HOME  > コンテンツ  > 業界別のM&A  > 給食業界のM&A・会社売却

給食業界のM&A・会社売却

「自分の会社や店舗ではM&Aによる売却は難しいのでは?」
「実際に買い手が現れるのだろうか?」


などとお考えの方、清算や廃業をお考えになる前に一度弊社にご相談下さい。(相談料無料)

きっとお役に立てるアドバイスができると思います。

 

給食業界

社員食堂や大規模施設などで委託を受け給食事業を行う場合の契約には3つの方式が主である。1つ目は給食単価を契約で定める方式、2つ目は給食業者が食事の原価分を負担して委託業者が経費を負担して利益を保証する方式、3つ目は基本的には食事の原価を給食業者が負担するが赤字になってしまった場合には委託企業が一定金額を補助する方式があり、契約金間は社員食堂が2〜5年程度で、病院は1年になっているケースが多い。

  

給食業界動向

■ 外食産業総合調査研究センターの推計によれば、平成20年の学校や病院、保育所給食を含める給食の市場規模は前年対比1.9%減少し、金額は約3兆3,000億円となり、そのうち社員食堂等の給食事業の市場規模は約1兆7,580億円となっており、頭打ちの感がある。

■ 社員食堂等の給食市場の頭打ち感を受けて、給食各社は病院や保育所などの受託先の開拓を行っている。これには、病院や保育施設などの市場は拡大傾向にあるためである。特に病院や高齢者向け施設では経費削減対策として外部に食事を委託する動きが加速している。

■ 病院や高齢者向け施設の受託競争が激化している。今後はこの分野を取り込めた企業が業績を維持・拡大していくとみられている。それには、病院向けや高齢者向けの食事メニューを用意する必要があり、取り扱うアイテム数が多くなっており、食材費が大きく膨らみつつあるという課題がある。


M&Aのメリット

譲渡企業のメリット

後継者問題を解決でき社会的信用を維持したまま安心してリタイアできる
従業員の雇用維持ができる
個人保証や担保を外すことができる
事業の将来不安の解決ができる
創業者利益が得られる

 

買収企業のメリット

規模のメリットを享受できる(原価低減、間接コスト低減など)
新規顧客、新たなノウハウ、優秀な人材などの獲得ができる
成長スピードの飛躍的な向上ができる

 

給食業界の案件情報

給食業界の売却情報  給食業界の買収情報

弊社では、給食業界のM&A情報を多数保有しており、リーズナブルな料金体系で小規模なM&Aから本格的なアドバイスを行っております。

非掲載の売却情報・買収情報も多数ございますので、下記「無料相談お問い合わせ先」までお問い合わせ下さい。

無料相談お問い合わせ先

メールにて無料相談 お電話:03-6860-8272 FAXお問い合わせフォーム

M&Aに関する無料相談受付中(秘密厳守)

03-6860-8272(平日9:30〜18:00)

企業価値算定(無料)

メールでのお問い合わせ

 

プリンタ用画面
前
SI(ソフトウェア開発・システム開発)のM&A・会社売却
カテゴリートップ
業界別のM&A
次
印刷会社のM&A・会社売却

M&Aに関する無料相談受付中(秘密厳守)

03-6860-8272(平日9:30〜18:00)

メールでのお問い合わせ

株式会社中小企業M&Aサポート

M&Aコンサルタントの視点・論点

小規模から中規模M&Aの話題など、中小企業のM&Aについてお届けします。
Facebook
ツイッター