HOME  > コンテンツ  > 業界別のM&A  > カレー専門店のM&A・会社売却

カレー専門店のM&A・会社売却

カレー専門店を売る・・・

2017.10.18更新

「自分の会社・店舗ではM&Aによる売却は難しいのでは?」
「実際に買い手が現れるのだろうか?」

などとお考えの方、清算や廃業をお考えになる前に一度弊社にご相談下さい。(相談料無料)
きっとお役に立てるアドバイスができると思います。

カレー屋のM&A-会社売却

2017年 カレー専門店M&A・売却動向

カレー専門店業界

カレーライスは、ラーメンと並んで国民に広く認知されている食であり、年代問わず、小さな子どもからご年配の方まで人気がある食である。サラリーマンや学生の間で人気が高く、業界自体の需要は安定している。チェーン店もあるが、個性的なカレーを提供する店舗も多いため、さまざまな種類のカレーを楽しむことが出来る。

2017年カレー専門店のM&A動向

●京王電鉄子会社のレストラン京王は、主力のカレー店「カレーショップC&C」を沿線外に拡大することになった。さらに国内の高価格帯の店舗を開いたのに続き、中国・上海にも展開を進める予定とのこと。また、京王電鉄沿線の人口増が見込めないため、今後は沿線外での店舗展開を進めていく方針。
看板メニューのスパイシーカレーは、エビフライや野菜が添えられて1300円と他のチェーン店や店舗と比べても高い価格での訴求をしている。

●低価格「一杯200円」でカレーを販売するチェーン店「原価率研究所」が急成長している。ごはん300グラム、カレールー300グラムと一見ココイチと変わらないボリュームのカレーで低価格を実現している。
提供価格を限界までコストカットするかわりに、サービス面(水、エアコン、ティッシュ)は全てなしを切り詰めてさらに徹底した厨房作業や従業員の運営管理などの合理化によってこの価格が実現した。今後も首都圏で50店舗の運営を近年目指す。

2017年カレー専門店業界の展望

「200円カレー」といった低価格帯のカレー店が現れ、従来のカレー店の常識、既成概念にとらわれないビジネスモデルを実現している。こうした新しいビジネスモデルを構築、顧客に受け容れられることができるお店は、競合ライバルが多いカレー店業界でも収益を生み出しやすい勝ち組に名乗り出ることが可能かと思われる。

担当からのコメント
カレー専門店は、他の業界(例えば牛丼など)と同様、高価格帯で、サービスの充実を重視し店舗と、極限まで低価格に切り詰めて値段で勝負した店舗とに分かれてきたと言えます。
どちらを選択するかは消費者のし好によって違いますので、どちらが正解ということはありませんが、双方ともビジョンに従った明確な方向性を持った店舗展開だと考えます。
カレーは広く国民に慕われている食事なので、実際、食べる機会も多いものです。
消費者はその都度いろんな状況(平日・休日、会社員・家族、昼間・深夜、首都圏・地方など)の中、外食をする機会が考えられますが、カレー専門店業界は、消費者が楽しく食事が出来る機会を提供してくれています。
M&Aは店舗を増やしたい、ドミナント展開したい等のニーズにも応えられる手段です。M&Aを利用して、今後もカレー専門店業界が更に活性化することを期待しております。


カレー専門店売却/M&Aにおける当社の仲介実績

■関東飲食店を関東寿司チェーンへ譲渡。会社売却方法は事業譲渡。
■甲信越ミネラルウォーター製造を埼玉飲食業へ譲渡。会社売却方法は事業譲渡。
■関西リサイクルショップを関西飲食業へ譲渡。会社売却方法は事業譲渡。

カレー専門店関連のM&A/売却ニュース

たこ焼チェーン「築地銀だこ」などの運営会社ホットランドがマレーシアに合弁会社設立
ハンバーガーチェーンのモスフードサービス、子会社ラーメン業態「ちりめん亭」を売却

カレー専門店関連の売却、買収情報

カレー専門店関連の売却情報

会社売却情報  2009-10-10東京都、売上高2,500万円
会社売却情報 2016-3-28東京都、神奈川県、年商1億円程度
会社売却情報 2016-1-23東京都内、非公表(純資産7,000万円)
会社売却情報 2015-4-13首都圏、年商1.5億円程度、利益1000万円程度
会社売却情報2009-10-12東京都、売上高3億円

カレー専門店関連の買収情報

2017-8-23 買収希望業種: 飲食店、買収予算は応相談、希望地域は関東、静岡
2017-6-10 買収希望業種: 飲食店(重飲食、軽飲食、スイーツ)のチェーン店、買収予算は応相談、希望地域は全国
2017-2-25 買収希望業種:化粧品メーカー、飲食店、エステ・整体・鍼灸サロン、買収予算は応相談、希望地域は全国
2016-9-4 買収希望業種: 旅館・ホテル・飲食店、買収予算は応相談、希望地域は九州・西日本
2010-1-28  買収希望業種: 飲食店、買収予算は1,000万円程度、希望地域は首都圏

カレー専門店のM&A、譲渡関連ページ

出来るだけ早く売りたい会社に必要なこと出来るだけ早く売りたい会社に必要なこと
小売・飲食業のM&Aについて
会社や事業を売却する際の必要条件


M&Aのメリット

譲渡企業のメリット

後継者問題を解決でき社会的信用を維持したまま安心してリタイアできる
従業員の雇用維持ができる
個人保証や担保を外すことができる
事業の将来不安の解決ができる
創業者利益が得られる

 

買収企業のメリット

規模のメリットを享受できる(原価低減、間接コスト低減など)
新規顧客、新たなノウハウ、優秀な人材などの獲得ができる
成長スピードの飛躍的な向上ができる

 

カレー専門店の案件情報

カレー専門店の売却情報  カレー専門店の買収情報

弊社では、カレー専門店のM&A情報を多数保有しており、リーズナブルな料金体系で小規模なM&Aから本格的なアドバイスを行っております。

非掲載の売却情報・買収情報も多数ございますので、下記「無料相談お問い合わせ先」までお問い合わせ下さい。

無料相談お問い合わせ先

メールにて無料相談 お電話:03-6860-8272 FAXお問い合わせフォーム

M&Aに関する無料相談受付中(秘密厳守)

03-6860-8272(平日9:30〜18:00)

企業価値算定(無料)

メールでのお問い合わせ

 

プリンタ用画面
前
うどん店のM&A・会社売却
カテゴリートップ
業界別のM&A
次
管工事業のM&A・会社売却

M&Aに関する無料相談受付中(秘密厳守)

03-6860-8272(平日9:30〜18:00)

メールでのお問い合わせ

株式会社中小企業M&Aサポート

M&Aコンサルタントの視点・論点

小規模から中規模M&Aの話題など、中小企業のM&Aについてお届けします。

Facebook
ツイッター