HOME  > コンテンツ  > どんな会社が売れやすいのか?

どんな会社が売れやすいのか?

比較的売れやすい会社は、安定収益が見込めて将来性がある会社となります。M&Aでは「会社も商品」という考え方をします。

ただし、現在赤字企業であっても、買い手企業の事業との相乗効果が見込める場合もあります。どんな会社でも、条件次第によっては売れるチャンスは十分にあります。企業によってニーズは様々ですので、早めのご相談が必要不可欠になります。

売れやすい会社、売れにくい会社
売却しやすい会社 売却されにくい会社
安定収益が見込める会社 財務内容をしっかり開示しない会社
将来性がある会社 買収後も安定収益を上げる見込みがない会社
成長産業の業界 買収後に簿外債務など買収リスクが大きい会社
買収企業にとって相乗効果(シナジー)が見込める 将来性の低い会社
特別な技術、ノウハウ、設備、好立地、顧客など他社と明確に差別化ができる会社 売却のうえで希望条件が厳しすぎる会社
経営者が人格者であること 決断すべきタイミングを逃してしまうこと

M&Aに関する無料相談受付中(秘密厳守)

03-6860-8272(平日9:30〜18:00)

企業価値算定(無料)

メールでのお問い合わせ

 

プリンタ用画面
前
売却・事業承継をご希望の方
カテゴリートップ
TOP
次
会社売却の成功ポイント

M&Aに関する無料相談受付中(秘密厳守)

03-6860-8272(平日9:30〜18:00)

メールでのお問い合わせ

株式会社中小企業M&Aサポート

M&Aコンサルタントの視点・論点

小規模から中規模M&Aの話題など、中小企業のM&Aについてお届けします。
Facebook
ツイッター