HOME  > コンテンツ  > 成功事例  > 語学教室、通訳翻訳会社の売却成功事例/理由:戦略的理由/株式譲渡・事業譲渡

語学教室、通訳翻訳会社の売却成功事例/理由:戦略的理由/株式譲渡・事業譲渡


  売却企業 買収企業
事業内容 語学教室、通訳翻訳会社
広告会社
売上高 2億 非公表
エリア 東京 東京
M&Aの理由 戦略的理由
隣接業種への進出
M&A手法 株式譲渡
詳細 A社長が創業しオーナー社長として経営しているA社は都内で年商2億円の4店舗の語学教室に加え、通訳翻訳者の派遣業務等を行っている会社です。

また、A社長は同社の経営以外にも他の会社の役員もしており、そちらの会社の業容が拡大していることもあり、ご自身の経営者としてのキャリアアップを考えた結果、ご自身が創業した会社を売却して、別の会社のCEOに就任することを決意し、当社が会社売却のサポートをさせていただくことになりました。

A社は独立採算を行うために、法人を事業ごとに分けている他、本業以外にビルを複数所有していたことなどから、不動産やその借入金の切り離しなどを税務問題、金融機関との調整等の問題などが多くある中で、小規模M&Aであるため低コストでそれらを実現させなければならず、同社全体像の把握が難しく事業内容に魅力を感じていただける会社は、多くありましたが、なかなか契約に至るところまで進むことができず、1年近くが経過していました。

そのような中で、当社がご紹介をさせていただいたのはB社は同業の翻訳会社です。B社長に事情を説明したところ、状況把握についても積極的に応じてくださるすばらしく聡明な社長でした。

A社長とB社長は何度も面談を重ね、資料をひとつづつ両社で作成、情報共有を行うことで互いの信用は築かれていきました。

結果としてB社長とA社長は商談に半年以上の時間をかけましたが、ひとつの法人は株式譲渡で譲受し、その他の事業は事業譲渡で引き受けるような形で譲渡手続きを行いました。

従業員もひとり残らず雇用され、従業員のモチベーションはこれまで以上に高いもになっていると聞きます。

トップ同士の先へ進めていこうという強い意志と、高い能力に感服させられた案件でした。
関連リンク 【学習塾のM&A買収情報関連】
情報No. 14140011 M&A希望業種は学習塾、希望地域は首都圏。

【業界別のM&A】
学習塾のM&A・会社売却
家庭教師派遣業のM&A・会社売却
英会話学校のM&A・会社売却

【M&Aニュース】
ニッケ/日本毛織がスタンプ販売会社等を買収へ
進学塾・学習塾の名門サンライトアカデミーが成学社へ事業譲渡
パソコン教室「Winスクール」が学究社に株式譲渡へ

M&Aに関する無料相談受付中(秘密厳守)

03-6860-8272(平日9:30〜18:00)

企業価値算定(無料)

メールでのお問い合わせ

 

プリンタ用画面
前
人材派遣会社の会社売却の成功事例/理由:戦略的理由/株式譲渡
カテゴリートップ
成功事例
次
訪問介護の売却成功事例/理由:経営者の病気問題/事業譲渡

M&Aに関する無料相談受付中(秘密厳守)

03-6860-8272(平日9:30〜18:00)

メールでのお問い合わせ

株式会社中小企業M&Aサポート

M&Aコンサルタントの視点・論点

小規模から中規模M&Aの話題など、中小企業のM&Aについてお届けします。
Facebook
ツイッター