HOME  > コンテンツ  > 業界別のM&A  > リラクゼーションのM&A・会社売却

リラクゼーションのM&A・会社売却

「自分のリラクゼーションはM&Aによる売却は難しいのでは?」
「実際に買い手が現れるのだろうか?」

などとお考えの方、清算や廃業をお考えになる前に一度弊社にご相談下さい。(相談料無料)
きっとお役に立てるアドバイスができると思います。

 

リラクゼーション

リラクゼーションには足裏マッサージ店からスーパー銭湯、スパ、岩盤浴、大型温浴施設まで幅広く存在している。

また、マッサージサロン(リフレクソロジーを含む)の市場規模は2006年で2,153億円であり、今後も増加すると見られている。店舗数も増加傾向にあり5万店を超えるといわれている。

立地条件が重要なビジネスであり、雑居ビルに入居しサービス展開をしているところが多い中、近年ではショッピングセンター内や駅中、駅前商業ビルなどでも多く見かけるようになった。成功のポイントは施術のスキルも大切だが、立地が最も重要な要素となっている。

この業界はM&Aは活発に行われている。出店する側にとってはM&Aによる出店は店舗の損益が出店前からある程度把握しやすいことや、出店スピードを速めることが可能であることなどが挙げられる。

マッサージサロンの市場規模 

リラクゼーションの動向

・癒しやストレス解消が目的でスーパー銭湯や健康ランドの温浴施設に対するニーズが増えている。平成19年のスパの市場規模は7,100億円で前年対比で26.8%の大幅増加となっている。

・厚生労働省「衛生行政業務報告」によれば、マッサージ、鍼灸などの施術所数は下図にように増加傾向にある。今後もリラクゼーション、マッサージの市場は伸びると思われる。

 施術所数の推移(ヵ所)

職種 平成14 平成16 平成18
あん摩、マッサージ及び指圧を行う施術所 20,772 20,532  21,822 
はり及びきゅうを行う施術所 14,008 14,993  17,794 
あん摩、マッサージ及び指圧、はり並びにきゅうを行う施術所 32,722  33,601  34,517 
その他の施術所 2,498  3,187  3,219 
柔道整復の施術所  25,975  27,771  30,787 

 (出所)厚生労働省「衛生行政業務報告」

 マッサージ・鍼灸業の総医療費の推移

 

リラクゼーションのM&Aのメリット

リラクゼーションのM&Aのメリットは、譲渡企業、買収企業別に以下のようなものが挙げられます。

譲渡企業のメリット

後継者問題を解決でき社会的信用を維持したまま安心してリタイアできる
従業員の雇用維持ができる
個人保証や担保を外すことができる
事業の将来不安の解決ができる
創業者利益が得られる

 

買収企業のメリット

規模のメリットを享受できる(原価低減、間接コスト低減など)
新規顧客、新たなノウハウ、優秀な人材などの獲得ができる
成長スピードの飛躍的な向上ができる

 

リラクゼーションの案件情報

リラクゼーションの売却情報  リラクゼーションの買収情報

弊社では、リラクゼーションのM&A情報を多数保有しており、リーズナブルな料金体系で小規模なM&Aから本格的なアドバイスを行っております。

非掲載の売却情報・買収情報も多数ございますので、下記「無料相談お問い合わせ先」までお問い合わせ下さい。

無料相談お問い合わせ先

メールにて無料相談 お電話:03-6860-8272 FAXお問い合わせフォーム

M&Aに関する無料相談受付中(秘密厳守)

03-6860-8272(平日9:30〜18:00)

企業価値算定(無料)

メールでのお問い合わせ

 

プリンタ用画面
前
焼酎酒造メーカーのM&A・会社売却
カテゴリートップ
業界別のM&A
次
家事代行サービスのM&A・会社売却

M&Aに関する無料相談受付中(秘密厳守)

03-6860-8272(平日9:30〜18:00)

メールでのお問い合わせ

株式会社中小企業M&Aサポート

M&Aコンサルタントの視点・論点

小規模から中規模M&Aの話題など、中小企業のM&Aについてお届けします。
Facebook
ツイッター