HOME  > コンテンツ  > 業界別のM&A  > 塗装工事業のM&A・会社売却

塗装工事業界のM&A・会社売却

塗装工事業を売る・・・

2017.10.06更新塗装工事業のM&A・会社売却

「自分の塗装工事業ではM&Aによる売却は難しいのでは?」
「実際に買い手が現れるのだろうか?」
「塗装工事会社売却の相場はどれくらいか?」

「売却の手続きはどのようにすれば良いのか?」

「会社をどのような方法で会社を売却することが最適なのか?」
「実際、売却における税金はいくらかかるのか・・・。」

いざ、自分の会社を売却するとなると、多くの疑問があるかと思います。

清算や廃業をお考えになる前に一度弊社にご相談下さい。(相談料無料)
きっとお役に立てるアドバイスができると思います。

2017年 塗装工事業M&A・売却動向

塗装工事業

塗装工事業とは、建築工事業と鉄骨橋梁塗装工事業とに大別される。
その塗装工事の対象となり得るものは、建築物のみならず、車両やその他機械に加えて看板など多種多様に渡っている。
塗装工事業全体の傾向としては、小規模なものか家族経営によるものがほとんどを占めていることから、受注が不安定になりつつあり、中堅企業の下請けを余儀なくされることはままあることである。

2017年 塗装工事業 M&A業界動向

国土交通省の調べは、以下のとおりである。

平成25年度における塗装工事業の完成工事高は前年度と比較して1割以上増加している。
他方、同年度において民間の発注者が前年度と比較して4割弱増加し、官公庁であれば、2割5分以上もの増加が認められ、総合すれば3割5分以上もの増加となっている。
平成16年ないし20年に至るまで塗装技能士及び就業者数の総数が減少傾向にあり、平成26年度においては、前年度と比較して15.7%も減少している。
この反面、平成18年ないし27年に至るまで、許可業者数は年々増加傾向している。

近時に多数のリフォーム会社が市場に参入したことにより、このような傾向になっているものと考えられる。

2017年 塗装工事業の課題

廃業を余儀なくされる事例が多発しているために、塗装工事業の廃業が頻出している。
塗装工事業が中堅ないし小規模であることに照らせば、業界再編よりもむしろ中堅以下の統廃合が進捗するものと考えられるが、塗装業界全体の活性化を視野に入れるのであれば、業界全体での再編や果ては海外への展開をも検討していく余地があろう。
さらには、収益力の維持ないし発展の目的のもと、大手建設会社を枢要として異業種との連携や提携などを検討する余地も存するためにM&Aが注視されるべきである。

他方、塗装工事の手抜き工事をしやすい性質に照らせば、調査を透徹させていくという意味でも、M&Aの普及が課題となろう。M&Aの積極的実践により工事の管理も容易になる。

2017年 塗装工事業界の展望

リフォーム工事の需要に連れて、塗装工事業業の需要も拡大しつつあるのが現状である。政府も将来的にリフォームにおける市場規模の拡充を標榜している。これらから予測されることは、リフォーム業界における競争の熾烈化であり、かかる趨勢に塗装工事業界が巻き込まれないようにするためには、国家資格たる塗装技能士の取得やM&Aをさらに積極的に実践していくことが肝要であろう。

また、塗装工事業では、建築物の外見を担うことから、施工が重要視されるために職人そのものの育成が喫緊の課題といっても過言ではない。
従前からの塗装工事業界を取り巻く各支援団体による研修や指導、金銭の支給などの各種取組みに加えて、M&Aの積極的実践があれば、さらなる若手雇用ないしは後継者不足の解決への促進が図られることとなり、塗装工事業界に係る問題点の抜本的解決に至る可能性も期待される。


担当からのコメント

リフォーム工事の需要につれて、塗装工事業の需要も拡大しつつあるのが現状です。政府も将来的にリフォームにおける市場規模の拡充を標榜しています。これらから予測されることは、リフォーム業界における競争の熾烈化であり、かかる趨勢に塗装工事業界が巻き込まれないようにするためには、国家資格たる塗装技能士の取得やM&Aをさらに積極的に実践していくことが肝要かと思われます。

また、塗装工事業では、建築物の外見を担うことから、施工が重要視されるために職人そのものの育成が喫緊の課題といっても過言ではありません。
従前からの塗装工事業界を取り巻く各支援団体による研修や指導、金銭の支給などの各種取組みに加えて、M&Aの積極的実践があれば、さらなる若手雇用ないしは後継者不足の解決への促進が図られることとなり、塗装工事業界に係る問題点の抜本的解決に至る可能性も期待されると思っております。

M&Aのメリット

譲渡企業のメリット

後継者問題を解決でき社会的信用を維持したまま安心してリタイアできる
従業員の雇用維持ができる
個人保証や担保を外すことができる
事業の将来不安の解決ができる
創業者利益が得られる

 

買収企業のメリット

規模のメリットを享受できる(原価低減、間接コスト低減など)
新規顧客、新たなノウハウ、優秀な人材などの獲得ができる
成長スピードの飛躍的な向上ができる

 

塗装工事業の案件情報

塗装工事業の売却情報  塗装工事業の買収情報

弊社では、塗装工事業のM&A情報を多数保有しており、リーズナブルな料金体系で小規模なM&Aから本格的なアドバイスを行っております。

非掲載の売却情報・買収情報も多数ございますので、下記「無料相談お問い合わせ先」までお問い合わせ下さい。

 

無料相談お問い合わせ先

 メールにて無料相談 お電話:03-6860-8272 FAXお問い合わせフォーム


M&Aに関する無料相談受付中(秘密厳守)

03-6860-8272(平日9:30〜18:00)

企業価値算定(無料)

メールでのお問い合わせ

 

プリンタ用画面
前
貸しビル業のM&A・会社売却
カテゴリートップ
業界別のM&A
次
トランクルーム業のM&A・会社売却

M&Aに関する無料相談受付中(秘密厳守)

03-6860-8272(平日9:30〜18:00)

メールでのお問い合わせ

株式会社中小企業M&Aサポート

M&Aコンサルタントの視点・論点

小規模から中規模M&Aの話題など、中小企業のM&Aについてお届けします。

Facebook
ツイッター