が多く見られる。この流れは今後も続くと見られる。

人材紹介市場規模推移

 


 


M&Aに関する無料相談受付中(秘密厳守)

03-6860-8272(平日9:30〜18:00)

企業価値算定(無料)

メールでのお問い合わせ

 

プリンタ用画面
前
仕出し弁当業(弁当宅配)のM&A・会社売却
カテゴリートップ
業界別のM&A
次
家庭教師派遣業のM&A・会社売却

M&Aに関する無料相談受付中(秘密厳守)

03-6860-8272(平日9:30〜18:00)

メールでのお問い合わせ

株式会社中小企業M&Aサポート

M&Aコンサルタントの視点・論点

小規模から中規模M&Aの話題など、中小企業のM&Aについてお届けします。

Facebook
ツイッター