HOME  > コンテンツ  > 業界別のM&A  > 福祉用具レンタル会社のM&A・会社売却

福祉用具レンタル会社のM&A・会社売却

「自分の会社ではM&Aによる売却は難しいのでは?」
「実際に買い手が現れるのだろうか?」


などとお考えの方、清算や廃業をお考えになる前に一度弊社にご相談下さい。(相談料無料)

きっとお役に立てるアドバイスができると思います。

 

福祉用具レンタル会社業界

平成12年4月の介護保険制度で要介護者の1割負担で福祉用具レンタルができるようになったことから福祉用具レンタルは在宅介護向けの供給数が急速に増加している。

主な福祉用具レンタル商品としては、医療・介護用ベッド、車いす、歩行器、床ずれ防止用具、手すり、スロープなどが挙げられ、福祉用具レンタル会社、福祉用具レンタル卸売会社を通じてレンタルすることができる。

日本福祉用具・生活支援用具協会によれば、福祉用具の市場規模は2009年で1兆1,184億円であり、福祉用具全体の市場規模は、踊り場から微減の状態になりつつある。しかしながら、家庭用治療器やパーソナルケア関連商品は大きく伸ばしており、全体としての市場規模は微減でありながら、特定の分野は大きく伸ばしていることが見て分かる。
特定の分野が成長している背景には福祉用具レンタルが成長していることが考えられ、今後も福祉用具全体の市場規模はあまり期待出来ないが、福祉用具レンタルによる特定の領域における伸びは期待が出来ると考えられる。

福祉用具の市場規模動向

 

福祉用具レンタル会社業界動向

・高齢化による福祉用具レンタルの成長は期待され、福祉用具レンタル業に対するM&Aにより異業種による新規参入が相次いでいる。また、競争が激化する中で、低価格路線を打ち出す企業と高級化する企業との二極化が見られる。

・高齢者用のシルバーカー、電動いすが増加している。高齢者が増加する中で、シルバーカーの総数が乳母車の総数を上回った。平成19年の乳母車総数は36万台であるのに対し、シルバーカーの総数は39万台となっている。このような事態に伴い、高齢者の電動いす、シルバーカーによる交通事故の増加が問題となっている。

 

M&Aのメリット

譲渡企業のメリット

後継者問題を解決でき社会的信用を維持したまま安心してリタイアできる
従業員の雇用維持ができる
個人保証や担保を外すことができる
事業の将来不安の解決ができる
創業者利益が得られる

 

買収企業のメリット

規模のメリットを享受できる(原価低減、間接コスト低減など)
新規顧客、新たなノウハウ、優秀な人材などの獲得ができる
成長スピードの飛躍的な向上ができる

 

福祉用具レンタル会社の案件情報

福祉用具レンタル会社の売却情報  福祉用具レンタル会社の買収情報

弊社では、福祉用具レンタル会社のM&A情報を多数保有しており、リーズナブルな料金体系で小規模なM&Aから本格的なアドバイスを行っております。

非掲載の売却情報・買収情報も多数ございますので、下記「無料相談お問い合わせ先」までお問い合わせ下さい。

無料相談お問い合わせ先

 

メールにて無料相談 お電話:03-6860-8272 FAXお問い合わせフォーム

M&Aに関する無料相談受付中(秘密厳守)

03-6860-8272(平日9:30〜18:00)

企業価値算定(無料)

メールでのお問い合わせ

 

プリンタ用画面
前
葬儀会社業界のM&A・会社売却
カテゴリートップ
業界別のM&A
次
解体工事業のM&A・会社売却

M&Aに関する無料相談受付中(秘密厳守)

03-6860-8272(平日9:30〜18:00)

メールでのお問い合わせ

株式会社中小企業M&Aサポート

M&Aコンサルタントの視点・論点

小規模から中規模M&Aの話題など、中小企業のM&Aについてお届けします。
Facebook
ツイッター