HOME  > コンテンツ  > 業界別のM&A  > 介護用品販売・レンタル会社のM&A・会社売却

介護用品販売・レンタル会社のM&A・会社売却

「自分の介護用品販売会社ではM&Aによる売却は難しいのでは?」
「実際に買い手が現れるのだろうか?」


などとお考えの方、清算や廃業をお考えになる前に一度弊社にご相談下さい。(相談料無料)

きっとお役に立てるアドバイスができると思います。

 

介護用品販売・レンタル会社業界

平成19年の介護用品の市場規模は1兆2,608億円であり、介護保険の見直しや景気低迷などの影響により高齢者が急増しているのも関わらず横ばいが続いている。成人向け紙おむつ市場の成長率が伸び悩みを見せ始めている。ここ数年は年率成長率10%以上であったものが平成20年では3%台と大幅に落ち込みを見せた。

介護用品販売店の総数は全国で1,300店舗あると言われており、専門店以外にホームセンターやドラッグツトア、スーパーマーケットでも介護用品の販売を行っており、実際はもっと販売店の数としては多いと思われる。

介護用品の入手方法には、介護用品の購入と介護用品のレンタルがあり、何れも介護保険が適用される。このため、介護用品販売店はアイテムに応じて販売とレンタルを併用してたサービスを行っているところが多い。

 介護用品の市場規模動向

 

介護用品販売・レンタル会社業界動向

・ベビー用品の販売会社がM&Aによる新規事業として介護用品の販売及びレンタルを開始するケースが見られるようになった。

・メーカー系の携帯電話販売会社は、メーカーである自社の強みを活かし、新品携帯電話販売の伸び悩みの対策として修理面やサービスの充実を図ることで利益を確保している。

・商社系の携帯電話販売店を中心にM&Aなどによる中国進出が見られるようになった。伊藤忠商事は中国携帯電話最大手の「北京迪信通商貿股分有限公司」と業務提携を結ぶなどM&A等を上手く活用していく企業が増加していくと見られる。

・中国は7億人以上の契約者数によって支えられる世界最大の携帯電話市場であり、約1億の携帯電話契約年間純増数がある伸長著しいマーケットである。今後も更なる販売数の増加が見込まれる巨大市場であり、大手携帯電話販売店を中心にM&Aによる海外進出が活発化していくと思われる。

・中小企業の携帯電話販売会社は消費低迷や携帯電話販売需用の落ち込み、買い替えサイクルの長期化で経営状況が厳しくなりつつある。また、経営者の高齢化もあることなどからM&Aによる再編が良く見られるようになってきており、この状況はしばらく続くと見られる。

 

介護用品販売・レンタル会社のM&Aのメリット

 介護用品販売・レンタル会社のメリットは、譲渡企業、買収企業別に以下のようなものが挙げられます。


譲渡企業のメリット

後継者問題を解決でき社会的信用を維持したまま安心してリタイアできる
従業員の雇用維持ができる
個人保証や担保を外すことができる
事業の将来不安の解決ができる
創業者利益が得られる

 

買収企業のメリット

規模のメリットを享受できる(原価低減、間接コスト低減など)
新規顧客、新たなノウハウ、優秀な人材などの獲得ができる
成長スピードの飛躍的な向上ができる

 

介護用品販売・レンタル会社の案件情報

介護用品販売・レンタル会社の売却情報  介護用品販売・レンタル会社の買収情報

弊社では、介護用品販売・レンタル会社のM&A情報を多数保有しており、リーズナブルな料金体系で小規模なM&Aから本格的なアドバイスを行っております。

非掲載の売却情報・買収情報も多数ございますので、下記「無料相談お問い合わせ先」までお問い合わせ下さい。

無料相談お問い合わせ先

 

メールにて無料相談 お電話:03-6860-8272 FAXお問い合わせフォーム

M&Aに関する無料相談受付中(秘密厳守)

03-6860-8272(平日9:30〜18:00)

企業価値算定(無料)

メールでのお問い合わせ

 

プリンタ用画面
前
携帯電話販売会社のM&A・会社売却
カテゴリートップ
業界別のM&A
次
引越し業者のM&A・会社売却

M&Aに関する無料相談受付中(秘密厳守)

03-6860-8272(平日9:30〜18:00)

メールでのお問い合わせ

株式会社中小企業M&Aサポート

M&Aコンサルタントの視点・論点

小規模から中規模M&Aの話題など、中小企業のM&Aについてお届けします。
Facebook
ツイッター