HOME  > コンテンツ  > 業界別のM&A  > 農業機械製造業界のM&A・会社売却

農業機械製造業界のM&A・会社売却

「自分の会社や工場ではM&Aによる売却は難しいのでは?」
「実際に買い手が現れるのだろうか?」


などとお考えの方、清算や廃業をお考えになる前に一度弊社にご相談下さい。(相談料無料)

きっとお役に立てるアドバイスができると思います。

 

農業機械製造業界

農業機械は種類が多様で、農業機械製造業界は中小企業がほとんどであるものの、売上をみると、大手が市場の大半を占める形になっている。国内の流通経路は全農が全国の農協との価格交渉をする全農経由のルートと、全農を経由せず系列販売会社を経由したルートの二つが主な国内流通ルートとなる。  

農業機械製造業界動向

■ 国内の農家が減少傾向にあることから、農業機械の国内市場も縮小傾向にある。国内の農家は平成2年時に比べ4分の3にまで減少している。こうした厳しい国内事情の中、海外市場は安定しており、中国等急成長している市場もある。このため、農業機械メーカーにはアジア市場の販売を強化する動きがある。

■ 日本農業機械工業会の調べによると、平成20年の農業機械の売上高は前年対比6.3%増え、5,583億円超だった。平成19年は前年対比4.5%減少したので、増加傾向に転じたといえる。内訳をみると、トラクタや田植機、乾燥機は前年対比1割増の順調な推移だが、出荷額割合の多いコンバインについては前年を割っている。

■ 経済産業省の調べによると、平成19年の農業機械の事業所数は786で、前年対比4.5%減っている。また、事業所を規模別にみると、従業員10人以下の事業所は全体の7割を占めるのに対し、1,000人以上の事業所はわずか2社のみとなっている。

■ 財務省の調べによると、平成20年の農業機械の輸出額は前年対比6.9%増の2,872億円超だった。内訳をみると、耕うん機整地用機械が8.7%増と大きく伸びている。

■ 農業機械の海外輸出品目は、従来家庭菜園に使われる小型機械が主な品目となっていたが、急成長しているアジア市場や、乳製品・穀物の価格が高騰しているヨーロッパにおいても、大型農業機械の需要が高まっている。国内市場が縮小傾向にある中、海外市場へ販売強化するメーカーが増加すると思われる。

 

 

M&Aのメリット

譲渡企業のメリット

後継者問題を解決でき社会的信用を維持したまま安心してリタイアできる
従業員の雇用維持ができる
個人保証や担保を外すことができる
事業の将来不安の解決ができる
創業者利益が得られる

 

買収企業のメリット

規模のメリットを享受できる(原価低減、間接コスト低減など)
新規顧客、新たなノウハウ、優秀な人材などの獲得ができる
成長スピードの飛躍的な向上ができる

 

農業機械製造業界の案件情報

農業機械製造業界の売却情報  農業機械製造業界の買収情報

弊社では、農業機械製造業界のM&A情報を多数保有しており、リーズナブルな料金体系で小規模なM&Aから本格的なアドバイスを行っております。

非掲載の売却情報・買収情報も多数ございますので、下記「無料相談お問い合わせ先」までお問い合わせ下さい。 

無料相談お問い合わせ先

メールにて無料相談 お電話:03-6860-8272 FAXお問い合わせフォーム

M&Aに関する無料相談受付中(秘密厳守)

03-6860-8272(平日9:30〜18:00)

企業価値算定(無料)

メールでのお問い合わせ

 

プリンタ用画面
前
イタリア料理店業界のM&A・会社売却
カテゴリートップ
業界別のM&A
次
土木建設機械製造業界のM&A・会社売却

M&Aに関する無料相談受付中(秘密厳守)

03-6860-8272(平日9:30〜18:00)

メールでのお問い合わせ

株式会社中小企業M&Aサポート

M&Aコンサルタントの視点・論点

小規模から中規模M&Aの話題など、中小企業のM&Aについてお届けします。
Facebook
ツイッター