HOME  > コンテンツ  > 業界別のM&A  > エステサロン業界のM&A・会社売却

エステサロン業界のM&A・会社売却

エステサロンを売る・・・

「自分の会社や店舗ではM&Aによる売却は難しいのでは?」
「実際に買い手が現れるのだろうか?」


などとお考えの方、清算や廃業をお考えになる前に一度弊社にご相談下さい。(相談料無料)

きっとお役に立てるアドバイスができると思います。

更新日:2019年2月1日

エステのM&A-会社売却


エステサロンのM&A・売却の成功の可能性は.?

エステサロンの売却の成功の可能性はAランクとなりました。人気度、注目度共に高い事が主な要因です。

ただし、譲受会社側からすると人材の引継ぎが最も重要な要件となりますので、人材の承継がカギとなります。また、差別化されたエステサロンは特に高い人気があります。

エステサロンのM&A・売却の可能性、人気度、注目度の弊社データ

 

2018年 エステティックサロン業界

エステティック業界は、年々低迷しており、お店と顧客とのトラブルも多いと言われている。平成28年度に寄せられた消費生活センターへの相談件数は、約5000件にもおよぶという。

相談に来るのは、20代の方が多く無料体験にいったら高額な契約をさせられた、解約に応じてくれないなどが多く、エステテッィク側も新たな対策が求められている。

今エステ業界で人気を集めているのが、40代女性による脱毛だといわれている。
エステティック業界大手のTBCでは若い女性よりも、金銭的余裕がある40代女性に10万円以上のコースが人気を得ていると言う。その為に40代以上のスタッフの採用を増やすなどして、顧客ニーズに応えようとしている。

2018年 エステティックサロンM&A動向

エステティック業界の特性として、エステサロンは開業にあたって国家資格や規制が何もないために、誰でも自由に開くことが出来る。すなわちM&Aによる開拓が容易であるといえる。

タラソテラピーなどのリラクゼーションサービスを行う複合型エステティックサロンが人気となっている今、M&Aの需要も高まるといえる。

業界団体の日本エステティック業協会によると、平成29年度6月現在の正規会員数は、155社、加盟サロンは、1143となっている。決して多くはない業界であるが、今後M&Aにより美容室やアロマを取り扱う店舗でのエステも増えていくのではないか。

 

2018年 エステティックサロン業界の現在の課題

エステティック市場規模では、平成27年度の市場規模は、前年度比0.2パーセント減であった。

エステティックサロン業界大手企業の売上高をまとめてみると、
ソシエ・ワールドは6.4パーセント減、
シェイプアップハウス(ダンディハウス、ミスパリ)8.1パーセント減
スリムビューティーハウスは7.6パーセント減
ビ・メーク(ヴァンベール)1.4パーセント減
イマージュにおいては12.1パーセント減と大幅に売り上げを落としていることが分かる。

エステティック内容別に見てみた場合、フェイシャルと、脱毛は増加傾向にあり、痩身エステは減少傾向にある。
エステテッィクサロン1回あたりの利用金額で見ても、脱毛の金額で、平成27年上半期で5280円から、平成29年上半期で5800円と、脱毛は利用金額が年々上がってきているがフェイシャル、痩身は減少傾向にある。

この状況を改善するためにもM&Aによる取り組みにより、顧客ニーズを洗い出ししっかり取り入れた改革が必要である。またこれまでになかった新しいスタイルでのエステもM&Aで実現可能となるであろう。


担当からのコメント

エスティック業界は、年々売り上げが減少傾向にあり、大手がM&Aによる買収や業提携を結ぶことで現状を打破できるのではないかと思います。

M&Aの介入により今までになかったサービスの向上と、低価格化を図ることで回復が見込まれるでしょう。
世の女性達が、綺麗になりたい、痩せたいなど、昔に比べて美意識の高い人が多くなっている今、まだまだ需要はあると思います。

女性はいくつになっても、綺麗でいたいと思うのは世の常であり、この高齢化社会の日本では、高齢者向けのエステなど飛躍する分野も可能性としてはあるのではないでしょうか。

M&Aのメリット

譲渡企業のメリット

後継者問題を解決でき社会的信用を維持したまま安心してリタイアできる
従業員の雇用維持ができる
個人保証や担保を外すことができる
事業の将来不安の解決ができる
創業者利益が得られる

 

買収企業のメリット

規模のメリットを享受できる(原価低減、間接コスト低減など)
新規顧客、新たなノウハウ、優秀な人材などの獲得ができる
成長スピードの飛躍的な向上ができる

 

エステサロン業界の案件情報

エステサロン業界の売却情報  エステサロン業界の買収情報

弊社では、エステサロン業界のM&A情報を多数保有しており、リーズナブルな料金体系で小規模なM&Aから本格的なアドバイスを行っております。

非掲載の売却情報・買収情報も多数ございますので、下記「無料相談お問い合わせ先」までお問い合わせ下さい。 

無料相談お問い合わせ先

メールにて無料相談 お電話:03-6860-8272 FAXお問い合わせフォーム


過去のエステサロンの動向

2015年 エステサロン業界

エステサロンには、大きく分けて美容室や化粧品販売店舗の併設サロンと、エステ専門サロンとがある。併設サロンは比較的小規模で、1回毎に料金を支払うケースが多いが、専門サロンは複数回施術を受けられるコースを作り、料金を一括で支払うケースが多い。
また、エステサロンは主に流行に敏感な女性が多い大都市部に立地している事が多いが、エステの施術を行うエステティシャンに対し、国家資格や特別な規制がないのが現状である。
  

2015年 エステサロン業界動向

■ 日経流通新聞の調べによると、エステサロンは全国に1万店以上あると言われているが、平成20年のエステサロンの売上高は前年対比9.4%減少している。

■ エステサロン業界では、男性向けのエステ市場が急激に拡大している。これは、見た目にこだわる男性が増えたことや、肥満対策をしたい中高年層男性が増えたことが原因とみられる。デルタアイディ総合研究所の調べによると、男性エステ市場は平成15年では約271億円だったのに対し、平成20年度には約430億円と、5年間で1.5倍に急成長しており、平成15年から平成20年まで年々右肩上がりに成長している。

■ 男性向けエステ市場が急成長を遂げる中、男性向けエステに関するトラブルが急増している。国民生活センターの調べによると、男性向けのエステに対する苦情や相談件数が年々増加している。

■ 国家資格や特段の規制がないエステティシャンに関して、優良エステ認証制度を創設する動きが出てきた。これは、NPO法人の日本エステティック機構が平成21年初頭から開始したもので、優良店の認定を受けるには店舗での施術状況やサービスの技術、契約手続きにいたるまで、様々な点がチェックされる。これにより、悪質業者を撲滅し、契約やエステに関するトラブルをなくし、消費者の信頼回復をしていきたい考えだ。

M&Aに関する無料相談受付中(秘密厳守)

03-6860-8272(平日9:30〜18:00)

企業価値算定(無料)

メールでのお問い合わせ

 

プリンタ用画面
前
出版業界のM&A・会社売却
カテゴリートップ
業界別のM&A
次
保育園業界のM&A・会社売却

M&Aに関する無料相談受付中(秘密厳守)

03-6860-8272(平日9:30〜18:00)

メールでのお問い合わせ

株式会社中小企業M&Aサポート

M&Aコンサルタントの視点・論点

小規模から中規模M&Aの話題など、中小企業のM&Aについてお届けします。

Facebook
ツイッター