会社・事業・店舗を売却する際に必要となる書類について

会社・事業・店舗を売却する際に必要となる書類について
 
会社・事業・店舗の売却を行う際に必要となる資料をご紹介いたします。この必要書類は買い手企業がM&Aを検討するのに必要となる資料です。
 
どんなに良い会社・事業・店舗であっても、買い手企業にアピールできなければ意味がありません。
 
必要資料の一覧は以下のようになります。
 
【M&Aで会社を譲渡するのに必要資料】

自社アピール
1. 自社のアピールできる資料や材料(雑誌掲載やコンクール賞状など)
2. 事業計画書(今後3ヵ年程度の売上・利益の見通し)
基礎資料
1. 商業登記簿謄本(履歴事項全部証明書)
2. 定款
3. 株主名簿
4. 会社案内
財務資料
1. 決算書関係一式(税務申告書、決算書、勘定科目内訳書(直近3期分) )
2. 月次試算表(事業ごと)
人事資料
1. 組織図
2. 役員・部門長の経歴書
3. 従業員名簿
4. 就業規則、退職金規定など各種規定
契約関連
1. 取引先との契約書
2. 賃貸借契約書
3. リース契約書一覧
4. 保険契約書一覧
5. 許認可などの写し
6. その他経営にかかわる重要な契約書

 

まずはお気軽に無料相談をご利用ください

  • プロに依頼して人材派遣業許可をスムーズに取得したい方
  • 人材派遣業・業務請負業・有料職業紹介事業についてアドバイスを受けたい方
  • 開業後の労務管理やビジネスモデル構築について相談したい方

相談申込み:0120-073-608(平日10:00~19:00)

メールでの相談申込み(24時間受付)

  • 相談時間はたっぷり1時間
  • 事前予約で時間外・土日・祝日も対応
  • 内容によって出張無料相談も可能
2019年11月
« 1月  
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

M&Aに関する無料相談受付中(秘密厳守)

03-6860-8272(平日9:30~18:00)

メールでのお問い合わせ

株式会社中小企業M&Aサポート

M&Aコンサルタントの視点・論点

小規模から中規模M&Aの話題など、中小企業のM&Aについてお届けします。

Facebook
ツイッター