HOME  > コンテンツ  > 業界別のM&A  > ペットショップ業界のM&A・会社売却

ペットショップ業界のM&A・会社売却

「自分の会社や店舗ではM&Aによる売却は難しいのでは?」
「実際に買い手が現れるのだろうか?」


などとお考えの方、清算や廃業をお考えになる前に一度弊社にご相談下さい。(相談料無料)

きっとお役に立てるアドバイスができると思います。

 

ペットショップ業界

ペットショップ業界では、ペットのニーズが多様化している為、取り扱う動物の種類が増加している。種類としては、犬猫、ウサギ、ハムスター等の小動物、鳥、熱帯魚、爬虫類、昆虫等だが、小型店では全て取り扱うことが出来ず、犬猫に限定するか、小動物専門、爬虫類専門といった、専門店化するケースも多い。
また、ペットショップ業界の動物の流通経路は様々で、輸入業者・繁殖家から卸売業者を通じてペットショップに至る経路が一般的だが、愛好家クラブによる繁殖・売買も多い。他にも、愛好家が海外から直輸入するケースも増えている。

ペットショップ業界動向

■ 経済産業省の調べによると、平成19年のペット・ペット用品小売業の事業所数は、平成16年対比10.3%減となっている。内訳をみると、法人より個人経営の割合が多く、5人以下の事業所数が全体の7割で、小規模の業者が多い。

■ 総務省の調べによると、平成20年のペットフードの年間支出金額は1世帯あたり6,744円で、4年連続増加している。これにより、景気低迷で消費行動がしぼむ中、家族の一員であるペットに対しての出費は比較的冷え込んでいないといえる。また、ペットの高齢化が進んでおり、高齢ペット用ペットフード等、高齢ペット用商品のニーズが高まっている。

■ 一般社団法人ペットフード協会のデータによると、平成20年の犬猫の飼育頭数をみると、犬が前年対比4.6%増の1,310万1,000頭、猫が前年対比6.9%増の1,089万頭となっている。また、世帯別の犬猫飼育率をみると、犬が18.2%、猫が11.4%。

  

M&Aのメリット

譲渡企業のメリット

後継者問題を解決でき社会的信用を維持したまま安心してリタイアできる
従業員の雇用維持ができる
個人保証や担保を外すことができる
事業の将来不安の解決ができる
創業者利益が得られる

 

買収企業のメリット

規模のメリットを享受できる(原価低減、間接コスト低減など)
新規顧客、新たなノウハウ、優秀な人材などの獲得ができる
成長スピードの飛躍的な向上ができる

 

ペットショップ業界の案件情報

ペットショップ業界の売却情報  ペットショップ業界の買収情報

弊社では、ペットショップ業界のM&A情報を多数保有しており、リーズナブルな料金体系で小規模なM&Aから本格的なアドバイスを行っております。

非掲載の売却情報・買収情報も多数ございますので、下記「無料相談お問い合わせ先」までお問い合わせ下さい。

無料相談お問い合わせ先

メールにて無料相談 お電話:03-6860-8272 FAXお問い合わせフォーム

M&Aに関する無料相談受付中(秘密厳守)

03-6860-8272(平日9:30〜18:00)

企業価値算定(無料)

メールでのお問い合わせ

 

プリンタ用画面
前
ペット関連サービス業界のM&A・会社売却
カテゴリートップ
業界別のM&A
次
スイミングクラブ業界のM&A・会社売却

M&Aに関する無料相談受付中(秘密厳守)

03-6860-8272(平日9:30〜18:00)

メールでのお問い合わせ

株式会社中小企業M&Aサポート

M&Aコンサルタントの視点・論点

小規模から中規模M&Aの話題など、中小企業のM&Aについてお届けします。
Facebook
ツイッター