HOME  > コンテンツ  > 業界別のM&A  > 理容店業界のM&A・会社売却

理容店業界のM&A・会社売却

「自分の会社や店舗ではM&Aによる売却は難しいのでは?」
「実際に買い手が現れるのだろうか?」


などとお考えの方、清算や廃業をお考えになる前に一度弊社にご相談下さい。(相談料無料)

きっとお役に立てるアドバイスができると思います。

 

理容店業界

理容店は、住宅地型といわれる、住宅地に立地していて家族労働経営が中心の店が大半で、店舗・土地が自己所有であることが多い。その他、ビジネス街に立地していたり、専門店型といわれるサービス内容が充実した高級店などがあるが、最近では低料金型といわれる店舗が急拡大している。

  

理容店業界動向

■ 理容店業界では、10分千円という、低価格・短時間の店舗が急増しており、10分散髪店の大手4社の店舗数は5年前に比べ、2倍に増加している。反面、厚生労働省の調べによると、平成20年の理容店数は前年対比0.3%減の13万6,768店で、理容師数も前年対比0.7%減少しており、ここ最近は店舗・理容師数とも年々減少傾向にある。

■ 10分散髪の低価格散髪店が急増している中、地元の理容団体からの働きかけで、洗髪設備設置条例を導入する自治体が増えている。これは、本来洗髪を省きヘアカットのみを行う10分散髪店に対し、洗髪をしないのは衛生上問題があるとしたもので、洗髪設備の設置が義務付けられている自治体は16道県。

■ 総務省の調べによると、平成20年の1世帯当たりの年間理髪料は前年対比4.3%減の5,806円で、景気低迷の中、減少幅が拡大している。

■ 全国理容生活衛生同業組合連合会の調べによると、理容店の来店客のうち、固定客の割合が80%以上の店舗が88.3%となっており、固定客への依存度が高い店舗が多い。逆に、新規顧客の開拓が進んでいないともいえるが、一部の理容店ではサービスを多様化し、新規顧客を開拓する店舗もあらわれている。

 

M&Aのメリット

譲渡企業のメリット

後継者問題を解決でき社会的信用を維持したまま安心してリタイアできる
従業員の雇用維持ができる
個人保証や担保を外すことができる
事業の将来不安の解決ができる
創業者利益が得られる

 

買収企業のメリット

規模のメリットを享受できる(原価低減、間接コスト低減など)
新規顧客、新たなノウハウ、優秀な人材などの獲得ができる
成長スピードの飛躍的な向上ができる

 

理容店業界の案件情報

理容店業界の売却情報  理容店業界の買収情報

弊社では、理容店業界のM&A情報を多数保有しており、リーズナブルな料金体系で小規模なM&Aから本格的なアドバイスを行っております。

非掲載の売却情報・買収情報も多数ございますので、下記「無料相談お問い合わせ先」までお問い合わせ下さい。

無料相談お問い合わせ先

メールにて無料相談 お電話:03-6860-8272 FAXお問い合わせフォーム

M&Aに関する無料相談受付中(秘密厳守)

03-6860-8272(平日9:30〜18:00)

企業価値算定(無料)

メールでのお問い合わせ

 

プリンタ用画面
前
健康機器製造業界のM&A・会社売却
カテゴリートップ
業界別のM&A
次
人材派遣業界のM&A・会社売却

M&Aに関する無料相談受付中(秘密厳守)

03-6860-8272(平日9:30〜18:00)

メールでのお問い合わせ

株式会社中小企業M&Aサポート

M&Aコンサルタントの視点・論点

小規模から中規模M&Aの話題など、中小企業のM&Aについてお届けします。
Facebook
ツイッター