HOME  > お知らせ  > M&A ニュース
  
投稿日時: 2017-09-16 (38 ヒット)

南アフリカの水まわり製品製造・販売会社GDWTがLIXILの完全子会社に

2017.9.14水洗金具M&Aニュース
南アフリカでトイレ、水栓金具製品の製造・販売事業を展開するGrohe Dawn Watertech Holdings Propriety Limited (GDWT 南アフリカヨハネスブルグ)は9月14日、合弁の一方の親会社であるLIXIL グループ(東京都千代田区)の完全子会社となると発表した。

GDWT は、LIXIL と南アフリカのDistribution & Warehousing Network Limited(DAWN)の合弁企業である。LIXIL がこれまでに保有しているGDWT株式51%。今回DAWNが保有する GDWT の残りの株式 49%を追加取得し、GDWTが DAWN の株主ローンの返済を行う。GDWTはLIXILの完全子会社となる。

取引の総額は3 億 2,450 万南アフリカランド(約27億5,200 万円)。今後は様々な認可や手続きを経て完了する予定である。なお、取引終了後もDAWN 社は、これまで同様GDWT の主要代理店となる。また、GDWTは、新たに「LIXIL Africa」というブランドになり事業展開する予定だという。

【関連情報】
【M&A ニュース】
電子債権応用技術研究所がTranzaxに株式譲渡、完全子会社に
資生堂が子会社キナリをスクロールに株式譲渡へ
東芝が東芝機械の株式を一部売却へ


投稿日時: 2017-09-15 (13 ヒット)

インドネシアの自販機製造・販売会社PTMSが富士電機に全株式譲渡

2017.9.12自動販売機M&Aニュース
クボタ社とクボタベンディングサービス(KVS)のインドネシアの自販機製造・販売会社P.T.METEC SEMARANG(PTMS)は、全株式を富士電機(東京都品川区)に譲渡した。

今回、富士電機は東南アジア市場での自販機事業の拡大に向け、インドネシアへの進出を決めた。これまでもタイ、シンガポールの同社子会社による営業活動を展開している。2014年7月にはタイの生産子会社で飲料・物販自販機の組み立て生産を開始。そして2016年6月にはタイに自販機運営会社を設立した。

また、今回、クボタ社はインドネシアの自販機事業からの撤退を決定、PTMSを手放すこととした。これを受け、PTMSを買収しインドネシアを加えた東南アジアにおける自販機事業の拡大を図る。

株式譲渡実行日は1月15日の予定。持ち株比率は富士電機が99.8%、富士電機リテイルサービス0.2%となる。

【関連情報】
【M&A ニュース】
東芝が東芝機械の株式を一部売却へ
日立がイオンビーム応用装置製造事業をワイエイシイに事業譲渡へ
日立が液晶パネル製造装置事業を譲渡
ワタミが太陽光発電事業の孫会社2社を売却へ

【業界別のM&A/会社売却】
電子部品・デバイス・電子回路製造業のM&A・会社売却


投稿日時: 2017-09-15 (41 ヒット)

クミアイ化学工業の米国子会社が同米国子会社に吸収合併

2017.9.13クミアイ化学工業M&Aニュース
クミアイ化学工業(東京都台東区)の米国子会社Kumika International Inc.(Kumika Intl)は、同じく米国子会社のK−I Chemical U.S.A.Inc.(K−I USA)に吸収されることが明らかになった。

クミアイ化学工業は、事業の中核である農薬事業において多様化する顧客ニーズに対応するため、経営効率化と意思決定の迅速を図ることを目的とする、海外事業典型拠点であるK−I USAと米州・欧州米における農薬の研究・開発の促進を担うKumika Intlの合併による組織再編を行うこととした。

合併期日は10月31日の予定で、合併の方式はK−I USAを存続会社とする吸収合併方式で、Kumika Intlは解散する。またこの合併は、クミアイ化学工の完全子会社同士の合併であるため、株式またはその他の財産の割り当てはない。


【関連情報】
【M&A ニュース】
ワタミが太陽光発電事業の孫会社2社を売却へ
旧蚕糸試験場が岡谷市に無償譲渡へ、新病院建設で
中国の大手化学企業の中国化工集団がスイスの農薬大手を買収へ

【業界別のM&A/会社売却】
有機野菜製造業のM&A/会社売却
ミネラルウォーター製造業のM&A・会社売却


投稿日時: 2017-09-14 (65 ヒット)

オリックス電力がマンション高圧一括受電サービス事業を関西電力に譲渡


2017.9.11M&Aニュース電力会社
オリックス電力(東京都港区)およびオリックス(東京都港区)は、関西電力(大阪市北区)とオリックス電力のマンション高圧一括受電サービス事業の株式を関西電電力に譲渡する株式譲渡契約を9月5日に締結し、新会社を設立すると発表した。

新会社「Next Power株式会社」では、マンション高圧一括受電サービス事業を展開し、関西電力グループの首都圏を中心とした電力販売の拡大を図る。関西電力が全株式を保有することとなり、10月31日に新会社は関西電力の連結子会社となる予定。

Next Powerの資本金は1億円。株式のみならずマンション高圧一括受電サービス事業に関する資産等すべてを関西電力に承継する。これにより、関西電力は2018度末に、首都圏の家庭分野において10万件のユーザーを獲得するという目標の達成を目指す。

【関連情報】
【M&A ニュース】
東京電力が介護事業子会社を大和ハウスに売却へ
東芝がイタリアの電力エンジニアリング会社を買収
東京電力と豊田通商の出資会社が韓国の太陽光発電会社を買収へ
台湾電力会社の火力発電所の権益が譲渡、丸紅へ
三井物産と東京ガスが共同でメキシコの火力発電所を買収


投稿日時: 2017-09-12 (32 ヒット)

ロシアのユニクロ子会社がファーストリテイリングと三菱商事の合弁会社に


2017.9.11M&Aニュースユニクロ子会社
ロシアのユニクロ子会社Limited Liability Company UNIQLO(RUS)(UNIQLO(RUS))は、同社の第三者割当増資をファーストリテイリング(山口県山口市)と三菱商事(東京都千代田区)が引き受け、合弁会社となったと発表した。

ファーストリテイリングは2010年にロシアに進出、ユニクロブランドの店舗数を2017年8月末現在で20店舗まで拡大してきた。一方、三菱商事は1968年より進出しており、エネルギー事業や自動車販売事業など幅広く事業展開している。今回の合弁化ではファーストリテイリングのこれまでのロシアでの事業展開ノウハウに加え三菱商事の知見を活かし、ユニクロブランドの知名度の向上を図り、事業基盤をより強固なものにしていく方針だ。

今回の増資により、ファーストリテイリングの持分比率は75%、三菱商事の持分比率は25%となる。

【関連情報】
【M&A ニュース】
ニッケ/日本毛織がスタンプ販売会社等を買収へ
アパレル会社ラ・エストが服飾雑貨大手のサマンサタバタへ譲渡
トミー・ヒルフィガーが売却へ、米衣料メーカーに
イオン、衣料品店タルボットを譲渡

【業界別のM&A/会社売却】
ディスカウントショップのM&A・会社売却


(1) 2 3 4 ... 76 »

M&Aに関する無料相談受付中(秘密厳守)

03-6860-8272(平日9:30〜18:00)

メールでのお問い合わせ

株式会社中小企業M&Aサポート

M&Aコンサルタントの視点・論点

小規模から中規模M&Aの話題など、中小企業のM&Aについてお届けします。
Facebook
ツイッター