HOME  > コンテンツ  > 業界別のM&A  > 住宅建設業のM&A・会社売却

住宅建設業界のM&A・会社売却

住宅建設業を売る・・・

2017.10.18更新住宅建設業のM&A・会社売却の写真


 

「自分の住宅建設業ではM&Aによる売却は難しいのでは?」
「実際に買い手が現れるのだろうか?」
「住宅建設会社売却の相場はどれくらいか?」

「売却の手続きはどのようにすれば良いのか?」

「会社をどのような方法で会社を売却することが最適なのか?」
「実際、売却における税金はいくらかかるのか・・・。」

いざ、自分の会社を売却するとなると、多くの疑問があるかと思います。

清算や廃業をお考えになる前に一度弊社にご相談下さい。(相談料無料)
きっとお役に立てるアドバイスができると思います。

2017年 住宅建設業M&A・売却動向

住宅建設業

住宅建設業は、平成32年以降に世帯数が減少に転じる見通しで住宅市場の縮小は避けられない見通しで、M&Aによる再編が活発に行われている。

2017年 住宅建設業 M&A業界動向

平成27年度住宅大手の売上高は、M&Aにより多角化に成功した大和ハウス工業が前年度比13.6%増と大きな伸びがある以外は、各社の売り上げは、微増や横ばいの状況である。人口減少が深刻である日本において、需要の大きな伸びは期待できない。業界に対するニーズも新築オンリーから中古物件のリフォーム、メンテナンスに広がるなど多様化している。平成28年度の建築工事許可業者数は2.6%減となり、平成27年度に引き続き減少している。競争の激化やニーズの多様化により事業継承のためのM&Aや業界の再編は進んでいくとみられる。

2017年 住宅建設業の課題

国土交通省によると平成27年度の新設住宅着工戸数は、前年比4.6%増であった。低水準の住宅ローン金利、消費増税に伴う駆け込み需要の反動が一巡したことや、相続税改正の節税対策で賃貸住宅の需要が伸びるなど、各社の業績は、おおむね堅調である。
しかし、平成27年10月に発覚した杭打ちデータ偽装事件により、業界への不信感やマンションの買い控えを危惧する声がある。
対策として国交省主導による法改正や施工体制へのチェック強化が求められおり、業界各社には、法改正に伴う施工体制の対応が求められだろう。しかし対応が難しい個人事業主にとっては、M&Aなど大手との経営統合の契機となる可能性がある。
多様化するニーズや法改正に対応する資金力や競争力が求められるなかで販路の拡大や競争力強化のための戦略的なM&Aや海外展開、他業種との連携などが必要となる状況が予想される。

2017年 住宅建設業界の展望

業界を取り巻く状況は、マイナス金利政策により、住宅ローン金利が低水準で推移しているため戸建てなど住宅の着工数は、引き続き堅調であることが見込まれる。一方で、消費増税が平成31年に先送りされ、駆け込み需要による大きな伸びは期待できない。政府の中古住宅市場活性化の取り組みによりベンチャー企業によるインターネット取引が広がるなど業界の新たな動きがみられる。都市部での3階以上の中高層住宅を住宅大手数社が開発、販売強化するなど、限られたニーズを巡る競争も激化している。業界の成長は、M&Aや異業種との連携などを視野にいれる事が必要な状況である。


担当からのコメント

住宅建設業は、マイナス金利政策による低水準な住宅ローン金利などに支えられ各社の業績は堅調です。しかし、国内の人口減少などにより、需要の増加は期待できない状況です。また「杭打ちデータ偽装事件」など消費者心理を冷やす問題が起こると、経営には思わぬ落とし穴になります。各企業の経営においては、現状の安定した売上にあぐらをかくことなく、販路拡大による売上増加や資金面の安定を確保するため必要があるといえます。経営の手段として戦略的なM&Aを視野にいれる必要があるのではないでしょうか。
M&Aによる規模の拡大は、経営の安定化や将来を見据えた事業継承に大きな意味を持ちます。また、従業員の処遇向上にもつながり、採用面でもプラスに働くことでしょう。業界においてM&Aは有効な手段の1つとなり得ます。

M&Aのメリット

譲渡企業のメリット

後継者問題を解決でき社会的信用を維持したまま安心してリタイアできる
従業員の雇用維持ができる
個人保証や担保を外すことができる
事業の将来不安の解決ができる
創業者利益が得られる

 

買収企業のメリット

規模のメリットを享受できる(原価低減、間接コスト低減など)
新規顧客、新たなノウハウ、優秀な人材などの獲得ができる
成長スピードの飛躍的な向上ができる

 

住宅建設業の案件情報

住宅建設業の売却情報  住宅建設業の買収情報

弊社では、住宅建設業のM&A情報を多数保有しており、リーズナブルな料金体系で小規模なM&Aから本格的なアドバイスを行っております。

非掲載の売却情報・買収情報も多数ございますので、下記「無料相談お問い合わせ先」までお問い合わせ下さい。

 

無料相談お問い合わせ先

 メールにて無料相談 お電話:03-6860-8272 FAXお問い合わせフォーム


M&Aに関する無料相談受付中(秘密厳守)

03-6860-8272(平日9:30〜18:00)

企業価値算定(無料)

メールでのお問い合わせ

 

プリンタ用画面
前
管工事業のM&A・会社売却
カテゴリートップ
業界別のM&A
次
リサイクルショップのM&A・会社売却

M&Aに関する無料相談受付中(秘密厳守)

03-6860-8272(平日9:30〜18:00)

メールでのお問い合わせ

株式会社中小企業M&Aサポート

M&Aコンサルタントの視点・論点

小規模から中規模M&Aの話題など、中小企業のM&Aについてお届けします。

Facebook
ツイッター