HOME  > コンテンツ  > 業界別のM&A  > 不動産業界のM&A・会社売却

不動産業界のM&A・会社売却

「自分の会社や店ではM&Aによる売却は難しいのでは?」
「実際に買い手が現れるのだろうか?」


などとお考えの方、清算や廃業をお考えになる前に一度弊社にご相談下さい。(相談料無料)

きっとお役に立てるアドバイスができると思います。

 

不動産業界

不動産業を営む場合は、都道府県知事の免許が必要で、2ヵ所以上の都道府県の区域に事業所を設置する場合には、国土交通大臣の免許が必要となる。この免許は更新が3年ごととなっており、主たる事務所につき1,000万円、その他の事務所については1ヵ所につき500万円の営業保証金の供託が義務付けられている。
また、不動産業界は、免許制のほかにも、不動産業の適正な運営や流通の円滑化等のため、規制が設けられている。誇大広告の禁止、広告開始時期の制限、広告掲載義務項目の設定、重要事項の事前説明の義務、不動産取引報酬の制限、契約時の規制事項などである。
国土交通省によると、宅地建物取引業者は平成20年で12万9,847業者で、個人・法人の割合は法人が8割を占める。業者数は減少傾向にあり、減少の大半は高齢化が進む個人業者で、後継者が見つからず、廃業するケースも多い。
  

不動産業界動向

■ 不動産会社の大型破綻が相次いでいる。アメリカが発端となった金融危機の影響で、日本の不動産購入を主導してきた外資企業の買いがとまり、不動産取引が冷え込んだことと、国内金融機関も不動産向けの融資を急激に絞り込み始めたことが資金不足をうみ、破綻に拍車をかけているといえる。不動産会社各社は資金不足の穴埋めのため、保有物件を換金化しようとしているが、売却は思うほど進んでいない。

■ アメリカ発のサブプライムローン問題を契機に、不動産投資が急激に冷え込んでいる。外資が撤退した中、市場の下支え役として期待された上場不動産投資信託(Jリート)も国内初の破綻会社が出たのを機に、投資家が一気に逃げ出してしまった。新たな買い手は見当たらず、不動産市場の低迷はしばらく続くものとみられる。

■ 不動産市場の低迷が続く中、新市場の開拓をしようと、企業の土地や建物の再開発等のコンサルティング事業へ進出する動きがある。また、一部の不動産大手は地価下落をにらみ、土地を積極的に仕入れている。だが、土地から見込める収益を元に地価を決める収益還元法が浸透する中、企業の収益が回復してこない限り、地価の上昇は見込めず、先行きは依然不透明。

  

M&Aのメリット

譲渡企業のメリット

後継者問題を解決でき社会的信用を維持したまま安心してリタイアできる
従業員の雇用維持ができる
個人保証や担保を外すことができる
事業の将来不安の解決ができる
創業者利益が得られる

 

買収企業のメリット

規模のメリットを享受できる(原価低減、間接コスト低減など)
新規顧客、新たなノウハウ、優秀な人材などの獲得ができる
成長スピードの飛躍的な向上ができる

 

不動産業の案件情報

不動産業の売却情報  不動産業の買収情報

弊社では、不動産業のM&A情報を多数保有しており、リーズナブルな料金体系で小規模なM&Aから本格的なアドバイスを行っております。

非掲載の売却情報・買収情報も多数ございますので、下記「無料相談お問い合わせ先」までお問い合わせ下さい。

無料相談お問い合わせ先

メールにて無料相談 お電話:03-6860-8272 FAXお問い合わせフォーム

M&Aに関する無料相談受付中(秘密厳守)

03-6860-8272(平日9:30〜18:00)

企業価値算定(無料)

メールでのお問い合わせ

 

プリンタ用画面
前
不動産仲介業界のM&A・会社売却
カテゴリートップ
業界別のM&A
次
SI(ソフトウェア開発・システム開発)のM&A・会社売却

M&Aに関する無料相談受付中(秘密厳守)

03-6860-8272(平日9:30〜18:00)

メールでのお問い合わせ

株式会社中小企業M&Aサポート

M&Aコンサルタントの視点・論点

小規模から中規模M&Aの話題など、中小企業のM&Aについてお届けします。
Facebook
ツイッター