HOME  > コンテンツ  > 成功事例  > 化粧品メーカーの売却成功事例/理由:後継者不在/株式譲渡

化粧品メーカーの売却成功事例/理由:後継者不在/株式譲渡


  売却企業 買収企業
事業内容 化粧品メーカー
化粧品販売
売上高 非公表
非公表
エリア 東京 東京
M&Aの理由 後継者不在
隣接事業への参入
M&A手法 株式譲渡
詳細 業歴30年以上の化粧品メーカーであるA社は、自社で工場を持たないファブレスメーカーです。通信販売で会員数およそ1万人のリピーター顧客に対して主に基礎化粧品を販売しています。

A社長は70歳で引退を考える年齢に達し当社にご相談をいただきました。無借金経営の堅実な経営であることや経理出身のA社長による同社の決算書は素晴らしい内容でした。

候補先に対してアプローチを行いましたが、1か月足らずで具体的な候補先企業をご紹介することができました。

B社は化粧品会社以外に、建設会社、不動産会社、貿易会社などの多角経営を行っている会社です。

売り手、買い手の社長同士で行われたトップ面談では、同じ化粧品会社であることから、互いの顧客に互いの商品ラインナップを提供できることや、物流コストの削減なども見込めるなど、両社の相乗効果があることはすぐに分かりました。

その場で条件についても本音でお互い話し合い、事実上その場で譲渡条件や譲渡スケジュールが決まりました。譲渡後はA社長は顧問として会社にのこり、B社のグループの発展に寄与することもその場で決まりました。

その後およそ1週間程度で基本合意調印、その後3週間程度で正式契約調印式が行われました。実質2か月で本案件は成約まで至りました。
関連リンク 【M&Aニュース】
ツルハホールディングスが杏林堂薬局を子会社化へ
資生堂が子会社キナリをスクロールに株式譲渡へ
化粧品口コミサイト@cosme(アットコスメ)運営会社の子会社が北陸の化粧品販売専門店運営会社を買収へ
エーザイフード・ケミカルが三菱ケミカルホールディングスグループに株式譲渡へ
酒造メーカー美少年酒造、健康食品・化粧品メーカーへ事業譲渡
雑貨屋ブルドッグの32.1%を化粧品販売店のアクサスへ譲渡
ヤマノHDが化粧品販売事業の一部を植木商店に事業譲渡
米国大手化粧品会社が資生堂の完全子会社に
サンドラッグ、九州ディスカウント「ダイレックス」を買収

M&Aに関する無料相談受付中(秘密厳守)

03-6860-8272(平日9:30〜18:00)

企業価値算定(無料)

メールでのお問い合わせ

 

プリンタ用画面
前
英会話教室の売却成功事例/理由:戦略的理由/事業譲渡
カテゴリートップ
成功事例
次
ネイルサロンの売却成功事例/理由:家庭の事情/株式譲渡

M&Aに関する無料相談受付中(秘密厳守)

03-6860-8272(平日9:30〜18:00)

メールでのお問い合わせ

株式会社中小企業M&Aサポート

M&Aコンサルタントの視点・論点

小規模から中規模M&Aの話題など、中小企業のM&Aについてお届けします。

Facebook
ツイッター