HOME  > コンテンツ  > 業界別のM&A  > スーパーマーケット業界のM&A・会社売却

スーパーマーケット業界のM&A・会社売却

スーパーマーケットを売る・・・

「自分の会社や店ではM&Aによる売却は難しいのでは?」
「実際に買い手が現れるのだろうか?」


などとお考えの方、清算や廃業をお考えになる前に一度弊社にご相談下さい。(相談料無料)

きっとお役に立てるアドバイスができると思います。

更新日:2019年2月5日

スーパーマーケットのM&A-会社売却


スーパーマーケットのM&A・売却の可能性は?

スーパーマーケットの売却成功の可能性は、総合評価でSランクとなりました。

スーパーマーケットは、スクラップアンドビルドの視点から、新たな出店機会をうかがっている企業が多く、M&Aを行う事により、規模拡大への近道であると同時に人材も同時に手に入れることが可能であることから、買収ニーズは非常に高いのが特徴です。

スーパーマーケットのM&A・売却の可能性、人気度、注目度の弊社データ

 

2018年 スーパーマーケット業界

スーパーマーケット業界とは、衣食住関連商品を幅広く取り扱う総合スーパーから、食品を中心に取り扱う小型食品スーパーまで、スーパーと呼ばれる企業を広く含む業界のことである。近年は市場の伸び悩みを受けて、M&Aによる経営の統合が進んでいる。

一般的にスーパーマーケットではセルフサービスが基本となっており、合理化と大量販売が業界のコンセプトとされてきたが、少子高齢化や市場ニーズの変化により、シニア向けのサービスを充実させたり、カフェやヨガスタジオなと顧客が楽しい時間を過ごすことに焦点を当てたサービス(コト消費)を取り入れる総合スーパーも増えてきている。

2018年 スーパーマーケット業界M&A動向

M&Aによる業界再編が加速する中で、総合スーパーはイオンとセブン&アイホールディングスの二強となっている。

セブン&アイホールディングスの子会社であるイトーヨーカ堂が食品・不動産部門を重視する一方で、イオンはシニア層の取り込みを重視している。シニア向け商品(ステッキ・老眼鏡など)の充実や、巡回バスの運行だけでなく、高齢者向け店舗の設置も検討されている。

また、コンビニエンスストアとの競合により消費者のスーパー離れが続く中、旧ファミリーマートと旧ユニーのM&Aにより誕生したユニーファミリーマートホールディングスは、子会社のユニーにおいて、「コト消費」を重視した総合スーパーの運営に乗り出している。2017年に総合スーパーを改装してオープンした店舗では、自社製品の売り場だけでなく、TSUTAYAやスターバックスも併設している。

これにより、テナント料を受け取れるだけでなく、施設全体の集客率アップが見込まれる。

2018年 スーパーマーケット業界の現在の課題

 大手スーパーでは、コンビニエンスストアとの競合により出店数が伸び悩んでいる。各社とも、新しいサービスを取り入れて既存店の売り上げを伸ばしたり、M&Aによって市場規模を拡大するなどの対策をとっている。

2018年 スーパーマーケット業界の展望

総合スーパーは、幅広い業種との連携が必要となってきている。また他業界の企業にとっても魅力的な市場であるため、今後もM&Aや企業間の連携による業界再編は加速していくものとみられる。


担当からのコメント

昨今のコンビニエンスストアやドラッグストアの台頭により、スーパーマーケット業界は業界再編を迫られています。

市場の縮小に苦戦する地域密着型の食品スーパーにとって、M&Aという選択肢は非常に魅力的なのではないでしょうか。

大手総合スーパーとのM&Aだけでなく、横のつながりを活かした食品スーパー同士のM&Aなど、M&Aを上手に活用することで地域密着型スーパーならではの魅力を生み出せるのではないでしょうか。

また、総合スーパーとコンビニエンスストアの業態変化に伴い、両者のサービス内容に明確な区切りがなくなってきているように感じます。今後は業界を飛び越えたM&Aも視野に入れる必要が出てくるのではないかと思われます。

M&Aのメリット

譲渡企業のメリット

後継者問題を解決でき社会的信用を維持したまま安心してリタイアできる
従業員の雇用維持ができる
個人保証や担保を外すことができる
事業の将来不安の解決ができる
創業者利益が得られる

 

買収企業のメリット

規模のメリットを享受できる(原価低減、間接コスト低減など)
新規顧客、新たなノウハウ、優秀な人材などの獲得ができる
成長スピードの飛躍的な向上ができる

 

スーパーマーケット業界の案件情報

スーパーマーケット業界の売却情報  スーパーマーケット業界の買収情報

弊社では、スーパーマーケット業界のM&A情報を多数保有しており、リーズナブルな料金体系で小規模なM&Aから本格的なアドバイスを行っております。

非掲載の売却情報・買収情報も多数ございますので、下記「無料相談お問い合わせ先」までお問い合わせ下さい。

無料相談お問い合わせ先

メールにて無料相談 お電話:03-6860-8272 FAXお問い合わせフォーム


過去のスーパーマーケットのM&A動向

スーパーマーケット業界

日本チェーンストア協会によれば、平成20年度のスーパーの売上高は約13兆1,700億円と前年対比でマイナス1.7%減少し、特に衣料部門の落ち込みが目立ち、同部門はマイナス9%となっている。平成16年からの5年間で約1兆円以上売上が減少している。

  

スーパーマーケット業界動向

■ 不景気による消費の冷え込みによりスーパー業界は苦戦を強いられている。大手スーパー各社による値下げ合戦が行われ、中堅・中小スーパーも引きずられる形で価格競争が過熱している。

■ 特に低迷が続く衣料品部門では半額セールが行われるなど価格競争に拍車がかかっている状況である。

■ 値下げ競争を支えるローコストオペレーションが不可欠な中で人件費の抑制に加え、セルフレジの導入が目立ち始めている。セルフレジは顧客が自らバーコードをスキャンし会計まで行うものであり、少量を買い求める顧客にとっては買い物時間の短縮につながり顧客満足度の向上に役立ち、店側としては人件費の削減につながることがセルフレジの導入拡大の要因となっている。


M&Aに関する無料相談受付中(秘密厳守)

03-6860-8272(平日9:30〜18:00)

企業価値算定(無料)

メールでのお問い合わせ

 

プリンタ用画面
前
食品スーパー業界のM&A・会社売却
カテゴリートップ
業界別のM&A
次
コールセンター業界のM&A・会社売却

M&Aに関する無料相談受付中(秘密厳守)

03-6860-8272(平日9:30〜18:00)

メールでのお問い合わせ

株式会社中小企業M&Aサポート

M&Aコンサルタントの視点・論点

小規模から中規模M&Aの話題など、中小企業のM&Aについてお届けします。

Facebook
ツイッター