HOME  > 中小企業M&Aサポートの代表日記  > M&A  > 個人病院のM&Aは法人成りが有利
カテゴリ

中小企業M&Aサポートの代表日記 - 個人病院のM&Aは法人成りが有利

個人病院のM&Aは法人成りが有利

カテゴリ : 
M&A
執筆 : 
2009-12-24 18:00

個人病院のM&Aは法人成りが有利

個人で病院や診療所を経営している方がM&Aによる譲渡を考えたとき、医療法人化して売却することをお勧めしております。(勿論、ケースにもよります。)

理由は、
1. 買い手による新たな病院開設許可の手続きが必要になる。
2. 従業員の退職手続きと新規雇用の手続きが必要になる。
3. 取引先との契約を再度行う必要がある。
4. 売り手経営者が税金面の優遇を得られる。
(所得税軽減、退職金支給が可能、損金算入額の増額など)

※病院開設許可は、病床過剰地域の場合は難しい場合もあり、事前確認が必要となります。

最大のメリットは法人成りすることで、退職金を支給できるので税金面で有利になります。

 

  • 閲覧 (5345)
« « 2019 1月 » »
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2

M&Aに関する無料相談受付中(秘密厳守)

03-6860-8272(平日9:30〜18:00)

メールでのお問い合わせ

株式会社中小企業M&Aサポート

M&Aコンサルタントの視点・論点

小規模から中規模M&Aの話題など、中小企業のM&Aについてお届けします。

Facebook
ツイッター