HOME  > コンテンツ  > 業界別のM&A  > 福祉機器製造業のM&A・会社売却

福祉機器製造業界のM&A・会社売却

福祉機器製造業を売る・・・

2017.12.01更新福祉機器製造業のM&A・会社売却の写真

「自分の福祉機器製造業ではM&Aによる売却は難しいのでは?」
「実際に買い手が現れるのだろうか?」
「福祉機器製造業売却の相場はどれくらいか?」

「売却の手続きはどのようにすれば良いのか?」

「会社をどのような方法で会社を売却することが最適なのか?」
「実際、売却における税金はいくらかかるのか・・・。」

いざ、自分の会社を売却するとなると、多くの疑問があるかと思います。

清算や廃業をお考えになる前に一度弊社にご相談下さい。(相談料無料)
きっとお役に立てるアドバイスができると思います。

2017年 福祉機器製造業 M&A・売却動向

2017年 福祉機器製造業業界

福祉機器製造業界とは、介護作業を支援する介護用ロボットなど、福祉や介護に関連する機器を製造する業界である。矢野経済研究所によると、介護用ロボットの市場規模(メーカー出荷額)は、平成26年度に約2億円だったのが、翌27年度には10億円を超え、今後も3年後の平成30年度には70億円以上にまで発展するという予測だ。介護現場の実態は、介護ニーズは向上しているものの、労働人口の減少から人材不足が深刻化しているため、M&Aなどによって介護ロボットの実用化や普及が待ち望まれている。

2017年 福祉機器製造業業界 M&A動向

大和ハウス工業は、介護機器の販売を開始し、ロボット開発のサイバーダインに出資している。大和ハウス工業は、商品製造をサイバーダインのような外部企業に委託し、販売のみ自社の営業部門が担当している。川崎重工業は、シスメックスと共同出資するメディカロイで、手術用ロボットを平成31年までに開発・投入することを決定している。安川電機は、イスラエルのリウォーク・ロボティクスが開発した装着型歩行支援装置を販売開始した。自動車メーカー,電機メーカー,部品メーカーといったロボットメーカー以外の企業による福祉用ロボット開発への参入も増えており、M&Aなどの事例も増えれば、今までロボットとは縁のなかった技術者にも活躍の可能性が広がっている。

2017年 福祉機器製造業界の現在の課題

福祉型ロボット関連の課題は、製造・販売については開発・導入ともに多額の費用が掛かることと、実用化や普及化に必要な安全性や基準の確立である。開発・導入コストの懸念は補助金の活用などで解消することができるため、顧客への情報提供で解決できる。安全性や基準については、国として基準の策定や国際標準化の推進を行い、導入支援につながる制度設計や法整備が求められる。現場ニーズもあり、市場規模も拡大しているため、介護現場と開発企業との連携が必要である。その手段の1つとして、技術と資本で役割分担するといった目的でのM&A活用は、業界の課題解決に役立つだろう。

2017年 福祉機器製造業業界の展望

政府は財政・経済政策に沿った社会保障改革を進め、介護ロボットの開発だけでなく普及支援や導入支援も行い、また同時に介護報酬,人員配置,施設基準の見直しも進めている。介護ロボットは今後、高性能化だけでなく、現場職員のニーズに対応した製品を低コストで実現し、導入しやすくすることが求められている。市場規模の拡大とともに多くの企業が参入しているが、これからは得意分野に特化したり、M&Aなどによる企業連携で市場を活性化する必要がある。福祉機器製造業界は、より一層人材不足が加速するため、介護ロボットの普及は急務だ。技術や専門性のさらなる向上を目指す上では、M&Aの事例も増えていくと予想される。

担当からのコメント

福祉機器製造業界は、市場規模が拡大しています。1年で5倍以上になった年もあり、今後も増えていくと予想されています。介護現場での人材不足という課題の解消にも役立つため、今後の期待は大きいです。
今後は、実用化する上で不安視されている安全性などをクリアするためにも、他業種メーカーとの連携による専門性の向上が必要とされています。M&Aを活用し、先進的な技術を大手メーカーに買い取ってもらうことで、技術者の増員や設備投資の拡大なども可能となります。介護ロボットの普及は、日本社会にとって大きな貢献となるため、福祉機器製造業界のM&A案件はこれから広がっていくことと思います。



M&Aのメリット

譲渡企業のメリット

後継者問題を解決でき社会的信用を維持したまま安心してリタイアできる
従業員の雇用維持ができる
個人保証や担保を外すことができる
事業の将来不安の解決ができる
創業者利益が得られる

買収企業のメリット

規模のメリットを享受できる(原価低減、間接コスト低減など)
新規顧客、新たなノウハウ、優秀な人材などの獲得ができる
成長スピードの飛躍的な向上ができる

 

福祉機器製造業の案件情報

福祉機器製造業の売却情報  福祉機器製造業の買収情報

弊社では、福祉機器製造業のM&A情報を多数保有しており、リーズナブルな料金体系で小規模なM&Aから本格的なアドバイスを行っております。

非掲載の売却情報・買収情報も多数ございますので、下記「無料相談お問い合わせ先」までお問い合わせ下さい。

無料相談お問い合わせ先

メールにて無料相談 お電話:03-6860-8272 FAXお問い合わせフォーム


M&Aに関する無料相談受付中(秘密厳守)

03-6860-8272(平日9:30〜18:00)

企業価値算定(無料)

メールでのお問い合わせ

 

プリンタ用画面
前
家具製造業のM&A・会社売却
カテゴリートップ
業界別のM&A
次
スポーツ用品製造業のM&A・会社売却

M&Aに関する無料相談受付中(秘密厳守)

03-6860-8272(平日9:30〜18:00)

メールでのお問い合わせ

株式会社中小企業M&Aサポート

M&Aコンサルタントの視点・論点

小規模から中規模M&Aの話題など、中小企業のM&Aについてお届けします。

Facebook
ツイッター