HOME  > コンテンツ  > 業界別のM&A  > スポーツ用品製造業のM&A・会社売却

スポーツ用品製造業界のM&A・会社売却

スポーツ用品製造業を売る・・・

2017.12.01更新

スポーツ用品製造業のM&A・会社売却の写真

「自分のスポーツ用品製造業ではM&Aによる売却は難しいのでは?」
「実際に買い手が現れるのだろうか?」
「スポーツ用品製造業売却の相場はどれくらいか?」

「売却の手続きはどのようにすれば良いのか?」

「会社をどのような方法で会社を売却することが最適なのか?」
「実際、売却における税金はいくらかかるのか・・・。」

いざ、自分の会社を売却するとなると、多くの疑問があるかと思います。

清算や廃業をお考えになる前に一度弊社にご相談下さい。(相談料無料)
きっとお役に立てるアドバイスができると思います。

2017年 スポーツ用品製造業 M&A・売却動向

2017年 スポーツ用品製造業業界

スポーツ用品製造業とは、主にスポーツウェアやスポーツシューズ、スポーツに関係する道具全般を製造している事業所のことである。

2017年 スポーツ用品製造業界 M&A動向

日本生産性本部「レジャー白書2016」の報告によると、平成27年度の国内のスポーツ用品市場は前年比の3.0%増という結果になった。健康志向の高まりが増加の要因と言える。
また、大手メーカーは大学とのパートナーシップ契約を結び、運動施設の運用、ユニフォームやTシャツなどオリジナル製品の制作・販売することによって収益を伸ばしている。

近年では、スポーツウェアを街中や職場で着る「アスレジャー」が広がりを見せ、普段着として使える高機能なスポーツウェアの販売が盛んになっている。スポーツメーカーと衣料品メーカーなどの他業種が連携して新たな分野に目を向けることによって今後M&Aが進んでいく可能性が出てきている。別の大手スポーツメーカーはロボット3Dプリンターによるシューズの生産を始める計画をしている。こうした新たな分野の開拓にも、M&Aによる技術提供も必要になってくると考えられる。

2017年 スポーツ用品製造業界の現在の課題

市場規模や出荷額を見ると好調だが、事業所数と従業員数は減少傾向にある。
現在の業界構造は自社ブランドの製造・販売、相手先ブランドへのOEM生産を行なっている形だ。大手スポーツメーカーは研究・開発・生産・販売・広告・宣伝などの業務をすべて自社で行っている。一方で、中小企業の多くは特定の分野に絞ったスポーツ用品を製造。自社では扱っていないスポーツ用品の製造や、特定の用品の製造ノウハウを持っている企業同士のM&Aは今後の課題と言える。

2020年の東京オリンピックに向けてもスポーツ用品市場は活気づいている。オリンピックなどの大きな大会に向けて各メーカーがM&Aを行なうことで市場のニーズに応えることができるならばスポーツ市場にとって効果的と言える。

2017年 スポーツ用品製造業業界の展望

政府が掲げている方針や2020年のオリンピックなどの要因から、今後もスポーツ用品業界の好調は続いていくと考えられる。
大手メーカーと中小企業も今後の新たな需要や変化についていき、機能性・デザイン性を高めるためにM&Aを検討すれば今後の更なる成長が期待できる。

担当からのコメント

他の業界と比べて、スポーツ用品製造業界は近年増加傾向にあります。こうした状況を利用して業績を拡大するためには、スポーツ関連のあらゆる分野に参入していく必要があります。自社の得意とするものだけでなく苦手な分野及び現在は手を付けていない分野に手を広げていくためには、自社にない技術を持つ企業とのM&Aは対応策の一つです。M&Aによって市場の拡大を狙うことができます。
現在は少子高齢化によって労働力が減少傾向にありますし、今後の労働力の増加は期待しにくい状況です。更に、国内の平均寿命が延びていくことによってますます健康志向に拍車がかかっていくことも予想されます。
こうした需要にこたえるためには自社にとって必要な分野を満たす企業とのM&Aを検討することは、スポーツ製造業界を生き残っていく一つの方法と言えます。

M&Aのメリット

譲渡企業のメリット

後継者問題を解決でき社会的信用を維持したまま安心してリタイアできる
従業員の雇用維持ができる
個人保証や担保を外すことができる
事業の将来不安の解決ができる
創業者利益が得られる

買収企業のメリット

規模のメリットを享受できる(原価低減、間接コスト低減など)
新規顧客、新たなノウハウ、優秀な人材などの獲得ができる
成長スピードの飛躍的な向上ができる

 

スポーツ用品製造業の案件情報

スポーツ用品製造業の売却情報  スポーツ用品製造業の買収情報

弊社では、スポーツ用品製造業のM&A情報を多数保有しており、リーズナブルな料金体系で小規模なM&Aから本格的なアドバイスを行っております。

非掲載の売却情報・買収情報も多数ございますので、下記「無料相談お問い合わせ先」までお問い合わせ下さい。

無料相談お問い合わせ先

メールにて無料相談 お電話:03-6860-8272 FAXお問い合わせフォーム


M&Aに関する無料相談受付中(秘密厳守)

03-6860-8272(平日9:30〜18:00)

企業価値算定(無料)

メールでのお問い合わせ

 

プリンタ用画面
前
福祉機器製造業のM&A・会社売却
カテゴリートップ
業界別のM&A
次
ペットフード製造業のM&A・会社売却

M&Aに関する無料相談受付中(秘密厳守)

03-6860-8272(平日9:30〜18:00)

メールでのお問い合わせ

株式会社中小企業M&Aサポート

M&Aコンサルタントの視点・論点

小規模から中規模M&Aの話題など、中小企業のM&Aについてお届けします。

Facebook
ツイッター