HOME  > コンテンツ  > 業界別のM&A  > 家事代行サービスのM&A・会社売却

家事代行サービスのM&A・会社売却

家事代行サービス会社を売る・・・

「自分の家事代行サービスはM&Aによる売却は難しいのでは?」
「実際に買い手が現れるのだろうか?」

などとお考えの方、清算や廃業をお考えになる前に一度弊社にご相談下さい。(相談料無料)
きっとお役に立てるアドバイスができると思います。

更新日:2019年2月5日

家事代行会社のM&A-会社売却


家事代行サービスのM&A・売却の可能性は?

家事代行サービス、メイドサービスの業界は本格的な女性の社会進出に伴い年々需要を増しており、市場規模の拡大に合わせて新規参入を希望する企業からの買収ニーズが高まってます。現在、注目度は非常に高く売却を検討する企業にとっては売却成功の可能性は高い状態が続いております。

家事代行・メイドサービスのM&A・売却の可能性、人気度、注目度の弊社データ

 

2018年 家事代行業界

家事代行とは、家庭の家事を代わりに引き受けるサービスであり、共働き世帯や高齢者世帯の増加に比例して利用者は増加している。日経流通新聞「第35回サービス業調査」によると、平成28年度の売上高は前年度に比べて増加しており、今後も需要の高い業界として注目を集めている。

2018年 家事代行M&A動向

近年、外国人による家事代行サービスが解禁され、家事代行の供給の拡大が期待されている。外国人を正社員として受け入れ、研修を行い人材育成に力を入れている企業もある。

女性の社会進出に伴い家事代行サービスの需要は増加傾向にあり、将来的には約6,000億円規模にまで広がる市場だと予想されている。各社は新規採用の増加や業務委託として働いてもらう登録者数を増やすなどとして人材確保に努めている。また研修にも力を入れている。

家事代行サービスの内容は掃除や洗濯、買い物、調理など一般的な家事を網羅しており、利用者の希望に合わせて選択することができる。高齢者に向けたサービスではこういった家事全般以外にも通院や外出時の付き添いなど幅広いニーズにも応えている。

家事代行サービスの価格帯は従来1時間当たり3,000円〜6,000円が中心であり、なかなか一般層への浸透が難しかったが、現在では1,000円〜2,000円の料金も増えており、気軽にサービスを利用できる価格帯となっている。

また、富裕者層向けにより高単価ではあるが、専属スタッフが利用者の細かい注文に対応するサービスも人気が広がっている。

2018年 家事代行業界の現在の課題

家事代行サービスの需要が拡大するにつれて供給者側の人手不足が今後深刻となる。外国人の登用による人手不足の解消も期待されているが、サービスの質やコミュニケーション能力などを補う研修体制の強化も必要となる。

質の高い優秀な人材の確保が難しい場合、業界再編によるM&Aなどが行われる可能性も出てくる。

2018年 家事代行業界の展望

充分な人材確保のため、空き時間に仕事ができるようなシステム構築を整備すること、気軽にネット上で面接を受けられることができるようにするといった新しい体制を整えることが必要になる。

新しい制度やシステム構築を導入することは多くの時間や費用を要するが、M&Aによって必要なノウハウを確保することも可能である。また、M&Aを行うことでリスクを低減させることもできる。

M&Aはこのような問題を解決するのに適しており、M&Aによってより幅広く事業を展開することができるためより多くのニーズに応えることができる。

担当からのコメント

家事代行サービスの市場規模は今後も拡大していく市場の一つになります。ですが、需要の増加により各社とも人材確保に注力しているため、人材確保への競争が激化すると考えられます。

この競争に勝ち抜くことができず、充分な質の高い人材確保が行えない場合は業績が後退する可能性もあります。その状態を打破するためにはM&Aを有効に活用することも必要になっていきます。M&Aを行うことで充分な人材確保や研修の質を高めるノウハウを得ることができます。

このような背景から家事代行サービス業界でのM&Aは今後も広がっていくと考えています。

過去の家事代行・ハウスクリーニング・ベビーシッター

2011年 家事代行・ハウスクリーニング・ベビーシッター

家事代行業は大きく家庭生活サポートサービスの総合型に分類され、家事代行サービスのスタッフが自宅を訪問し家事全般やその一部を代行するサービスである。

家庭生活サポートサービスには総合型と個別型があり、上記の通り総合型には家事代行サービスがあり、個別型にはハウスクリーニング、洗濯代行サービス、炊事代行サービス、総菜・食材宅配サービス、セキュリティーサービス、ベビーシッターなどがある。

市場規模では、野村総合研究所によれば家庭生活サポートサービス全体では現在2,800億円であり、今後は倍の5,500億円市場になると予測している。
そのなかで、ベビーシッターの市場規模は2009年で250億円であったとされている。

家事代行サービス、ハウスクリーニングなどの個別型サービスの業者数などの資料は現在のところ見当たらないが、この業界の特徴として中小企業・零細企業・個人営業が非常に多いのが特徴として挙げられ、今後M&Aによる再編が進むと見られている業種である。

業界の特徴としては労働集約型であるため人材管理が重要であること、中小企業・零細企業が多く参入障壁が低く、異業種やドメイン類似業種からの参入もあり競争が激化しやすい業種であること、中小規模のM&Aが活発であることなどが挙げられる。

 「家庭生活サポートサービス」の各サービスと主な提供事業者

 

2011年 家事代行サービスの動向

・家事代行サービス各社が家庭のキッチンで手料理をするサービスに力を入れている。家事代行業はもともと炊事、洗濯など総合的に家事の代行を行うサービスを提供しているが共働き世帯が増加している背景からニーズが増加している。

・エアコン洗浄サービスに利用者が増加傾向にある。単なるエアコンの掃除にとどまらず、抗菌や防カビなどの追加サービスのニーズが高まっている。

・女性の社会進出による共働き世帯の増加、高齢化により家事代行サービスのニーズは今後も大いに増加すると見られている。

 ベビーシッターの市場規模

 

家事代行サービスのM&Aのメリット

家事代行サービスのM&Aのメリットは、譲渡企業、買収企業別に以下のようなものが挙げられます。

譲渡企業のメリット

後継者問題を解決でき社会的信用を維持したまま安心してリタイアできる
従業員の雇用維持ができる
個人保証や担保を外すことができる
事業の将来不安の解決ができる
創業者利益が得られる

 

買収企業のメリット

規模のメリットを享受できる(原価低減、間接コスト低減など)
新規顧客、新たなノウハウ、優秀な人材などの獲得ができる
成長スピードの飛躍的な向上ができる

 

家事代行サービスの案件情報

家事代行サービスの売却情報  家事代行サービスの買収情報

弊社では、家事代行サービスのM&A情報を多数保有しており、リーズナブルな料金体系で小規模なM&Aから本格的なアドバイスを行っております。

非掲載の売却情報・買収情報も多数ございますので、下記「無料相談お問い合わせ先」までお問い合わせ下さい。

無料相談お問い合わせ先

メールにて無料相談 お電話:03-6860-8272 FAXお問い合わせフォーム

M&Aに関する無料相談受付中(秘密厳守)

03-6860-8272(平日9:30〜18:00)

企業価値算定(無料)

メールでのお問い合わせ

 

プリンタ用画面
前
リラクゼーションのM&A・会社売却
カテゴリートップ
業界別のM&A
次
電子部品・デバイス・電子回路製造業のM&A・会社売却

M&Aに関する無料相談受付中(秘密厳守)

03-6860-8272(平日9:30〜18:00)

メールでのお問い合わせ

株式会社中小企業M&Aサポート

M&Aコンサルタントの視点・論点

小規模から中規模M&Aの話題など、中小企業のM&Aについてお届けします。

Facebook
ツイッター