HOME  > コンテンツ  > 業界別のM&A  > 計測器製造業界のM&A・会社売却

計測器製造業界のM&A・会社売却

「自分の会社や工場ではM&Aによる売却は難しいのでは?」
「実際に買い手が現れるのだろうか?」


などとお考えの方、清算や廃業をお考えになる前に一度弊社にご相談下さい。(相談料無料)

きっとお役に立てるアドバイスができると思います。

 

計測器製造業界

計測器業界は他の製造業と同じく中小メーカーが多い。また、電気計測器はエレクトロニクス産業や鉄鋼、化学、石油精製等、様々な業界でいろいろな場面で使用されている。また、電気計測器は、次の6つに大きく分類される。
電気測定器・・・電気量や電気現象を測定
工業用計測制御機器・・・向上の生産家庭において、物理量や化学量といった工業量を計測・制御するもの
電力量計・・・電気の使用量を測定
放射線計測機・・・放射線の線量やエネルギー、種類を測定
環境計測器・・・環境の汚染物質(大気汚染、水質汚染等)の量を計測
指示計器・・・電気の大きさを指針の振れ方に変換し、振れ幅によって大きさを読み取る
  

計測器製造業界動向

■ 経済産業省の調べによると、平成20年の電気計測器の生産高は前年対比26.3%と大幅減となった。また、電気測定器は4割減と大きく落ち込んでいる。また、日本電気計測器工業会の調べによると、平成20年の電気計測器の売上高は前年対比2.6%減となったが、平成22年以降は需要が回復基調になってくるとみられている。

■ 計測器製造業界では、顧客ニーズに合わせて計器を新規開発する必要がある。企業の中には、受注量が減った分、余剰な人員等を研究開発に回し、開発力を向上させようとする動きがある。また、中国企業等海外の安価な商品と差別化をする為にも、研究開発力は不可欠になってくると思われる。

■ 計測器製造協会でも、他の製造業同様に、コストダウンを狙って海外の生産拠点を増やす傾向にある。日本電気計測器工業会の調べによると、平成20年の海外拠点の売上高は全体の2割強を占めるまでになっている。

 

M&Aのメリット

譲渡企業のメリット

後継者問題を解決でき社会的信用を維持したまま安心してリタイアできる
従業員の雇用維持ができる
個人保証や担保を外すことができる
事業の将来不安の解決ができる
創業者利益が得られる

 

買収企業のメリット

規模のメリットを享受できる(原価低減、間接コスト低減など)
新規顧客、新たなノウハウ、優秀な人材などの獲得ができる
成長スピードの飛躍的な向上ができる

 

計測器製造業界の案件情報

計測器製造業界の売却情報  計測器製造業界の買収情報

弊社では、計測器製造業界のM&A情報を多数保有しており、リーズナブルな料金体系で小規模なM&Aから本格的なアドバイスを行っております。

非掲載の売却情報・買収情報も多数ございますので、下記「無料相談お問い合わせ先」までお問い合わせ下さい。

無料相談お問い合わせ先

メールにて無料相談 お電話:03-6860-8272 FAXお問い合わせフォーム

M&Aに関する無料相談受付中(秘密厳守)

03-6860-8272(平日9:30〜18:00)

企業価値算定(無料)

メールでのお問い合わせ

 

プリンタ用画面
前
自動車部品製造業界のM&A・会社売却
カテゴリートップ
業界別のM&A
次
清酒酒造メーカーのM&A・会社売却

M&Aに関する無料相談受付中(秘密厳守)

03-6860-8272(平日9:30〜18:00)

メールでのお問い合わせ

株式会社中小企業M&Aサポート

M&Aコンサルタントの視点・論点

小規模から中規模M&Aの話題など、中小企業のM&Aについてお届けします。
Facebook
ツイッター