新着案件

売却情報

最新のM&A売却希望案件

会社売却No. 1971101
業種 ミネラルウォーター製造事業
所在地 甲信越 
業績情報 非公表
希望売却額 700万円(税別)
会社売却方法 応相談
状況 詳細情報入手済み
コメント ・数々の賞を受賞した天然水源とボトリング工場
・工場は小規模工場も十分な製造能力
(ガロンボトル、ペットボトル、スパウト対応の充填機などの工場設備有り)
・水質、水温ともに全国でもトップクラスの高品質な天然水
・天然水の取水権およびプラントの貸与を基本として考慮
・水源の取水権およびプラント(土地建物含む)の譲渡は相談可能
お問い合わせ
関連リンク 【ミネラルウォーター関連の会社売却情報】
情報NO.1870601清涼飲料水製造、酒造会社、九州地方
情報NO.1795501ミネラルウォーター製造事業、甲信越
情報NO.1354301ミネラルウォーター製造販売会社、甲信越
情報NO.1131001ミネラルウォーター製造販売会社、関西
情報NO.1020001飲料水(ミネラルウォーター)製造販売会社(宅配水)首都圏

【ミネラルウォーター事業のM&A成功社長インタビュー】
ミネラルウォーター製造販売会社の譲渡成功社長インタビュー

【ミネラルウォーター事業のM&A成功事例】
実家の家業を継ぐために会社を譲渡/事例1:ミネラルウォーター製造のケース

【ミネラルウォーターのM&A・売却のニュース】
オーストラリアの飲料水メーカーがアサヒグループHDに株式譲渡へ
仏ダノンがミネラルウォーター事業を売却へ
ハウス食品がアサヒ飲料にミネラルウォーター事業を事業譲渡へ

【業界別のM&A】
ミネラルウォーター製造業のM&A

買収情報

最新のM&A買収希望案件

情報No. 18287611
買収希望業種 運送会社
買収予算 応相談
希望地域 神奈川県 厚木付近
その他条件等 運送会社の買収を検討しています。
お問い合わせ この案件へのお問い合わせ

Chusho-ma Channel〜中小企業 M&A サポート動画

拝啓オーナー社長様

実際に会社売却に成功した社長へのインタビューを掲載致しました。
「後継者問題」や「事業の将来不安」等を抱えながら、日々経営に邁進していらっしゃるオーナー社長様に、ぜひ参考にして頂ければ幸甚です。

会社売却成功社長インタビューVol.1

化粧品メーカー創業者元オーナー社長 上津 守様
70歳を契機に、時代の転換を先取りして譲渡を決断

詳しくはこちらへ

人材派遣会社2代目元オーナー社長Vol.2

急逝した先代の父の思いを胸に、会社の事業承継に成功

詳しくはこちらへ

中小企業 M&A サポートの特徴

「M&Aの成約率」、「料金体系」、「安心安全のM&Aシステム」など、当社の特徴を詳しくご説明しております。

企業情報へ

業界別のM&A/会社売却

サービス業

ビルメンテナンスのM&A/会社売却の写真 ビルメンテナンスのM&A/会社売却
ビルメンテナンス会社はビル所有者からビル清掃、ビル設備管理、警備などを総合的に請け負う業種で、清掃管理、保安業務等に特化した会社が多い。
学習塾のM&A/会社売却の写真
学習塾のM&A/会社売却
主に小中学校の放課の後に、有償で学力の補強や学習の補助などをする私設の教育施設。塾、進学塾。
英会話学校のM&A/会社売却の写真
英会話学校のM&A/会社売却
会話を通じて英語を習得する塾。英会話スクール、英会話教室。
IT・情報処理業のM&A/会社売却の写真
IT・情報処理業のM&A/会社売却
情報の処理、情報加工、情報提供にかかわるサービスを行う。情報サービス業。
SI/ソフトウェア開発、システム開発のM&A/会社売却の写真
SI(ソフトウェア開発・システム開発)のM&A/会社売却
システムエンジニア、ソフトウェアエンジニア、プログラマー等が、業務の仕組みを改善するシステムやソフトウェアの開発を行う。
広告代理店のM&A/会社売却の写真
広告代理店のM&A/会社売却
広告を扱う会社の総称。広告会社。
旅行代理店のM&A/会社売却の写真
旅行代理店のM&A/会社売却
交通・宿泊などの要素から構成された旅行商品を、企画・実施、仲介して販売。旅行会社、旅行業者、ツーリストビューローなど。
人材派遣業のM&A/会社売却の写真 人材派遣業のM&A/会社売却
派遣元となる人材派遣会社の登録者を、派遣先/取引先の会社へ派遣して、かつ派遣先担当者の指揮命令のもとで労働を提供する。
コールセンターのM&A/会社売却の写真
コールセンターのM&A/会社売却
顧客への電話対応業務を専門に行う事業所・部門。大手企業の問い合わせ窓口のような、電話回線数や対応するオペレータ人数が多い施設。

他のサービス業のM&A・会社売却を見る

医療・介護業

訪問介護のM&A/会社売却の写真 訪問介護サービスのM&A/会社売却
訪問介護事業所のホームヘルパーが利用者の自宅を訪れ、身体介護や生活援助など、日常生活のサポートをするサービス。

グループホームのM&A/会社売却の写真 グループホームのM&A/会社売却
病気や障害などで生活に困難を抱えた人達が、専門スタッフ等の援助を受けながら、小人数、一般の住宅で生活する社会的介護の形態。
福祉用具レンタル会社のM&A/会社売却の写真
福祉用具レンタル会社のM&A/会社売却
障害者の生活・学習・就労と、高齢者、傷病者の生活や介護、介助の支援のための用具・機器/福祉機器のレンタル会社。
介護用品販売・レンタル会社のM&A/会社売却の写真
介護用品販売・レンタル会社のM&A/会社売却
介護に必要な器具や機器(成人用紙おむつ、浴室用リフト、入浴台、食事台、電動ベッド、介護用歯ブラシなど)の販売・レンタルを行う。
有料老人ホームのM&A/会社売却の写真  有料老人ホームのM&A/会社売却
高齢者の方に、入浴や排泄の介助、食事の提供、介護など、日常生活において必要な支援を行なう生活施設。

他の医療・介護業のM&A・会社売却を見る

不動産業

不動産業のM&A/会社売却の写真 不動産業のM&A/会社売却
主として不動産の売買、交換、賃貸、管理及び、売買・交換・賃貸の代理等行う。そのうち、自ら開発、分譲を行うものはデベロッパーと呼ばれる。
不動産仲介業のM&A/会社売却の写真
不動産仲介業のM&A/会社売却
宅地建物取引業。宅地や建物(建物の一部を含む)の売買、交換または貸借の代理、仲介、斡旋行為を業務として行う営業。

他の不動産業のM&A・会社売却を見る

小売業

調剤薬局のM&A/会社売却の写真 調剤薬局のM&A/会社売却
医薬品の調剤を行う薬局。調剤室を備え、決められた人数の薬剤師の方が常駐して調剤作業を行うことが可能な薬局。
食品スーパーのM&A/会社売却の写真 食品スーパーのM&A/会社売却
食料品の売上構成比が70%以上あるものであり、スーパーマーケットの中で店舗数が最も多い。
ネットショップのM&A/会社売却の写真
ネットショップのM&A/会社売却
インターネット上の仮想店舗。ネット通販、オンラインショッピングとも呼ばれている。販売も購入も全てがインターネット上で行われる。
薬局・薬店のM&A/会社売却の写真
薬局・薬店のM&A/会社売却
薬局は、医師の処方箋に基づいて薬を調剤する医療用薬品と、一般用医薬品(市販薬)のどちらも取り扱うことができる。

給食業のM&A/会社売却の写真
給食業のM&A/会社売却
給食業の中で、施設内で、飲食サービスを行う事業を「集団給食」と呼ぶ。学校給食や社員食堂、病院給食、高齢者施設の給食など。
中古車販売業のM&A/会社売却の写真
中古車販売業のM&A/会社売却
新車ディーラー、中古車卸売業者、オークション等から中古車を仕入れ、販売する。
通販のM&A 通販のM&A/会社売却
無店舗販売の一つで、店舗ではなく、メディアを利用して商品を展示し、アクセスした消費者から注文を受け、商品を販売する方法。

食品宅配業(配食サービス)のM&A 食品宅配業(配食サービス)のM&A/会社売却
女性の社会進出による共働き世帯が増加するに伴い市場規模が増加している。総菜市場と共に簡便性の高い中食市場は増大。
  
仕出し弁当業(弁当宅配)のM&A 仕出し弁当業(弁当宅配)のM&A/会社売却
外食レストランやテイクアウトの弁当屋、惣菜屋などの食品小売業などが自社のサービスの強化の一環等として兼業で行うケースが多い。
  

他の小売業のM&A・会社売却を見る

飲食業

 ラーメン店のM&A ラーメン店のM&A/会社売却
総務省によると、中華そばに対する1世帯当たりの年間支出金額は平成20年で前年比4.4増加の5,634円となっている。
レストランのM&A/会社売却 レストランのM&A/会社売却
日本産業標準分類によれば、レストランは一般飲食店の小分類に食堂・レストランとして分類されている。
持ち帰り弁当店のM&A
持ち帰り弁当店のM&A/会社売却
手ごろな値段で気軽に自宅で食べられることから需要があるが、スーパーマーケット等と競合するため、経営環境が厳しくなってきている。

他の飲食業のM&A・会社売却を見る

運輸業

タクシー会社(一般乗用旅客自動車運送業)のM&A タクシー会社のM&A/会社売却
タクシー業界では、人手不足と運転手の高齢化が同時に進んでいて、中小タクシー会社では採用難による倒産が危惧されている。
運送業のM&A 運送業のM&A/会社売却
運送業は需要が増加している上にドライバー不足のため運賃が増加傾向だが、業者が多く競争激化により赤字経営となる中小運送会社が増加。
引っ越し業者のM&A 引越し業者のM&A/会社売却
引っ越し業界は中小企業・零細業が非常に多い業界であり、一方全国の引越し者数は減少傾向にあり、M&Aによる再編が活発に行われている。

倉庫業のM&A 倉庫業のM&A/会社売却
倉庫会社の種類にはa.普通倉庫業、b.冷蔵倉庫業、c.水面倉庫業の3つがある。

他の運輸業のM&A・会社売却を見る

建設業

電気工事業のM&A 電気工事業のM&A/会社売却
電気工事業は、他工事業からの参入もあり、受注獲得が一層難しくなってきている。今後必要なのは、総合的な品質や安全面での管理体制の構築。
内装工事業のM&A 内装工事業のM&A/会社売却
内装工事業とは、建築工事の最終工程としてテックス工事や室内工事、壁紙工事等を行う他、店舗の外装等を請け負う。
リフォーム会社のM&A リフォーム会社のM&A/会社売却
リフォーム業者を選ぶ際に重視されるのは「工事の質・技術」、「価格」であると言われている。そういう点では口コミが大きく影響するといわれている。
解体工事業のM&A 解体工事業のM&A/会社売却
解体工事業とは、リフォームや店舗改装、更地に戻す、老朽化による取り壊し等様々な理由でビルや住宅等を解体する工事業のことである。
土木工事業(舗装工事業)のM&A 土木工事業(舗装工事業)のM&A/会社売却
機械・装置の効率的な運用、労働力の安定確保による受注体制の安定化などを考慮してM&Aによる合従連衡が多く見られるようになっている。
工務店(住宅建築工事業)のM&A 工務店(住宅建築工事業)のM&A/会社売却
工務店、建設業は28業種の認可があり、許可が必要な業種のM&Aを実施する際には、許認可が引き継がれるかどうかの法的な確認が重要。

他の建設業のM&A・会社売却を見る

卸売業

食品卸売業のM&A 食品卸売業のM&A/会社売却
食料・飲料卸売業の多くは、従業員9人以下の中小企業が多く、卸を取り巻く環境は年々厳しさを増している。

食肉卸のM&A 食肉卸売業のM&A/会社売却
需要が頭打ちになっている状況、二極化している消費者行動から、M&Aは解決策の一つといえる。今後も再編は増加していくものと思われる。
水産卸のM&A 水産卸のM&A/会社売却
水産卸には卸売市場内に店舗を構える場内問屋、卸売市場外に店舗または事務所を持つ場外問屋の2つに大別される。
医療機器卸・商社のM&A 医療機器卸・商社のM&A/会社売却
医療機器卸・商社にはメーカー系の直販・卸企業と独立系医療機器卸・商社の2つに大別される。
包装資材卸のM&A 包装資材卸のM&A/会社売却
主には段ボール、包装紙、紙器などの紙製品を主体としたものと、プラスチック容器、ラップ、袋などのプラスチックを原材料としたものがある。


他の卸売業のM&A・会社売却を見る

製造業

 工作機械製造業のM&A 工作機械製造業のM&A/会社売却
工作機械は主に金属材料を切削、研削する機械のことであり、工作機械の受注額が企業の設備投資の先行指標とされることもある。
印刷会社のM&A 印刷会社のM&A/会社売却
紙媒体の印刷が減少する中、中堅印刷会社のIT分野への進出が目立っている。
土木建築製造業のM&A 土木建設機械製造業のM&A/会社売却
大手土木建設機械メーカーでは、小型から中型建機の減産を拡大する動きがある。
自動車部製造業のM&A 自動車部品製造業のM&A/会社売却
メーカー系部品会社と独立系部品会社に大きく分類される。自動車メーカー系の部品メーカーとは、トヨタ系、ホンダ系、日産系等がある。
計測機器製造業のM&A 計測器製造業のM&A/会社売却
計測器業界は中小メーカーが多い。また、電気計測器はエレクトロニクス産業や鉄鋼、化学、石油精製等、様々な業界で使用されている。
LPG販売業のM&A LPG販売業のM&A/会社売却
全体的に需要が減退しているが、空調用としてGHPの需要が拡大しており、事務所や店舗、工場、住宅でも利用されるようになってきている。
ミネラルウォーター製造業のM&A ミネラルウォーター製造業のM&A/会社売却
ミネラルウォーターには、地下水を汲み上げた天然水、水道水から精製したピュアウォーター、ピュアウォーターにミネラル成分を混成させたものがある。
健康機器製造業のM&A 健康機器製造業のM&A/会社売却
健康機器製造業界は中小企業が多く、特に、単品メーカーは大部分を中小メーカーが占めている。
電子部品デバイス製造業のM&A 電子部品・デバイス・電子回路製造業のM&A/会社売却
新興国のデジタル機器のニーズに合わせ、グローバル化している韓国企業などの買収ニーズが多く見られる。

他の製造業のM&A・会社売却を見る

売却・事業承継をご希望の方

M&A高成約率の5つの理由

中小企業の M&A 成約率実績 No.1「重視するのは成約数ではなく、成約率」です

中小企業の会社譲渡を検討している経営者が重視するのは、

  • 「実際に当社は成約できるのか?」
  • 「いくらくらいで売れるのか?」
  • 「期間はどれくらいかかるのか?」
  • 「従業員の雇用は守られるのか?」
  • 「自社と合った良い相手に譲りたい」

などが多いと思います。 このようなお考えの方に中小企業 M&A サポートは喜んでいただけるよう、日々研鑽を重ねております。

M&A の中身について考えたとき、「従業員や取引先」、「蓄積されたノウハウ」、「経営者や株主」などが重要な要素となります。

つまり、中小企業の M&A の大部分は、「人」と「努力」である、と弊社は考えています。心血を注いで経営してきた会社を譲渡する、弊社は経営者や企業にとって最も重要な局面でサポートするという自覚と自負を持ってコンサルティングをおこなっております。

中小企業の M&A は経営者と弊社の共同作業です

会社売却を決意したとき、M&A を初めて経験される方がほとんどの為「経営者たる自分が一人で対応していかなければならない」と、初めての大きな険しい山を一人で登らなければならないかのようにお考えの方もいらっしゃいます。

M&A を活用して会社譲渡をしようと思うと、初めての大きな険しい山を一人で登らなければならないような不安や、本当にうまくいくのだろうかという疑問が湧くかもしれません。

弊社は、いわばガイド役として、ご依頼者様をサポートいたします。

また、M&A はご依頼者様と弊社との共同作業です。会社譲渡の様々な場面で瞬時の判断や的確な対応力が求められる為、密にコミュニケーションを取る必要があり、担当のアドバイザーとご依頼者様との信頼関係がとても重要となります。

弊社は、経営者様との信頼関係を築き、売り手様・買い手様双方にとってプラスになる M&A を推進して参ります。

成約までやり抜くという強い志を持って中小企業の M&A を推進します

これまで、多くのオーナー経営者のハッピーリタイアをサポートしてまいりましたが、会社譲渡が成就するか否かで、ご依頼者様の状況は大きく変わってまいります。

また、M&A 成功要因のひとつに、売り手オーナー様ご自身の「必ず成約させる」という強い志も必要です。M&A ではご依頼者様と弊社アドバイザーとの二人三脚で進んでいくようなところがあります。諸問題を一つ一つクリアし、成約に結び付けるには、ご依頼者様や売り手様の「必ず成約させる」という強い意志も、弊社アドバイザーにとりましては困難に立ち向かう強い力となります。

M&Aに関する無料相談受付中(秘密厳守)

03-6860-8272(平日9:30〜18:00)

メールでのお問い合わせ

株式会社中小企業M&Aサポート

M&Aコンサルタントの視点・論点

小規模から中規模M&Aの話題など、中小企業のM&Aについてお届けします。

Facebook
ツイッター