HOME  > 中小企業M&Aサポートの代表日記  > M&A  > 会社や事業・店舗を買収した経営陣の心構え
カテゴリ

中小企業M&Aサポートの代表日記 - 会社や事業・店舗を買収した経営陣の心構え

会社や事業・店舗を買収した経営陣の心構え

カテゴリ : 
M&A
執筆 : 
2009-12-9 23:18

会社や事業・店舗を買収した経営陣の心構え

今日は、会社や事業・店舗を買収した経営陣がどういった心構えで従業員に接するべきかについて触れさせていただきます。

譲渡企業の従業員からすれば、自分の会社が売却されて今後どういった方針に変わるのか?どういう経営者がどういう考え方で経営するのか?など非常に不安な気持ちになっています。

例えば、譲渡後に一定の改革を迫られている企業であっても最初の挨拶でいきなり大改革をする方針を打ち立てるのは避けるべきと思います。改革が必要ならば、全体での挨拶ではなく、個別に事情をよく話した中で少しずつ理解をしてもらうべきと思います。

買収企業からすれば、一刻も早く業務改善などを実施したいと考えるのは当然と思いますが、じっくり時期をみて行動されることをお勧めいたします。

買い手企業の経営陣の心構えは、
1. 売却企業の文化や考え方を尊重している旨をしっかりと伝える。
2. 創業者に対するリスペクトと一定の配慮。
3. 会社や従業員の将来をどう考えてどのように実現していくかのストーリーを伝える。
4. 従業員の処遇などの改定が必要な場合は時期をみて対処していく。

などが挙げられます。

  • 閲覧 (2990)
« « 2019 1月 » »
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2

M&Aに関する無料相談受付中(秘密厳守)

03-6860-8272(平日9:30〜18:00)

メールでのお問い合わせ

株式会社中小企業M&Aサポート

M&Aコンサルタントの視点・論点

小規模から中規模M&Aの話題など、中小企業のM&Aについてお届けします。

Facebook
ツイッター