HOME  > コンテンツ  > 業界別のM&A  > とんかつ店のM&A・会社売却

とんかつ店のM&A・会社売却

とんかつ店を売る・・・

2017.10.14更新とんかつ店のM&A・会社売却

「自分の会社・店舗ではM&Aによる売却は難しいのでは?」
「実際に買い手が現れるのだろうか?」

などとお考えの方、清算や廃業をお考えになる前に一度弊社にご相談下さい。(相談料無料)
きっとお役に立てるアドバイスができると思います。

2017年 とんかつ店M&A・売却動向

とんかつ店業界

とんかつは油で揚げて作る肉料理のひとつである。
近年、高齢化や共働き家庭が増加傾向にあり、下準備の手間がかかり、片づけが大変な揚げ物料理を家庭で調理する機会が減っている。
そのため、とんかつは専門店にとどまらず、ファミリーレストランや弁当など多様な業態で提供されている。
すかいらーくグループやコロワイドなどの外食産業大手企業も続々と業界に参入し、それぞれ企業の持ち味を生かしたとんかつ店をオープンさせている。
とんかつ業界は現在も成長し続けている業界のひとつであると言える。

2017年とんかつ店M&A業界動向

2015(平成27)年のとんかつチェーン売上高で業界2位のアークランドサービス(以下A社)は、とんかつ専門店「かつや」などの飲食店を直営およびFCで展開している。
昼間の時間帯だけでなく、早朝夜間等のシフト勤務の顧客の取り込みにも力を入れており、最近では朝の時間帯に提供するメニューのバリエーションを増やしている。
メニューの入れ替えも数か月単位の短いスパンで積極的に行っており、新規客はもちろん、リピーターの獲得も視野に入れている。
2017年には都内をはじめ全国に「野菜を食べるカレーcamp」などのカレー専門店を展開しているバックパッカーズ(以下B社)とM&Aを行った(A社がB社を買収)。
とんかつとカレー、それぞれのジャンルで専門店を展開してきたA社とB社が互いの経営ノウハウを活かしながら業界の成長に一役買えるとの考えから今回のM&Aに至った。



2017年とんかつ店業界の現在の課題

食材の独自性を打ち出す、メニューの見直し、季節商品を取り入れる等の工夫をすることが引き続き求められる。
例えば豚肉や付け合せの野菜、米などはブランドや有機栽培などこだわりの銘柄や製法を用いる、専門店であっても、とんかつ以外のメニューの導入や、キャベツや米飯、味噌汁等のサイドメニューのお替りは無料にする等、今まで以上に顧客を満足させるサービスを提供することが重要である。
ファミリーレストラン等の多ジャンルの外食を手掛ける企業とのM&Aを行うことはメニューやサービスに専門性と汎用性が組み合わさり、業界活性化に有効な手段の一つである。
前述のA社の例のようにとんかつ業界でもM&Aを行う企業をもっと増やしていく必要がある。


2017年とんかつ店業界の展望

とんかつ料理は量が多く、カロリーも高い事から男性向けの料理というイメージがいまだに根強い。
業界の更なる活性化に向けて今まで取り込めていなかった層にも利用してもらう事が重要である。
それには小食な人や高齢者、低カロリー志向の女性、ファミリー層の獲得には彼らにもオーダーしやすく、食べやすい内容や量のメニューの開発が必要となってくる。
若い女性やファミリーに人気のある外食チェーンなどとM&Aを行う事で、カフェのようなおしゃれな内装の店舗や見た目にもきれいで程よい量のメニューなど幅広い客層を呼び込めるチャンスが増えてくると思われる。

担当からのコメント
とんかつは自宅で作るより外食する料理として多数の顧客に求められています。
多様化する外食産業で、専門店としての特性を打ち出すだけでなく、他のジャンルの飲食店を展開する企業とM&Aを行う事で老若男女誰もが食べたくなるようなメニューを展開できるチャンスが増えると思われます。
特に女性客は口コミ力が強いですから女性の獲得は必須です。カフェや健康志向の料理を得意とする企業とM&Aを行なえば、これまでとんかつやボリュームのある肉料理を敬遠していた女性客も取り込め、より一層とんかつ業界の活性化が期待できるのではないでしょうか。

とんかつ店売却/M&Aにおける当社の仲介実績

■東京ラーメンFCを埼玉飲食店へ譲渡。会社売却方法は事業譲渡。
■関東飲食店を関東寿司チェーンへ譲渡。会社売却方法は事業譲渡。

とんかつ店関連のM&A/売却ニュース

サントリーがファーストキッチンをウェンディーズに株式譲渡
たこ焼チェーン「築地銀だこ」などの運営会社ホットランドがマレーシアに合弁会社設立

とんかつ店関連の売却、買収情報

とんかつ店関連の売却情報

会社売却情報 2016-3-28 東京都、神奈川県、年商1億円程度
会社売却情報 2016-1-23 東京都内、非公表(純資産7,000万円)
会社売却情報 2015-4-13 首都圏、年商1.5億円程度、利益1000万円程度
会社売却情報 2009-10-12 東京都、売上高 3億円
会社売却情報 2009-10-12 東京都、売上高 9,800万円

とんかつ店関連の買収情報

2017-8-23 買収希望業種:飲食店、買収予算は応相談、希望地域は関東、静岡
2017-8-23  買収希望業種:飲食事業会社、買収予算は応相談、希望地域は全国
2017-6-10 買収希望業種:飲食店(重飲食、軽飲食、スイーツ)のチェーン店、買収予算は応相談、希望地域は全国

とんかつ店M&A、譲渡関連ページ

小売・飲食業のM&Aについて

M&Aのメリット

譲渡企業のメリット

後継者問題を解決でき社会的信用を維持したまま安心してリタイアできる
従業員の雇用維持ができる
個人保証や担保を外すことができる
事業の将来不安の解決ができる
創業者利益が得られる

 

買収企業のメリット

規模のメリットを享受できる(原価低減、間接コスト低減など)
新規顧客、新たなノウハウ、優秀な人材などの獲得ができる
成長スピードの飛躍的な向上ができる

 

とんかつ店の案件情報

とんかつ店の売却情報  とんかつ店の買収情報

弊社では、とんかつ店のM&A情報を多数保有しており、リーズナブルな料金体系で小規模なM&Aから本格的なアドバイスを行っております。

非掲載の売却情報・買収情報も多数ございますので、下記「無料相談お問い合わせ先」までお問い合わせ下さい。

無料相談お問い合わせ先

メールにて無料相談 お電話:03-6860-8272 FAXお問い合わせフォーム

M&Aに関する無料相談受付中(秘密厳守)

03-6860-8272(平日9:30〜18:00)

企業価値算定(無料)

メールでのお問い合わせ

 

プリンタ用画面
前
米卸売業のM&A・会社売却
カテゴリートップ
業界別のM&A
次
回転寿司店のM&A・会社売却

M&Aに関する無料相談受付中(秘密厳守)

03-6860-8272(平日9:30〜18:00)

メールでのお問い合わせ

株式会社中小企業M&Aサポート

M&Aコンサルタントの視点・論点

小規模から中規模M&Aの話題など、中小企業のM&Aについてお届けします。

Facebook
ツイッター