HOME  > コンテンツ  > 業界別のM&A  > 半導体卸売業のM&A・会社売却

半導体卸売業業界のM&A・会社売却

半導体卸売業を売る・・・

2017.12.04更新半導体卸売業のM&A・会社売却の写真

「自分の半導体卸売業ではM&Aによる売却は難しいのでは?」
「実際に買い手が現れるのだろうか?」
「半導体卸売業売却の相場はどれくらいか?」

「売却の手続きはどのようにすれば良いのか?」

「会社をどのような方法で会社を売却することが最適なのか?」
「実際、売却における税金はいくらかかるのか・・・。」

いざ、自分の会社を売却するとなると、多くの疑問があるかと思います。

清算や廃業をお考えになる前に一度弊社にご相談下さい。(相談料無料)
きっとお役に立てるアドバイスができると思います。

2017年 半導体卸売業 M&A・売却動向

2017年 半導体卸売業業界

半導体卸売業とは、電気を通す導体と通さない絶縁体の中間物質である半導体を使った電子部品や集積回路、LSIなどの部品販売だけでなく、調達、設計、製造、物流、保守メンテナンスなどの各種サービスも広く提供できる専門卸売業者である。また、M&Aがよく利用されている業界でもある。

2017年 半導体卸売業業界 M&A動向

平成27年度の半導体等電子部品の輸出額は、前年度比5.2%増の3兆8,285億1,300万円、輸入額は前年比3.8%増の2兆8,207億3,600万円(財務省「貿易統計」より)で、大手半導体卸売業8社の平成28年3月期業績からも堅調であることが判る。

このように、従来は半導体が使われなかった様々な製品にも半導体部品が使われ、市場環境が拡大、変化する中で、半導体卸売業には、ビジネスモデルの転換が必須である。
企業規模は、10名以下の小規模零細企業から1000名以上の大企業まであり、事業形態も、特定半導体メーカー製品中心のメーカー系、不特定メーカー製品を扱う独立系、大手総合商社系に分かれる。

平均従業員数は、13.5名で小規模企業が多い特性(TKC経営指標(平成28年版)の「電気機器卸売業(家庭用電気い機器を除く)」より)を持つが、取引先メーカー数は500社を超える。
また製品の技術進化が非常に速いので、最新技術に追随するとともに、顧客に対し技術支援などができる能力も要求される。

このような特性をもつ半導体卸売業界で勝ち残るには、投資を続けつつ需要拡大や取り扱い製品分野の広がりに対し、規模の拡大・確保をしつつ、同時に顧客への技術サービス提供などの能力も高める戦略が必要であり、その手段としてM&Aは有効である。
代理店・特約店契約をメーカーと結び製品販売を行う半導体卸売業は、メーカーとの結びつきが強い。半導体大手メーカー東芝M&Aの決着が、業界のM&Aに影響を与える可能性もある。

2017年 半導体卸売業業界の展望

小規模事業者は、選択と集中への戦略転換により大手が手を出さないニッチ分野の市場確保が不可欠であろう。
取引部品の多様化に対しては、卸売業界の得意とする在庫調整、物流機能、金融機能に加え、技術サービスなどの差別化機能を充実させ、独自の専門分野を持つこともポイントになるであろう。



担当からのコメント

スマートフォンへの半導体需要縮小が懸念される一方で、ガソリンエンジンからモーターへの電気自動車(EV)へのシフトにより車載半導体の需要急増の兆しが見えてきました。自動車産業はすそ野が広いので、半導体卸売業界は新たな顧客開拓も期待できるなど、今後も好調に推移すると思います。

販売先がある程度決まっていて、同一半導体メーカーでのすみ分けもできているのが現状ですが、競争は激しくなり、広い製品選択肢とともに技術支援もできる半導体卸売業であるには、M&Aによる事業買収、合併は、比較的少ないリスクで新顧客や新分野を獲得できる方法だと思います。
半導体卸売業のM&Aは、今後ますます増えていくでしょう。





M&Aのメリット

譲渡企業のメリット

後継者問題を解決でき社会的信用を維持したまま安心してリタイアできる
従業員の雇用維持ができる
個人保証や担保を外すことができる
事業の将来不安の解決ができる
創業者利益が得られる

買収企業のメリット

規模のメリットを享受できる(原価低減、間接コスト低減など)
新規顧客、新たなノウハウ、優秀な人材などの獲得ができる
成長スピードの飛躍的な向上ができる

 

半導体卸売業の案件情報

半導体卸売業の売却情報  半導体卸売業の買収情報

弊社では、半導体卸売業のM&A情報を多数保有しており、リーズナブルな料金体系で小規模なM&Aから本格的なアドバイスを行っております。

非掲載の売却情報・買収情報も多数ございますので、下記「無料相談お問い合わせ先」までお問い合わせ下さい。

無料相談お問い合わせ先

メールにて無料相談 お電話:03-6860-8272 FAXお問い合わせフォーム


553人、年間商品販売額は24兆4407億7700万円。平成28年3月期の大手半導体卸業者の業績トップは、M&Aを積極的に進めているメタルワンで、 売上高約2兆円、当期利益167億円という結果だった。

2017年 半導体卸売業業界 M&A動向

平成27年度の粗鋼生産量は、前年比5.1%減の1億422万9000トン。国内生産は前年割れが続いていたが、平成28年に入り、下げ止まりが見えた。
中国の過剰生産や円高の影響で、本格的な生産量の回復は不透明である。国内半導体生産高は粗鋼、鋼材のどちらも下がっているが、海外企業のM&Aが盛んな影響か、普通半導体輸出量のみ平成26年に比べ、平成27年の輸出量が70万トンと、やや上回っている。

国内半導体製造業は、中国をはじめとする新興国の景気悪化による輸出の鈍化や、急激な為替変動を受けて、芳しくない状況にある。中国は、宝山鋼鉄と武漢鋼鉄のM&Aによる施策等で、半導体の過剰生産を抑える方針だが上手くいっておらず、供給過剰状態が続いている。この問題により、周辺国間で通商問題が盛んに起きている。

また、原油安により、原油を採掘する為の鋼材の需要も下がっており、日本半導体業を取り巻く環境は依然厳しいといえる。
平成27年3月、阪和興業は大阪の半導体・加工製品の卸売業者と、岡山の半導体構造物・鉄筋の工事業者の2社の株式を、全部買収(M&A)した。これにより、地域密着型の半導体流通網を構築する狙いだ。

2017年 半導体卸売業業界の課題

大手半導体メーカーは、原材料の高騰を理由に鋼材の販売価格の引き上げを表明。
また、このまま円高が続けば輸入材が増え、需給バランスが崩れることでさらに価格が高騰する恐れがある。

2017年 半導体卸売業業界の展望

平成28年7〜9月の鋼材需要量は同年4〜6月と比べ4.2%増、前年同期と比べ0.2%減の2404万トンとなる見通し。建築部門では個人消費の低迷により、出店店舗の減少が見られるが、物流施設の需要が堅調に推移すると考えられる為、建設部門全体ではほぼ横ばい。
また、製造部門では、自動車や産業機械への需要増加が期待できる。


担当からのコメント

2020年のオリンピック・パラリンピックの関連施設建設の為、今後半導体材の需要は高まることが見込まれます。しかし、原料価格の高騰や、海外企業による半導体材の輸出参入による収益低下に対抗する為には、M&Aによるコスト削減や技術の補完が必要になると思います。
また、半導体業界は今、最もM&Aによる事業再編に力を入れている業界の一つです。1次流通業者と2次流通業者が合併することで新しい流通経路の獲得、不振在庫の縮小等のメリットが得られます。今後の半導体卸売業は、この厳しい状況を乗り切る為に、ますますM&Aによる企業力の強化が進んでいくと思われます。



M&Aのメリット

譲渡企業のメリット

後継者問題を解決でき社会的信用を維持したまま安心してリタイアできる
従業員の雇用維持ができる
個人保証や担保を外すことができる
事業の将来不安の解決ができる
創業者利益が得られる

買収企業のメリット

規模のメリットを享受できる(原価低減、間接コスト低減など)
新規顧客、新たなノウハウ、優秀な人材などの獲得ができる
成長スピードの飛躍的な向上ができる

 

半導体卸売業の案件情報

半導体卸売業の売却情報  半導体卸売業の買収情報

弊社では、半導体卸売業のM&A情報を多数保有しており、リーズナブルな料金体系で小規模なM&Aから本格的なアドバイスを行っております。

非掲載の売却情報・買収情報も多数ございますので、下記「無料相談お問い合わせ先」までお問い合わせ下さい。

無料相談お問い合わせ先

メールにて無料相談 お電話:03-6860-8272 FAXお問い合わせフォーム


M&Aに関する無料相談受付中(秘密厳守)

03-6860-8272(平日9:30〜18:00)

企業価値算定(無料)

メールでのお問い合わせ

 

プリンタ用画面
前
産業ロボット製造業のM&A・会社売却
カテゴリートップ
業界別のM&A
次
電子マネー事業のM&A・会社売却

M&Aに関する無料相談受付中(秘密厳守)

03-6860-8272(平日9:30〜18:00)

メールでのお問い合わせ

株式会社中小企業M&Aサポート

M&Aコンサルタントの視点・論点

小規模から中規模M&Aの話題など、中小企業のM&Aについてお届けします。

Facebook
ツイッター