HOME  > コンテンツ  > 業界別のM&A  > 駐車場のM&A・会社売却

駐車場・コイン駐車場業界のM&A・会社売却

駐車場・コイン駐車場会社を売る・・・

2019.01.30更新駐車場のM&A・会社売却

「自分の駐車場・コイン駐車場会社ではM&Aによる売却は難しいのでは?」
「実際に買い手が現れるのだろうか?」
「駐車場・コイン駐車場会社売却の相場はどれくらいか?」

「売却の手続きはどのようにすれば良いのか?」

「会社をどのような方法で会社を売却することが最適なのか?」
「実際、売却における税金はいくらかかるのか・・・。」

いざ、自分の会社を売却するとなると、多くの疑問があるかと思います。

清算や廃業をお考えになる前に一度弊社にご相談下さい。(相談料無料)
きっとお役に立てるアドバイスができると思います。


2018年 駐車場・コイン駐車場業界

駐車場業とは土地あるいは建物内に自動車を停められるスペースを確保し、利用者にスペースを提供することで対価収益を得ており、営業形態としてはその場で清算し、時間貸しをするコイン式駐車場と一定期間の契約を行う月極駐車場がある。

経営形態としては土地所有者である個人または企業が経営するパターンと、駐車場企業が土地を借り上げて運営するパターンである。駐車場の立地と収容数により収益に上限は決まっているが、一定の収入が見込まれるため、自己所有地であれば安定した経営が可能となる。

2018年 駐車場・コイン駐車場業界M&A動向

近年動向であるが、カーシェアリングサービスが広がりを見せており、中でも企業間のM&Aの動きが激化している。住友商事とakippaはM&Aにより空き駐車場を利用者に提供する仲介サービスを行っている。コンサート開催時間や人気飲食店の繁忙期など駐車場の需要は少なくない。

また観光地においては観光バスの運行が増加し、路上駐車による交通渋滞も発生している。歌舞伎町周辺等では新宿区、東京都整備保全公社、ロッテのM&Aにより、大型バス9台を収容できる駐車場をオープンさせている。

オリックス自動車は日本パーキングとのM&Aにより、日本パーキングの駐車場にカーシェア車両を設置し、拠点を増やしている。郊外などの空き駐車場をオリックス自動車に貸し出き、拠点にすることで知名度アップにつながる。

パーク24では大規模駐車場ですぐにスマホで駐車位置がわかるよう新サービスの実証実験を始めている。
平成28年度貸し駐車場大手の売上高において伸び率が増加傾向にあり、特にM&Aを行った企業は大幅に伸びている。

2018年 駐車場・コイン駐車場業界の現在の課題

近年の駐車場数であるが、平成26年で自動車1万台当たり631ヵ所に対し、翌27年では645ヵ所と微増傾向にあるが、大都市圏の市街地を中心に慢性的な不足状態にある。

そのせいか平成26年の路上駐車の台数は大阪では減少傾向にあるものの、東京特別区内において4万8411台であり、数年横ばいが続いている。

また建物の老朽化から解体が進み、地方都市では小型のコイン式駐車場が増加傾向にある。大阪では競争が激しく、料金の下落が進んでいる。名古屋においては遊休地の増加からコイン式駐車場が増加している。

2018年 駐車場・コイン駐車場業界の展望

 これからカーシェアリングはさらに広がっていくが、企業のM&Aがさらに競争が激しくなることが予想される。

担当からのコメント

空き駐車場を利用したカーシェアリングサービスの動きについて、特に都市部で行われるコンサートにおいては駐車場の問題が多数発生していることから1つの問題解決になるでしょう。
また近年観光に来る外国人の増加から大型バスが収容できる駐車場のオープンは交通渋滞緩和だけでなく、利用者が安心して観光を終えてバスに戻れるメリットがあります。
こうしたM&Aによる企業の駐車場提供は、利用者においても大変便利であり、企業としても知名度や売り上げアップなどメリットが大きいことからこれからもさらに広がりを見せることが予想されます。
駐車場をただ単に作るのではなく、空き駐車場を利用するという無駄のない効率的な利用方法は斬新な発想によるイノベーションによりもたらされたものです。
企業間のM&Aにおいて利用者は便利になりますが、その分競争の激化からどのサービスを利用したらよいか、よりわかりやすいサービスが提供されることが望まれます。

駐車場・コイン駐車場売却/M&Aにおける当社の仲介実績

■関東不動産管理を関東不動産管理へ譲渡。会社売却方法は株式譲渡。
■関東不動産管理を東京ビルメンテナンスへ譲渡。会社売却方法は会社分割。
■東京デイサービスを関東不動産業へ譲渡。会社売却方法は事業譲渡。
■東京ビルメンテナンスを東京不動産管理へ譲渡。会社売却方法は(株式譲渡)。

駐車場・コイン駐車場関連のM&A/売却ニュース

JFEエンジニアリングが機械式立体駐車場・コイン駐車場事業をグループ会社に承継へ

駐車場・コイン駐車場の売却、買収情報

駐車場・コイン駐車場の売却情報

会社売却情報 2010年6月18日東京都、年間売上高1.2億、税前利益1,500万(H22年5月末)

駐車場・コイン駐車場の買収情報

2017年8月23日 買収希望業種:不動産会社、買収予算は応相談、希望地域は千葉
2017年6月10日 買収希望業種:不動産管理会社(賃貸管理)、買収予算は応相談、希望地域は首都圏
2017年5月1日 買収希望業種:不動産会社、買収予算は応相談、希望地域は首都圏
2017年2月26日 買収希望業種:広告事業・不動産事業、買収予算は応相談、希望地域は首都圏
2017年2月26日買収希望業種:不動産賃貸業、不動産管理業、買収予算は応相談、希望地域は首都圏
2017年1月12日買収希望業種:不動産会社、買収予算は応相談、希望地域は首都圏
2016年12月12日買収希望業種:不動産事業、買収予算は応相談、希望地域は関東
2016年7月8日買収希望業種:不動産会社、工務店、買収予算は応相談、希望地域は東京・千葉

M&Aのメリット

譲渡企業のメリット

後継者問題を解決でき社会的信用を維持したまま安心してリタイアできる
従業員の雇用維持ができる
個人保証や担保を外すことができる
事業の将来不安の解決ができる
創業者利益が得られる

 

買収企業のメリット

規模のメリットを享受できる(原価低減、間接コスト低減など)
新規顧客、新たなノウハウ、優秀な人材などの獲得ができる
成長スピードの飛躍的な向上ができる

 

駐車場・コイン駐車場の案件情報

駐車場・コイン駐車場の売却情報  駐車場・コイン駐車場の買収情報

弊社では、駐車場・コイン駐車場のM&A情報を多数保有しており、リーズナブルな料金体系で小規模なM&Aから本格的なアドバイスを行っております。

非掲載の売却情報・買収情報も多数ございますので、下記「無料相談お問い合わせ先」までお問い合わせ下さい。

 

無料相談お問い合わせ先

 

メールにて無料相談 お電話:03-6860-8272 FAXお問い合わせフォーム


過去の駐車場・コイン駐車場のM&A動向

2017年 駐車場・コイン駐車場M&A・売却動向

駐車場・コイン駐車場業界

駐車場・コイン駐車場事業とは、不特定多数の利用者に対して駐車スペースを提供し、時間に応じた利用料を徴収するサービスを行う。駐車スペースの少ない都心部において高い需要がある。

2017年 駐車場・コイン駐車場業界動向

日経流通新聞「第34回サービス業総合調査」によると、業界大手企業を中心に全体的に高い売上伸び率を見せる。利用者が便利に利用できる駐車場・コイン駐車場を目指すことが業界全体の今後の競争課題であり、そのため、すでに新しいサービス展開のノウハウを持つベンチャー企業とのM&A、あるいは提携を目指す企業が現れている。

M&Aや提携の事例としては、大手住友商事がakippaと提携し、利用者登録型駐車場・コイン駐車場の数を現在の3倍の2万箇所に増やす計画だ。大手のパーク24(タイムズ)は「B-Times」という新サービスを展開。土地オーナーとドライバーがウェブを通してスムーズに駐車場・コイン駐車場の貸し借りができるマッチングサービスで、駐車場・コイン駐車場探しに苦労しない未来を目指す。

2017年 駐車場・コイン駐車場業界の現在の課題

土地の数には限りがあるため、駐車施設数の急激な増加は見込めない。そのため、余っているスペースを有効活用する動きがある。土地オーナーが住宅やビルなどで空いているスペースを登録し、借り手のドライバーとマッチングするシェアリングサービスを展開する動きがある。こうした駐車場・コイン駐車場シェアは自動車、家に続く第3のシェアリングエコノミーとして注目されており、すでに大手企業が展開を始めている。ウェブ上でのマッチングサービス構築に強いベンチャー企業とのM&Aや提携を行うことにより、素早い参入が可能となる。

2017年駐車場・コイン駐車場業界の展望

2020年の東京オリンピックに向けて、都心での観光客の急激な増加が見込まれる。こうした背景の中、混雑しない車での移動手段というのがニーズであり、そのため駐車場・コイン駐車場シェアリングサービスが早く社会に浸透していくことと予想される。新しいサービスの導入が迫られる中、業界全体での再編へ向けたM&Aや提携の動きが今後加速していくことが予想される。

担当からのコメント

駐車場・コイン駐車場として利用できる土地の数には限りがあるため、いかにスペースを確保するのかというのが大きな課題として見られます。土地のオーナーと駐車場・コイン駐車場利用者の双方が利用しやすいと感じるサービスをいかに早く作り上げるかが競争のポイントであり、そのため新しい分野への挑戦も積極的に行われている印象があります。

例え駆け出しのベンチャー企業であっても、ノウハウのあるところはM&Aによりどんどん吸収されていくと見られます。東京都心においては2020年というのが大きな節目であり、各企業それまでに新サービスを何としても浸透させたいというのが思惑であり、M&Aの動きが加速するものと思います。


M&Aに関する無料相談受付中(秘密厳守)

03-6860-8272(平日9:30〜18:00)

企業価値算定(無料)

メールでのお問い合わせ

 

プリンタ用画面
前
ガソリンスタンドのM&A・会社売却
カテゴリートップ
業界別のM&A
次
通信教育・eラーニングのM&A・会社売却

M&Aに関する無料相談受付中(秘密厳守)

03-6860-8272(平日9:30〜18:00)

メールでのお問い合わせ

株式会社中小企業M&Aサポート

M&Aコンサルタントの視点・論点

小規模から中規模M&Aの話題など、中小企業のM&Aについてお届けします。

Facebook
ツイッター