買い手企業は売り手企業のどこを見てくるのか?

買い手企業は売り手企業のどこを見てくるのか?

今日は、買収企業は譲渡企業のどこを見てくるのか?について触れたいと思います。

会社や事業・店舗の買収を検討している企業は、「成長スピードの時間を買う」、「ノウハウを買う」、「人材を買う」といった目的があります。

結論を言えば、売り手企業の持っている経営資源が買い手企業の求めるものと合致するかどうかが最大のカギとなり、財務的には買収後も安定収益が見込めて将来性がある会社となります。

ただし、財務内容がよければそれだけで良いかと言えば必ずしもそうとも言い切れない部分があります。

特に重要なのがトップの考え方です。お互いの事業や商売、物の考え方に大きくズレがあると交渉が進むにつれてギクシャクしてきたりすることもありますので、注意が必要です。

【買い手が見てくる売り手のポイント】
1. トップの経営に対する考え方
2. 情報開示などの信頼性や正確性
3. 財務内容、収益状況
4. 買収後の自社の経営との相乗効果
5. 将来性があるかどうか?

などが挙げられます。

まずはお気軽に無料相談をご利用ください

  • プロに依頼して人材派遣業許可をスムーズに取得したい方
  • 人材派遣業・業務請負業・有料職業紹介事業についてアドバイスを受けたい方
  • 開業後の労務管理やビジネスモデル構築について相談したい方

相談申込み:0120-073-608(平日10:00~19:00)

メールでの相談申込み(24時間受付)

  • 相談時間はたっぷり1時間
  • 事前予約で時間外・土日・祝日も対応
  • 内容によって出張無料相談も可能
2019年11月
« 1月  
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

M&Aに関する無料相談受付中(秘密厳守)

03-6860-8272(平日9:30~18:00)

メールでのお問い合わせ

株式会社中小企業M&Aサポート

M&Aコンサルタントの視点・論点

小規模から中規模M&Aの話題など、中小企業のM&Aについてお届けします。

Facebook
ツイッター