HOME  > コンテンツ  > 業界別のM&A  > 家庭教師派遣業のM&A・会社売却

家庭教師派遣業のM&A・会社売却

家庭教師派遣会社を売る・・・

「自分の家庭教師派遣業はM&Aによる売却は難しいのでは?」
「実際に買い手が現れるのだろうか?」


などとお考えの方、清算や廃業をお考えになる前に一度弊社にご相談下さい。(相談料無料)

きっとお役に立てるアドバイスができると思います。

更新日:2019年1月29日

家庭教師派遣業のM&A-会社売却 

2018年 家庭教師派遣業界動向

家庭教師派遣業とは、高校生までの児童・生徒宅に家庭教師を派遣して学校教育の補習および受験対策指導を行う。

これら校外学習市場規模はおよそ1兆5千億円ほどでありその中では、家庭教師派遣はおよそ7%程度にとどまっている。

2018年 家庭教師派遣業 M&A動向

国内系ファンドのJ-STARは2017年、アルファコーポレーションがM&Aに取りかかり家庭教師派遣業および個別指導教室運営事業を取得した。

アルファコーポレーションは、「家庭教師アルファ」のブランドで札幌をはじめ全国で家庭教師派遣事業を展開していた会社である。

また、不登校生徒向けの家庭教師も手がけており、社会性が高い取り組みを行っていた。
市場の規模は少子化の影響で縮小傾向ではあるが、個別指導へのニーズは高いことと、プロ講師による指導への需要はいまだに根強いと言える。M&Aによる開拓が加速するに違いない。

2018年 家庭教師派遣業界の現在の課題

今後の課題として、料金が明確に示されないことがある。

そのため、利用者とのトラブルに発展するケースもある。利用者にとってはホームページに記載のある「○○円〜」という表記が、いったいいくらなのかが分かりづらいと言える。

こうしたトラブルもM&Aによって改善されるのではないかと期待されている。

2018年 家庭教師派遣業界の展望

こうした利用者からの声を踏まえ、信頼を得るためには明確な料金設定が不可欠と言える。
また、派遣する教師の質を高め、M&Aによって学校ではできない生徒のニーズに合わせた指導方法やジャンルを増やすことを可能にし、顧客満足度を高めることができると考えられる。

文部科学省「子どもの学習費調査」によると参考書の購入、塾の経費など補習学習費の推移として、小・中・高校、そして公立私立ともに年々学習費が増加している。

そうしたニーズを受けて、ITベンチャーのテックバディはM&Aにより家庭教師を紹介するサービスを開始した。
おもな料金設定は家庭教師自身が行うものの、テックバディ社がその仲介手数料を取る形のビジネスモデルとなっている。

空いた時間を利用してアルバイトや副業をしたい大学生や主婦などをおもな対象として登録を呼びかけている。 

 

担当からのコメント

市場規模が今後縮小傾向にある市場の中でも、消費者・保護者のニーズ(教育)が高い分野だと言えると思います。

その中で、大手系ファンドが既に市場に参入していた企業をM&Aしたのは「ブランド力を高める」ことと「新規開拓する必要がなく、ノウハウをそのまま吸収できる」2つのメリットがあると思います。

そのままのブランドで引き続き事業展開が出来るのも大きいでしょう。

学校教育や個別指導の多様性や難関大学・難関私学の受験へのニーズの高まりを踏まえるとこれまでの通り一辺倒の画一的なサービス展開では難しいです。

すでに参入していた企業が、M&Aした企業側の方針や方向性を生かしつつ、一番の当事者たる子どもたちへのよりよい教育がなされることを期待します。


家庭教師派遣業のM&Aのメリット

家庭教師派遣業のM&Aのメリットは、譲渡企業、買収企業別に以下のようなものが挙げられます。

譲渡企業のメリット

後継者問題を解決でき社会的信用を維持したまま安心してリタイアできる
従業員の雇用維持ができる
個人保証や担保を外すことができる
事業の将来不安の解決ができる
創業者利益が得られる

 

買収企業のメリット

規模のメリットを享受できる(原価低減、間接コスト低減など)
新規顧客、新たなノウハウ、優秀な人材などの獲得ができる
成長スピードの飛躍的な向上ができる

 

家庭教師派遣業の案件情報

家庭教師派遣業の売却情報  家庭教師派遣業の買収情報

弊社では、家庭教師派遣業のM&A情報を多数保有しており、リーズナブルな料金体系で小規模なM&Aから本格的なアドバイスを行っております。

非掲載の売却情報・買収情報も多数ございますので、下記「無料相談お問い合わせ先」までお問い合わせ下さい。

無料相談お問い合わせ先

メールにて無料相談 お電話:03-6860-8272 FAXお問い合わせフォーム


過去の家庭教師派遣業のM&A動向

家庭教師派遣業

家庭教師派遣業には、家庭教師派遣会社、専属プロ家庭教師、学生サークル・学生団体、家庭教師あっせんサイト運営会社、個人契約などに大別される。

また、家庭教師派遣業者が派遣する家庭教師にはプロ家庭講師と学生アルバイトに分類され、プロ家庭教師は専業で講師を行っていることから学生アルバイトとは違い指導経験が豊富な場合が多い。

家庭教師派遣業は同業との競争に加え学習塾との競争であることから熾烈な競争環境にある。家庭教師と個別指導塾を組み合わせて指導を行うところも増えてきている。

このような状況下で、学習塾と家庭教師派遣業がM&Aで経営統合や資本提携を行うことは両社にとりメリットがある。

学習塾の経営指標

  

家庭教師派遣業の動向

・トライグループが家庭教師と個別指導塾を自由に選択できるサービスを行っている。同社は家庭教師派遣業個別指導塾を全国で展開している。

・少子化による子どもの数が減少しており長期的には需要が減少する中、講師の質の向上、サービス内容として勉学の幅をスポーツにまで拡大させるななど様々な取り組みがなされている。現在、学習塾、家庭教師派遣業は最もM&Aによる再編が行われている業界の一つである。

 

家庭教師費の平均支出額の推移 

 

 

M&Aに関する無料相談受付中(秘密厳守)

03-6860-8272(平日9:30〜18:00)

企業価値算定(無料)

メールでのお問い合わせ

 

プリンタ用画面
前
人材紹介会社のM&A・会社売却
カテゴリートップ
業界別のM&A
次
医療機器卸・商社のM&A・会社売却

M&Aに関する無料相談受付中(秘密厳守)

03-6860-8272(平日9:30〜18:00)

メールでのお問い合わせ

株式会社中小企業M&Aサポート

M&Aコンサルタントの視点・論点

小規模から中規模M&Aの話題など、中小企業のM&Aについてお届けします。

Facebook
ツイッター