HOME  > コンテンツ  > 業界別のM&A  > うどん店のM&A・会社売却

うどん店のM&A・会社売却

うどん店を売る・・・

2017.10.14更新うどん店のM&A・会社売却

「自分の会社・店舗ではM&Aによる売却は難しいのでは?」
「実際に買い手が現れるのだろうか?」

などとお考えの方、清算や廃業をお考えになる前に一度弊社にご相談下さい。(相談料無料)
きっとお役に立てるアドバイスができると思います。

2017年 うどん店M&A・売却動向

2017年うどん店M&A業界動向

日本フードサービス業界によれば、平成27年のそば・うどん店の市場規模は推計で前年から5.8%増加し1兆2,373億円となり、平成26年の1.7%と比べ大きく伸びた。市場規模は増加傾向にあり、各店の競争は激化している。激化により今後のM&Aも加速化する可能性が高い。
1世帯あたりの年間支出額を見ても、うどん・そばの支出額は前年比8.1%増と、他の外食産業の伸び率より大きく増加している。
TKC経営指標からは、売上高、経常利益がどちらも増加しており、指標からも増加傾向にあることがうかがえる。しかし、店舗数は減少傾向にあり、各店舗の顧客単価の増加によって市場規模拡大につながっていると考えられる。

2017年うどん店大手のM&A動向

「丸亀製麺」と「はなまる」が海外展開を平成23年から開始し、特に丸亀製麺はアジアを中心に12カ国・地域で147店舗を展開している。
また、「丸亀製麺」の運営企業トリドールはマレージアの新興外食企業をM&Aにより買収し、海外進出を進めている。
このことからも、今後のうどん店業界におけるM&Aは積極的に行われていく可能性が高い。

2017年うどん店業界の現在の課題

うどん業界の本場香川県では、後継者不足から各店舗の閉店が相次いでいる。それに対し香川観光協会等が後援し、「さぬきうどん未来遺産プロジェクト」が平成27年に発足、はなまるも賛同し、支援している。この運動により、うどん業界は今後も守られていくだろうと考えられる。
また、香川県の小規模店舗に対する大手のM&Aによる効果が見込まれる。

2017年うどん店業界の展望

現在セルフ式うどん店の主な出店地域は、オフィス街や郊外など、幅広く展開されている。国内の出店数には限界があり、今後の海岸展開がより加速すると考えられる。
さらに、大手企業による海外展開が広がっており、M&Aが活性化していると見られる。海外での認知度も増加傾向にあり、今後の市場規模拡大が見込まれる。

担当からのコメント
うどん店業界は現在拡大傾向にある業界であり、戦略上、M&Aは非常に有用な手段であると考えられます。
有用な理由の一つに、1店舗あたりの従業員数が10人程度という点が挙げられます。従業員数が多くないので、新規拡大時の教育コストや採用の費用が少なく済みます。このことより、スピード感のある事業拡大が可能となります。
M&Aの対象は主に2つ、後継者不足の店舗、もしくは海外の新興外食産業企業です。後継者不足の店舗の買収により、安定した収益と信頼の獲得が見込まれます。新興外食産業の買収により、海外展開時のノウハウ取得やある程度の知名度の獲得が見込まれ、海外展開が楽になります。
これらのことから、今後のM&Aによる展開戦略は有用であると考えます。

うどん店売却/M&Aにおける当社の仲介実績

■関東飲食店を関東寿司チェーンへ譲渡。会社売却方法は事業譲渡。
■甲信越ミネラルウォーター製造を埼玉飲食業へ譲渡。会社売却方法は事業譲渡。
■関西リサイクルショップを関西飲食業へ譲渡。会社売却方法は事業譲渡。

うどん店関連のM&A/売却ニュース

たこ焼チェーン「築地銀だこ」などの運営会社ホットランドがマレーシアに合弁会社設立
ハンバーガーチェーンのモスフードサービス、子会社ラーメン業態「ちりめん亭」を売却

うどん店関連の売却、買収情報

うどん店関連の売却情報

会社売却情報  2009-10-10東京都、売上高2,500万円
会社売却情報 2016-3-28東京都、神奈川県、年商1億円程度
会社売却情報 2016-1-23東京都内、非公表(純資産7,000万円)
会社売却情報 2015-4-13首都圏、年商1.5億円程度、利益1000万円程度
会社売却情報2009-10-12東京都、売上高3億円

うどん店関連の買収情報

2017-8-23 買収希望業種: 飲食店、買収予算は応相談、希望地域は関東、静岡
2017-6-10 買収希望業種: 飲食店(重飲食、軽飲食、スイーツ)のチェーン店、買収予算は応相談、希望地域は全国
2017-2-25 買収希望業種:化粧品メーカー、飲食店、エステ・整体・鍼灸サロン、買収予算は応相談、希望地域は全国
2016-9-4 買収希望業種: 旅館・ホテル・飲食店、買収予算は応相談、希望地域は九州・西日本
2010-1-28  買収希望業種: 飲食店、買収予算は1,000万円程度、希望地域は首都圏

うどん店のM&A、譲渡関連ページ

出来るだけ早く売りたい会社に必要なこと出来るだけ早く売りたい会社に必要なこと
小売・飲食業のM&Aについて
会社や事業を売却する際の必要条件


M&Aのメリット

譲渡企業のメリット

後継者問題を解決でき社会的信用を維持したまま安心してリタイアできる
従業員の雇用維持ができる
個人保証や担保を外すことができる
事業の将来不安の解決ができる
創業者利益が得られる

 

買収企業のメリット

規模のメリットを享受できる(原価低減、間接コスト低減など)
新規顧客、新たなノウハウ、優秀な人材などの獲得ができる
成長スピードの飛躍的な向上ができる

 

うどん店の案件情報

うどん店の売却情報  うどん店の買収情報

弊社では、うどん店のM&A情報を多数保有しており、リーズナブルな料金体系で小規模なM&Aから本格的なアドバイスを行っております。

非掲載の売却情報・買収情報も多数ございますので、下記「無料相談お問い合わせ先」までお問い合わせ下さい。

無料相談お問い合わせ先

メールにて無料相談 お電話:03-6860-8272 FAXお問い合わせフォーム

M&Aに関する無料相談受付中(秘密厳守)

03-6860-8272(平日9:30〜18:00)

企業価値算定(無料)

メールでのお問い合わせ

 

プリンタ用画面
前
中華料理店のM&A・会社売却
カテゴリートップ
業界別のM&A
次
カレー専門店のM&A・会社売却

M&Aに関する無料相談受付中(秘密厳守)

03-6860-8272(平日9:30〜18:00)

メールでのお問い合わせ

株式会社中小企業M&Aサポート

M&Aコンサルタントの視点・論点

小規模から中規模M&Aの話題など、中小企業のM&Aについてお届けします。

Facebook
ツイッター