HOME  > コンテンツ  > 業界別のM&A  > 料理学校のM&A・会社売却

料理学校のM&A・会社売却

料理学校を売る・・・

2019.01.29更新

料理学校のM&A/売却の写真

「自社の料理学校ではM&Aによる売却は難しいのでは?」

「実際に買い手が現れるのだろうか?」

「料理学校の会社売却の相場はどれくらいか?」
「売却の手続きはどのようにすれば良いのか?」
「会社をどのような方法で会社を売却することが最適なのか?」

「実際、売却における税金はいくらかかるのか・・・。」

いざ、自分の会社を売却するとなると、多くの疑問があるかと思います。

清算や廃業をお考えになる前に一度弊社にご相談下さい。(相談料無料)
きっとお役に立てるアドバイスができると思います。

2018年料理学校業界

料理学校業界とは、日本生産性本部「レジャー白書2017」によると、料理学校の市場規模は420億円であり、前年に比べると2.4%増となっている。
過去最高値を更新しており、今後さらに需要が見込める市場であることが予想される。


2018年料理学校M&A動向

近年、共働き世帯やおひとり様世帯の増加などにより、以前よりも料理に触れる機会が少ない傾向にある。そのため、家族と一緒に料理をするというコンセプトのもと、楽しく料理を体験できるプログラムを提供し、料理への関心を集めようとするM&Aを取り入れた動きがある。
料理に触れる機会が減る中、短時間で料理を習える教室も支持を集めている。ランチタイムに開催され、手軽に料理をことができるのも魅力である。料理は容器に入れて持ち帰ることが可能であり、こういった気軽に空き時間を有効活用できるものは今後も需要が増えていくことが予想される。
また外国人観光客の増加に伴い、外国人向けの料理教室も多く開催されている。寿司、そばなどのメジャーな日本料理ではなく、家庭で作られてきた伝統のある日本料理を英語で学ぶことができ、人気を集めている。
しかし、人口減少などの要因もあり、このような料理教室などへの参加人数や平均費用は減少傾向にある。この傾向に対処できない場合、業界再編によるM&Aなどが加速する可能性は高い。


2018年 料理学校業界の現在の課題

現在、時短料理へのニーズが高まっており、料理の手順を動画で説明するというITサービスも人気である。このように料理学校業界への要望は日々多様化している。今後もサービスの多様性はさらに進むものと考えられているため、それにどう対処していくかが今後の課題となる。


2018年 料理学校業界の展望

サービスの多様化において料理動画の展開といったITサービス部門など、今までの既存のサービスにはない新しい部門を立ち上げる必要性もでてくる。それにはリスクを伴う可能性もあるが、M&Aを行うことでリスクを低減させることができる。新規事業を立ち上げる上で、M&Aは必要なノウハウを獲得することができ、またM&Aによって会社の体制をより強固なものにすることが可能である。M&Aはこのような問題を解決するためにも有効な手段である。


担当からのコメント

料理学校業界の市場規模は増加傾向にあり、今後も需要のある市場ではあります。

しかし、業界全体にサービスの多様化が求められており、それに応えられる会社はより事業を拡大させることが可能ですが、それに応えられない場合は業績が悪化してしまう会社も少なくないでしょう。

そのような事態を避けるため、M&Aを利用することも手段の一つとなり得ます。M&Aは会社のサービスの幅を広げ、事業の多角化が期待できるため、会社を安定的に成長させる上でも非常にメリットがあると考えられます。
このような理由から、料理業界でのM&Aは今後も急速に広まっていくと思っています。

料理学校関連のM&A/売却ニュース 

2016-9-14妊娠・出産・子育てのコミュニティサイト「ベビカム」が小学館と資本提携、総合育児サイトをオープン
2016-3-3ニチイ学館が中国の清掃サービス・家政サービス会社を買収

料理学校会社のM&A、譲渡関連ページ 

自動車学校のM&A/会社売却

M&Aのメリット

譲渡企業のメリット

後継者問題を解決でき社会的信用を維持したまま安心してリタイアできる
従業員の雇用維持ができる
個人保証や担保を外すことができる
事業の将来不安の解決ができる
創業者利益が得られる

 

買収企業のメリット

規模のメリットを享受できる(原価低減、間接コスト低減など)
新規顧客、新たなノウハウ、優秀な人材などの獲得ができる
成長スピードの飛躍的な向上ができる

 

料理学校の案件情報

料理学校の売却情報  料理学校の買収情報

弊社では、料理学校のM&A情報を多数保有しており、リーズナブルな料金体系で小規模なM&Aから本格的なアドバイスを行っております。

非掲載の売却情報・買収情報も多数ございますので、下記「無料相談お問い合わせ先」までお問い合わせ下さい。

 

無料相談お問い合わせ先

メールにて無料相談 お電話:03-6860-8272 FAXお問い合わせフォーム


過去の料理学校のM&A動向

2017年 料理学校業界

料理学校には、調理学校、製菓学校、栄養学校などの専修学校と、料理教室がある。専修学校は、調理師や栄養士などの資格習得や、就業のための調理技術や様々な知識を学ぶことができる。通学期間は1年間から3年間である。料理教室は、受講者が学びたい内容を自由な期間で学ぶことができる。料理教室は、専修学校や企業だけでなく、個人で自宅の一部やカルチャーセンターを使用し開くことも可能である。可能全国料理学校協会に加盟する料理学校の数は、平成28年9月現在で約350校である。協会に未加盟の学校を含めると、全国で約700校程度と推計される。料理教室の件数は、NTTタウンページ「iタウンページ」によると、平成28年10月現在で1114件である。

2017年 料理学校の業界動向

日本生産性本部「レジャー白書2016」によれば、平成27年の料理の市場規模は410億円で、前年比5.1%増となっている。平成24年で底打ちをし、3年連続増収傾向にあり、平成18年から9年間を見ても最高規模となっている。
これには、共稼ぎ世帯や単身者間で短時間料理が広がっていることや、弁当作りを行う男性の増加が影響している。料理教室が、個人の料理の習得だけでなく、法人向けサービスの展開や、他社との差別化を図る独自のテーマの他、多種多様なテーマの企画など、新しい付加価値を提供し、人気を集めていることも背景にある。
このような環境下で、M&Aによる企業の事業領域の拡大が新たな付加価値を生み出し、今後の料理学校業界に大きなメリットをもたらすことになるとみられる。

●2017年 大手の動向
近年の積極的なM&Aで注目されている企業に、日本最大の料理レシピサービスを提供しているクックパッド株式会社がある。同会社の完全子会社であるクックパッド料理教室株式会社は、企業や地方公共団体向けの料理教室を開催している。仕事から離れて料理をする体験を通じて、効率的なコミュニケーションを図り、チームビルディングに役立てるということを提案しているのだ。これは大手企業を中心に採用されている。クックパッド株式会社は、クックパッドを運営してきたノウハウやM&Aによる事業領域の拡大で、料理学校に新たな付加価値を生み出すことができた。

また、株式会社 ABC Cooking Studioは、料理教室をガラス張りのキッチンスタジオで行っている。通りがかった人に料理教室の様子を見てもらい、新たな顧客開拓を図ったのだ。これは、全国展開につながった要因になったといわれている。また、同会社は2014年に、無線通信サービスを提供する大手企業のM&Aで注目された。リアルな場だけでつながりを持つことが困難になってきた昨今、さらに価値の高いサービスを提供していくことがねらいとみられる。

2017年 料理学校の展望

料理学校事業を継続するために、消費者のニーズに対応し、社会情勢をくみ取る能力が求められている。プロモーション方法の考案・実行と、優れた付加価値の提供は、料理学校業界の今後の大きな課題となる。M&Aは、そういった大きな課題解決の実現に有効な手段であるといえるため、今後加速していくとみられる。


M&Aに関する無料相談受付中(秘密厳守)

03-6860-8272(平日9:30〜18:00)

企業価値算定(無料)

メールでのお問い合わせ

 

プリンタ用画面
前
カプセルホテルのM&A・会社売却
カテゴリートップ
業界別のM&A
次
ゴルフ練習場業界のM&A・会社売却

M&Aに関する無料相談受付中(秘密厳守)

03-6860-8272(平日9:30〜18:00)

メールでのお問い合わせ

株式会社中小企業M&Aサポート

M&Aコンサルタントの視点・論点

小規模から中規模M&Aの話題など、中小企業のM&Aについてお届けします。

Facebook
ツイッター